topimage

2012-08

食品の裏側~みんな大好きな食品添加物~ - 2012.08.15 Wed

20120815.jpg

こんにちは。Atelier choconëkoの店主・ちえです。
来春オープンするカフェで皆さんに召し上がっていただくお菓子や軽食などは、なるべく添加物などの
体に不必要なものを使わないで、毎日少しずつ手作りするつもりです。
毎日みなさんがご家庭で食べているお母さんの手作りお料理などと、同じ考え方です。

私は小さい頃から出来合いの惣菜とかレトルト食品が苦手でした。みんなが好きな大手菓子メーカーの
ケーキも何となくクスリの味がして食べれなかったり。好き嫌いをする子みたいで、なんか罪悪感も
あったのですが、大人になってから、それは添加物の味に敏感だったからなのだと分かりました。
買ってきたケーキは苦手でも、お母さんが作るケーキや友達の家でご馳走になる手作りケーキは
すごく美味しく食べることができたのですから。

さてさて、そんな感じなので、我が家ではなるべく添加物を使わない、体に優しい食事を…と
気を配ってはいるのですが、今までは自分の感覚に頼って食品を選んでるトコロがありました。
添加物って、どういうモノなんだろう?どの添加物がどれくらい体に悪いんだろう?
カフェを開いて、お客様が直接口に入れるものを提供するようになる以上、もう少し
食品添加物のことを知っておいた方が良いんじゃないかと思って、何冊か本を取寄せてみました。

その中の1冊が、安部司さんの著書『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物』です。
■本の詳細はこちら→  (Click!)

この著者さん、元々は食品添加物商社のトップセールスマンだったそうです。食品添加物こそが
新しい食文化を切り開くと信じて営業を続けていた著者さんは、レトルト食品の開発にも携わるように
なり、その中でもヒット商品となったのがミートボール。レトルトパウチになっていて、
レンジでチンするだけで食べられる、子供はみんな大好きミートボール。
これが開発されるキッカケは、食品加工業者さんが大量に仕入れた、産業廃棄物になる寸前の
クズ肉だったんだそう。。。このクズ肉は現在ではペットフードに使われているそうなのですが
著者さん曰く「牛の骨から削り取った、肉とも言えない部分。ミンチにもならない、ドロドロの
水っぽい、とても食べるシロモノではない」というクズ肉。これを、大量の食品添加物によって
「食べ物らしきもの」に蘇らせたのが、あのミートボールなんだそうです。

レトルトのハンバーグなんかだと、ケチャップやソースの味がするソースが絡めてありますが
アレって何だかクスリっぽい味がしますよね?(と感じるのは私だけ??)それもそのはず、
本物のケチャップやソースを使うと採算が合わないので、添加物を駆使して「それらしいもの」を
作り上げるんだそうです。

※全てのレトルト食品がそのように作られているワケではなく、一部のとても安価なレトルト食品が
この例に当たるのだと思います。念のため、書き添えます。

印象的だったのは、このミートボールが著者さんの家庭の食卓に並んだときのエピソード。
著者さんは、お皿からミートボールを取り口に入れた瞬間、これは自分が開発したものだ!と
気付いたそうです。そして、奥さんやお子さんたちがこのミートボールを食べるのを
必死になって阻止したんだそうです。
とにかく、自分の家族にはこんなモノを食べてほしくない……と。

その後、著者さんは会社を辞められ、添加物なしで作るのが最も困難だと言われる明太子を
無添加で製造することを始められたんだそうです。著者さんにこのような大きな転機があって
本当に良かった。おかげで著者さんは食品の裏側をこうして本にして出版してくれて
私はそれを読んで知識を入れることができる。

今時は、全く食品添加物を使わないで生活するなんて、電気を全く使わないで生活するのと
同じくらい、とても難しくて非現実的とも言えると思います。だから、私も完全無添加までは
望みませんが、せめて、自分たちが何を口に入れているのかを把握しなければいけないな、と
思います。かなり遅かったですが、これを読んで知るキッカケになってよかったです。

心と体に優しいカフェを目指すAtelier choconëkoの店主として、もっともっと勉強を続けて
知識を入れていきたいと思います。

『菓子工房 響』のケーキ - 2012.08.14 Tue


iPhone 4S ゲット! - 2012.08.13 Mon

20120813.jpg

こんにちは。Atelier choconëkoの店主・ちえです。
写真は今日の日記とは無関係ですが、久しぶりにCanon EOS X50で撮影したもの。
最近はもっぱらiPhone写真ばかり撮ってるので、すっかり一眼レフの写真が下手くそに
なってしまい、余計に一眼レフを持ち歩くモチベーションが下がっているこの頃。。。

さて、日付が変わってしまいましたが、今日、相方と2人揃ってiPhone 4SをGETしてしまいました!
秋にはiPhone 5が発売されると言われてるのに、何でこの時期に?って思われるかもですが
たまたま家の近くにauショップが移転OPENしてて、たまたまOPEN初日に店の前を通りまして、
たまたまお祭りムードな雰囲気に、お祭り好きの息子が「おまつり~~!!」っと
吸い込まれて行きまして。

話を聞くだけなら…と思っていた私達ですが、OPEN3日間限定のキャンペーンの特典が
すごく良かったこと、その他もろもろ好条件が重なりまして、auに返り咲きました♪

以前のようにガラケーだと、キャリアを乗り換えてしまうと設定が白紙になってしまい
すごく面倒だったのだけど、iPhoneはバックアップをサクっと復元するだけ。
この辺り、便利ですよね。ezwebメールだけは多少の設定が必要だけど、簡単なもの。

iPhone 4Sといえば、siri。
さっそく、「今日の予定を教えて」とマイクに向かって話しかけますと、カレンダーに登録していた
スケジュールが画面に現れると同時に、音声で案内をしてくれる!
すごい時代になりましたねー。

自閉っ子の夏休み☆ - 2012.08.07 Tue

120807_homework.jpg

相変わらず写真はiPhone4で撮影。。。一眼レフも持ち歩いてるというのに、Raw現像が面倒で、すっかりiPhoneフォトグラファーなこの頃ですw

さて、我が家のマイケル・ジャクソンこと、はやと7歳。知的障害を伴う自閉っ子(自閉症児)。特別支援学校の小学部2年生の夏休みライフは、普通小学校のような夏休みの宿題(って、今もあるのかな?)とはちょっと違って、1人1人の発達ペースや性質などに合わせた宿題が出されます。普段の授業もほとんどマンツーマンのような感じなので、宿題もそんな感じでオーダーメイドのようになるんですね。

去年は、あいうえお50音のひらがなが表になっているボードに、「あ」「い」「う」など1文字ずつのチップを置いてマッチングさせていく宿題だったのですが、一年間経って少しずつ文字を書くということを覚え始めている今年は、ひらがなと数字の文字なぞりです。

たったプリント2枚で簡単なように見えますが、なかなか難しい時もあります。特に自閉っ子はじっと座って作業するのが苦手な子が多いので、宿題を始めさせるタイミングにもひと工夫したり、なかなか気を遣います。私の場合、息子が何かで遊んでいて何となく一区切りついたかな?というタイミングで「今から宿題しようか?」と声を掛けるようにしています。
たまに、声を掛けても無視されることがあるんですが、これは実は無視してるワケじゃなくて、こちらの呼びかけは聞こえてるし認知してるんだけど、自分が今やってる事の区切りが付いていないから、すぐに反応できずにいるんです。これも、自閉っ子の特徴なんでしょうね。定型発達の子なら「ちょっと待って」とか言えるのでしょうけど、息子の場合は言葉がほぼ喋れないし、質問に答えたり相手に要求したりという言動はとても難しい事のようで、追いつかないみたいです。

何はさておき、毎日プリント2枚の書き取り宿題、なかなか順調に進んでいます。息子は言葉でのコミュニケーションが一番苦手なので、私としては小学校卒業までに平仮名の読み書きが出来るようになれば上出来かな?と思っていました。それが、小学校2年の段階でここまで出来るようになったので、もう万々歳です。自閉っ子に何かを教えたり身に着けさせたりするのって、親にとっても未知な手探り状態なので、学校の先生方は本当にすごいなぁ・・・と感心するばかりです。まぁ、一般のお子さんの場合でも、親の言うこをは聞かなくても学校の先生の言うことは聞く…みたいなトコロありますから、一緒なのかもですけどね!

周りの同年代の子たちがひらがなを覚え始める幼児年齢の頃、息子が一向に文字を認識しないことに焦ったりしたけど、その子その子に合った学習時期っていうのがあるんですよね。ウチの息子や特別支援学校での学習の様子を見ていて、本当にそれを実感しています。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

久しぶりのデート♪ - 2012.08.03 Fri

20120803-ocean.jpg
八幡屋のレストランからの眺め

こんばんは。Atelier choconëkoの店主・ちえです。
今日はひっさしぶりの相方とのデート!前々から気になっていたお店があったので、行って見ることに。。。
というか、私が強引にハンドルを握って車を走らせました(笑)。

遠賀郡岡垣町にある『ぶどうの樹』は皆さんご存知の方も多いと思うのですが、同じ会社(グラノ24Kさん)が
経営されている旅館・八幡屋さんの3階にある、オーシャン・ヴューがとても素晴らしいレストランで
ランチをいただきました。地場産のお野菜や新鮮な魚をふんだんに使用した、素材の味を生かした
優しい味付けのお料理がたくさん。少しずつ取っても全種類は食べきれないほどでした。

お料理はもちろんのこと、お店の中や接客をしてくださった方々を見ては、学ぶところが多くて。
楽しいランチデートでもあり、楽しい学びの時間にもなりました。なんと言っても、海が大好きな私にとっては、
広い広い輝く海を眺めながらのひと時は、本当に至福でした。

20120803-cafe.jpg
バス停カフェbambinoのバナナシェイク

お茶タイムには、いつものカフェbambinoにて。宗像市のくりえいと近くにある、小さなバス停カフェです。
このカフェは、実はウチのお店づくりの参考にしたいと密かに思っているのですが。。。
女性が一人で切り盛りされている、木と優しい自然光が素敵なカフェです♪

たまには子供抜きで夫婦の時間を持つこと。とても大事ですね!
あまり長い時間は取れなかったのですが、すごく豊かな気持ちになりました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (202)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (13)
前向きな躁うつ病日記 (16)
学び/coursera (9)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links