topimage

2012-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「機能(=文明)」と「メッセージ(=文化)」 - 2012.02.28 Tue

120204_jagabambino.jpg
This pic is at my best favorite cafe called "Bambino," where my son is relaxing body and soul reading his favorite magazine.
>> cafe Bambino
写真は、Canon EOS X50で撮影。
私がお手本にしたいと思っているカフェの1つ、宗像市にあるcafe bambinoで寛いでいるジャガ丸の図。

今日はcross fm主催の『北九州の旨い店開業講座』の第3回目。
私は先週の第2回目からなので、参加2日目です。
>> 講座の詳細・パンフはこちら

先週は実は風邪で熱があったので、ちょっと異常なハイテンションだったのか(?)、志同じくする仲間たちや先輩オーナーに出会えた嬉しさで興奮一色!という感じだったのですが、今日は少し落ち着いて参加できました。もう、相も変わらず興味深い面白い濃ゆい内容で、勉強になること気付かせてもらうことがギュっと凝縮された4時間でした。

今日は、ランチタイムや講座終了後など、受講生同士での会話が楽しかったなーというのが素直な感想。毎回恒例で、最初に受講生全員が将来の店の屋号とキャッチコピー、名前などを自己紹介するのですが、前回本当に屋号を名前だけしか言えなかったのを反省して、店の概要についても少しだけ触れつつ挨拶をしてみました。そしたら、聞いてくださってる皆さんの目が一瞬「キラっ」っとしたのを感じました。やっぱり、自分が何をしようとしてるのか、どんな人間なのかを少しでもお話すると、人は興味を持ってくれるのかな、なんて感じました。

午後の部では毎回先輩オーナーの体験談を聞くことができるのですが、今日の講師は小倉北区で『ごはんばー 風(ふう)』というお店をされている相内環さん。50代に入ってから脱サラして、地元である東京を離れて北九州に移住されて来られたとのこと!北九州の、30分も車で走れば農作物の生産者に実際に会ったり大自然に触れられること、野菜と肉・魚がとても味がしっかりして美味しいことが魅力だと語ってくれました。相内さんは、自分のおもてなしをキチンと届けるには、10席くらいの規模が精一杯だということで、小規模でおもてなし・素材重視の経営方針。私も、自分の気持ちがきちんと届く範囲としては、10席がギリギリだなぁという考え。ちょうど相内さんのお話の後で「どういう感想を持たれましたか?」とナビゲーターさんに振られたので、私も同じように小規模なカフェ形態を考えていることと、自分の考え方はこれで良いのだなーと安心できました、というような事を感想としてお話しました。

先週も書きましたが、不思議ですよねーー。
私って、知らない人と話したり、人の前で喋ったりするのがすごーく苦手な、大の人見知り屋なんです。それが、この講座ではすごく自然体でいられるし、誰とでも自然に話すことができるし、大勢の前で突然発言を求められても素のままで話すことができる。同じ魂を持つ人たちの中では、本当の自分でいられるんですね。ライヴの時なんて、MCの時間が本当にツラくて、ステージで歌ってる時は自然でいられるのに、いざ喋るとなると頭が真っ白でシドロモドロ。。。 この講座では、新しい自分を発見できたような気分です。

講座の中で、cross fmのプロデューサー・富田剛史さんが「マスメディアに取り上げてもらうためのアピール力」についてお話をされました。その中で印象的だったのが、『機能』と『メッセージ』について。『機能』を満たすものは『未メディア(=文明=役に立つもの)』であり、『メッセージ(個性を発信するもの』とを満たすものは『メディア(=文化=役に立たないもの)』である。

コーラス歌手は良い演奏のための機能を満たす。
スター歌手は決して歌は上手くなくとも(機能的ではなくとも)人を惹きつけるメッセージを持っている。

飲食店はお腹がすいた人の食欲を満たす。
飲食店の個性派マスターは、料理はそんなに美味しくないかも知れないけど人を呼び寄せるアピール力がある。

前回講師として来られたフランス料理店『エタンセール 川本』は、最高のフレンチとおもてなしを提供する機能を満たす。
初回に講師として来られた雪文(アイスクリーム店)のオーナーは、人間としての個性でお客さんの心を掴んでいる。


というような感じで例えを挙げていらっしゃいました。

この講座に参加している方々は、本当にみなさん個性的で、それぞれに魅力あるストーリーを持っていて、この個性派と言われ続けて○○年の私が「私って個性が薄いかも……」と落ち込んでしまうほど。そんな感想を家に帰ってから相方にしてみて、気付いたのは、やっぱり私はどちらかと言えば個性で売るタイプではなく、機能で売るタイプなのかなーという事。もちろん個性もあるんです。でも、私と相方が目指しているものは、ターゲットとするお客様の欲求を満たすような機能を高めて磨いて突き詰めてゆくことなんです。そうして機能を極めていく先に、自ずと個性が輪郭を持って現れて来るんじゃないかな、と考えています。

このことを、人生のパートナーであり仕事のパートナーでもある相方と一緒に確認できたのが、今日の一番の収穫でした。

さあ、来週は待ちに待ったバックヤードツアーです!開業講座最終回…というのは少し寂しいですが、お店の舞台裏を実際に見て回れるという他には無い企画!体調を万全にして臨みたいです!!そして、徐々にお近づきになりつつある受講仲間たちとの名刺交換や情報交換などなど、本当に楽しみです。


>> chie.の箱庭 home
>> 記念写真家 光永紀仁

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

--- --- --- --- ---
Last Sunday I attended the lecture on starting food business, sponsored by the local FM radio station "cross fm." It was the second time to join there for me, and it was the third lecture of the series.

The last time, actually I had a temperature a little bit. That was why I was so very excited and too emotional :-D This time I was quite cool, not too excited. The lecture was really interesting and full of hints and tips for people, like me, aiming at starting their own business in the near future. I learned a lot. And this time, probably because I was quite cool, I enjoyed talking with fellows more than I did the last time. It was great. It was really unusual for me, because I'm not good at talking with someone I see the first time. I tend to be too shy and can't talk what I want to talk, I can't get point when I'm talking to someone I see the first time. Why I can enjoy talking to many people whom I do not know very well is, I guess, we are fellows. We have common purposes, dreams, and passion.

During the lecture, Mr. Tomita, a producer of cross fm gave a short speech. This speech was very impressive to me. It was about "Function and Message."

He claimed that the shop (restaurant, cafe, or anything) should have its strong messages (in other word, the shop should be unique), instead of having functions.

Example 1: A chorus singer is functional for making good music. A star singer has his/her unique personality and message, which fascinate many people (even if he/she is not very good at singing).

Example 2: A restaurant satisfies people's apatite. A unique owner of restaurant has an appeal for many people (even if he/she is not good at cooking).



What Mr. Tomita wanted to say is "Be unique. Be different".

I, myself have been said "You are very unique and different" for the past years of my life. But among the people attending this lecture, they look very unique and attractive, I feel like I am nothing...feel like I am regular woman.

When I got home from the lecture, I talked about how I felt to my husband. We discussed what is our concept and what is important for us. And I realized that it is OK that I am regular woman, he is regular man, we start a photography studio and cafe in the near future that is not really unique but natural and regular. All we should do is just do what we want to do, and stay as we are. That leads to somewhat unique and different. That's alright!!

This time I could get this nice consequence between my husband and I. I'm very happy to have reach this answer. I believe this is what leads to our future HAPPY WORLD.


*My website >> Chie's HACONIWA
*My husband's website >> Norihito Mitsunaga Photography
スポンサーサイト

Fun and interesting!! The lectures on starting food business sponsored by cross FM - 2012.02.21 Tue

20120219kouza.jpg
*This photo is taken with iPhone4, edited with camera+ and Instagram.

I attended the lecture on starting food business last weekend. The lecture is held weekly on Sundays, starting on the 12th of Feb. and ending on the 4th of March, sponsored by a local FM radio station cross FM. Mr. Tohya, an owner of cafe causa and CEO of Unite Visions Corp. is the main lecturer, inviting weekly guest lecturers from local food businesses, such as French Restaurant, Ice-cream Shop, Pubs, and so on. The picture is the one I took at the lecture on Feb. 19th at Kokura Colette (a local department store, where there's one of cross FM radio studios).

In fact I and Mr. Tohya have been known each other quite long time on Twitter, and we also have several common friends or acquaintances. I've been wishing someday we could meet... and that's it!! Till that day we only have contact on the internet such as Twitter or Facebook but at last it becomes real. He looked natural and warm-hearted person and at the same time he looked confident and having stalwart heart.

This day we all students sat down under the paper flag on which a future shop name is written. That's totally made a mood of "I'm making the first step towards my dream!" Until I kind of decide my future shop name "siesta" I looked up Esperanto or Latin dictionaries again and again searching for some nice word representing my shop concepts. Because I might go way off the concept and decide out focused name, I asked my husband advises sometimes. I think this name "siesta" is not bad, quite nice, but I'm not sure this is gonna be the one.

Siesta means a long break in the afternoon, usually in Spain. I've heard that Spanish people usually take 3 or 4 hours for their lunch break everyday!! They have lunch very slow, and sometime they take a nap. That is one of my shop concepts. I'd like to serve healthy foods, warm hospitality from core of my heart, as well as a space where people can relax heart and soul.

The lecture consists of 2 parts: in the morning we learn about business plans, and in the afternoon we listen to and talk with the owner of a local restaurant or a coffee shop, this time the chef owner of a French Restaurant called Etincelle Kawamoto was the lecturer. For everyone aiming at starting business, money is the biggest interest. I learned a lot listening to his speech.

My impression what is the most important thing is:
Are YOU really READY and DETERMINED or not??

The series of the lecture continues next week and the week after. I'm really excited attending this lecture with all fun and enthusiastic fellows.



*My website >> Chie's HACONIWA
*My husband's website >> Norihito Mitsunaga Photography

cross FM主催の飲食店開業講座!楽し! - 2012.02.21 Tue

201202_19_kouza.jpg
*写真はiPhone 4で撮影、camera+ とinstagramで編集。

写真は、先日2/19(日)にコレット小倉10Fで行われた、crossFM主催の『北九魂 北九州特産品の旨い店開業講座』にて。この講座は2/5(日)にプレ講座が、2/12、2/19、2/26、3/4の4回で本講座が行われることになっていて、小倉の
cafe causa
のオーナーであり、株式会社ユナイトヴィジョンズ代表の遠矢弘毅さんがメイン講師を務められています。
>> 講座の詳細・パンフはこちら


実は遠矢さんとは結構前からツイッターで繋がりがあり、共通の知人もチラホラいたり共通点があるということで、ずっとお会いする機会がないものかと思っていたのですが、こんな所でチャンスが巡って参りました。ツイッターとFacebookというネット世界でしか接点がなかったのですが、想像したとおりのナチュラルで温かい方で、それでも芯にしっかりをヴィジョンをお持ちの方だなぁ、という印象を受けました。

この日は「自分のお店の屋号とキャッチフレーズを考えよ!」という宿題が事前に出されており、予め提出した宿題に基づいて、各参加者座席の上に屋号と名前が掲げられていて。。。いやがおうにも夢への第一歩を実感してしまいました。屋号は、もう、すごーーーく悩んで、エスペラント語やラテン語の辞書をひいてみたり、頭に浮かぶイメージを言葉にしてメモ帳に書き出してみたり。私一人で考えるととんでもなく勘違いな的外れな名前になる危険性があるので、相方にも相談したりしながら。それでも決まらなくて、今のところは…ということで『siesta』になりました。

シエスタ。お昼寝という意味が一般的に知られているようですが、昼寝をしてもしなくても、長い昼休みのことを指すようです。ご存知、スペインの生活文化ですね。今のところ、私が考えているカフェでは、体に優しく美味しいお菓子・お料理はもちろんのこと、ゆったりと心も体もリラックスして長居しちゃうようなくつろぎの空間とおもてなしを提供しようと考えています。そのコンセプトを象徴する名前、siesta。なかなか良いかな?と思うけど、まだまだ時間をかけて考えてゆきたいです。

他にこの日は、事前に宿題として出されていた事業計画書に基づいて、主に資金計画や実際の物件探しなどについて詳しくお話を聞きました。やっぱり私達開業を目指す者にとって、お金は一番きになるところ。週替わりの講師で来られていた、フレンチレストラン『エタンセール カワモト』の川本さんも仰っていましたが、やはり、この業界でやっていくぞー!という「覚悟」が一番大切なのだなぁ、と強く感じました。


来週と再来週と、まだまだ講座は続きます。いつもは人見知り屋さんな私ですが、この講座では本当に楽しくて、一緒に学ぶ仲間達とも自然に話すことができて、次回がとても楽しみです。まだまだ沢山のことを学んで吸収してゆきたいと思います!


>> chie.の箱庭 homepage
>> 相方のブログ『焦点距離50ミリメートルの日々』

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

--- --- --- --- ---

Whitney Houston memorial blog - 2012.02.19 Sun

I meant to write this blog a couple of days ago...and today at last I'm updating.

When I heard the news saying Whitney'd passed away, I was shocked.
I haven't listen her songs these years, but when I was a high school student I used to listen to her songs and sang along. The first time I saw Whitney and heard her singing was PV of a song called "I Wanna Dance With Somebody." This song won the Grammy Award in 1988. I was really amazed with this song, I sang and sang everyday until I was able to sing by heart.

This is the song, I Wanna Dance With Somedoby, at the show of Grammy Awords 1988:


The day after Whitney's death when I and my husband were watching her video on youtube, we learned that Michael Jacson was also on the Grammy Awords show. My husband is kind of big fan of Michael Jacson, and I like him and his performans, so does my son!

Here's Michaels song called "Man In The Mirror"



I happened to find this website talking about Whitney's hit songs, its written in Japanese, though:
>> Whitney's Hit Songs


I love Whitney's "Didn't We Almost Have It All" and when I was high school student I practiced this song because singing in English at that time was really hard and difficult for me. Singing Whitney's songs
is almost the foundation of my English pronunciation.

R. I. P., Whitney.


*My website >> Chie's HACONIWA
*My husband's website >> Norihito Mitsunaga Photography

Sachertorte ~Sweet Valentine's Day~ - 2012.02.14 Tue

valentinesday2012.jpg
This picture was taken with iPhone 4.

Today is the Valentine's day!!
In Japan the Valentine's day is different: a girl express her love to someone she loves. Its not boy to girl, but girl to boy. It's funny, isn't it?? How lucky Japanese shy boys are!!

For my sweet husband I made Sachertorte, a German chocolate cake, for the first time. Chocolate is difficult to process so the Valentine's day is kind of hard day for me. But this year!! I've made it really well. I made 18cm big whole cake and that's too much for my hudband alone, so I ate the cake. That was sooooo delicious! I'm amazed.


*My website >> Chie's HACONIWA
*My husband's website >> Norihito Mitsunaga Photography

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。NMphotography.+nicola cafeを夫と経営。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (162)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Latest post

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly archives

Comments

Search

RSS links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。