topimage

2012-09

ちえっ気爆発な日記 - 2012.09.26 Wed

20120926-1.jpg

こんにちは。Atelier choconëko(ちょこねーこ)の店主・ちえです。
この美味しそうなお野菜たちは、知人が一年ほど前からやっている、お届け八百屋グリーンムーンさんから
先日届いたものです。畑で採れたものをそのまま持ってきてくれるので、「基本、生で食べても大丈夫な
野菜ばかりです」とのこと。早速家に帰って、アスパラを一本ガブリと食べてみたら、甘い!美味しい!
息子もガリガリと美味しそうに食べ、続いてトマトもガブリと食べて満足そうでした♪
この日の夕飯の食卓は、それはそれは贅沢で豊かなものになりました。採れたて新鮮な食材を使うと
そのものの味が生きてるから、調味料なんてほどんと要らないんですよね~。

さてさて!ちえっ気爆発日記w

20120926-2.jpg
わたしの足、でございますw

最近、ちょっと力の抜けた、私らしさ全開なブログを書いてない気がする〜と思って、
今日はちえっ気を出して自由にいってみよう\(^o^)/ というコンセプトです。
まあ、普段から私らしさは全開のような気はしないでもないですが、今日はとことんプライベートで。

てことで。写真を趣味にするようになって3年ちょい。
そう、夫が突然私に古いフィルムハーフカメラ(Ricoh AutoHalf EF)をプレゼントしてくれた事から
始まったこの趣味。あの頃、とにかく毎日そこら中の物を何でも撮っていました。
主に、床や地面に這いつくばって地面すれすれの被写体にレンズを向けていたような気がする。。。
あの頃の気持ちを思い出して、今日撮ったのが↑の足写真。

ちょっと、絞りを開放しすぎたかな?カメラはEOS Kiss X50、レンズはCANON EF50mm f1.8を使っています。
このレンズは「撒き餌」と呼ばれるくらい安くて、しかも描写力がなんとも言えないレンズで、しかも短焦点!
コンパクト!なので、なかなか気に入っています。

20120926-3.jpg
こちらは職場の外エレベーター

職場の北九州市立大学ひびきのキャンパスは、後者の外側が広いウッドデッキになっていて、このウッドデッキの
中にある無機質なエレベーター。その無機質な中に添えられた赤色が、ミョーに好きなんですよ。
そして、このキャンパスの造りがなかなか面白くて、夕暮れ時に落ちる影の形がすごく可愛いスポットも
あちこちにあります。写真を撮り始めた頃、もう、あらゆる場所であらゆるモノにレンズを向けては
夢中になってシャッターを押していました。

Ricoh AutoHalfの次は、CanonのIXY digitalの古いやつ、その後、夫が普段使いにしていたNikon FEという
フィルム一眼レフカメラを譲ってもらい、それから日も浅いうちに訪れた私の誕生日に夫が買ってきたのが
Nikon D40でした。

夫もその頃はNikonユーザーだったのだけど、後に色々あってCanonユーザーになり、
その流れで私もCanonへと移行して今に至るのです。これは個人的な感想ですけど、Nikonのカチっとした
シャープな絵も好きだったけど、Canonの柔らかな趣のある絵は、とても気に入っています。
実際、夫がCanonのカメラを使い始めてから見せてもらう写真が本当にキラキラしていて。。。
人の温度を感じる優しい写真だなぁって思えて。。。
中にはCanonの描写は甘いと仰る方もいるようなのですが。なんか、Canonの描く光絵は好きですね♪

なんて、つらつらと書きながら思ったのは。私って、どんだけ写真にドップリ浸かってるんだろう…ということorz
夫にまんまとハメられましたね(笑)!だけど、写真を撮り始めてから、確実に私は美しいモノに目覚めました。
世界をとても美しいと、この日常の風景を、とても美しいと思える愛せるようになりました。

20120926-4.jpg

さて、最後のお写真は、週末に門司港のグランマーケットに行った帰りに撮影した彼岸花。

毎年、彼岸花のシーズンになると、今年はいい写真撮るぞ!と張り切るのですが、これがなかなか。
難しいですね~(T_T) この写真、撮った瞬間は「やった!」と思ったのですが、
ボカしたとはいえ背景がごちゃごちゃし過ぎてて、イマイチかもです(T_T)

とくに、相方がブログに載せているこんな彼岸花の写真なんて見せられたら、もう落ち込むしかないです。
■相方が撮影した彼岸花 >> (Click!)
しかも相方の写真は、息子の通う学校の片隅の、そんな広くない場所に少しだけ咲いている彼岸花。
なんでこんなのが撮れてしまうんだろう~。
もう少し彼岸花シーズンは続くと思うので、またチャレンジしてみるかな。相方に極意を教わらないと!です。

こんな感じでダラダラと書き連ねたブログ、今日はこの辺で。
明日は、冒頭の写真に写ってるモロヘイヤをお浸しにしたり、しらすと一緒に炒め煮してふりかけにしたり、
してみようかな!と思います。今日は、雑用で時間がなかったから夕飯、お弁当にしちゃったしw
明日は愛情たっぷりごはん作ります♪

若松ひとまちキャンパス「ひとまち Daylife Photo Class」御礼m(_ _)m - 2012.09.20 Thu

20120921-1.jpg

こんばんは。Atelier choconëko(アトリエちょこねーこ)の店主・ちえです。
すっかり日にちが過ぎてしまいましたが、先週土曜日15日、choconëkoの写真家・光永典人が
講師を務めました若松ひとまちキャンパスの講座「ひとまち Daylife Photo Class」が開催されました!
講座の内容はこちら→ (Click!)

「楽しかった!」「また開講してほしい!」など、受講生のみなさんから嬉しいコメントをいただき、
無事に好評のうちに終了することができました。コーディネーターの水城さんをはじめ、運営スタッフの皆さん、
お天気が危ぶまれる中、受講してくださった皆様には、本当に御礼申し上げます。

20120921-2.jpg
旧古河鉱業ビルの一室にて

20120921-3.jpg
クロワッサンの三日月さんにて

講座は、3つの会場を移動しながら進んでゆきました。まず最初は、若松区の洞海湾沿岸レトロ地区の
シンボルとも言える、旧古河鉱業ビルで、この日の講座のテーマ「シーン」と「ディティール」について
講義をいたしました。あ、講義の前に、講師の自己紹介も兼ねて、普段こういう写真を撮っていますよ~、
という写真たちをスライドショーで流したりもしました。
講師本人は、講義の内容が少なすぎないか?と心配していた様子でしたが、お客さんの一人として
見て聞いていた感想としては、バッチリ丁度いいボリュームだったと思いました。

カメラを構えて撮りたいを思った、心を動かされたその被写体が、周囲の空気や風景まで含めた「シーン」なのか。
それとも、細かな表情や感触など「ディティール」に感動したのか。それをハッキリさせた上で
シャッターを押すだけでも、写真の印象度はグッと変わってきます。そういう点に留意しながら
撮影しましょうね~っということで、みんなで外に繰り出します。

この日はお天気がすごく不安定で、受講生の皆さんも不安に思ってらっしゃったようですが。。。
講師の光永典人!プライベートでは雨男ですが、仕事では晴れ男!
見事、講座の開催中3時間だけは、雨が降りませんでしたからね~。

最初にみんなで向かったのは、クロワッサンの三日月さん。地元若松のみならず遠方から
もわざわざ買いに来られる方が多い、ご存知の有名店です。建物がまた、レトロで素敵なんですよね。
そんな人気店ということで、お客様の出入りが多い中、店内にまでお邪魔して撮影させていただきました。
受講生13名、全員でドッと押し寄せてはご迷惑になるので、4グループくらいに分かれて交代で
お邪魔しました。私は外から眺めてるだけでしたが、講師が一人一人に声をかけながら
アドバイスなどしていました。

20120921-4.jpg
西木商店さん。

20120921-5.jpg
向こうには若戸大橋!古い街並みに溶け込む赤色。

三日月さんを後にして向かったのは、NHKのドラマ『オヤジバトル』の舞台にもなった西木商店さん。
昔ながらの、とっても良い雰囲気のある酒屋さんなんです。ドラマのHPを観ていただくと
載っている、飯島直子さんが女の子と2人で頬杖をついているカウンター、これがまさに、西木商店さんの店内です。

光永典人は、こういう古くからある商店の方をお話しをしつつ、写真を撮らせてもらうのが大好き。
この日も、お店のおばちゃんの良い写真が撮れていましたよ~~。お店の中でも外でも、
皆さん気になる被写体を見つけては、思い思いにカメラを構えていました。
こういう光景って、なかなか見られないですよね?客観的に眺めてても、とても楽しかったです!

20120921-6.jpg
カフェねこのじにて

最後はカフェ「ねこのじ」さんの2階で、お茶とお菓子をいただきながら、みなさんのベストショットを
スライドで投影。撮影した写真が「シーン」なのか「ディティール」なのか、どういうトコロに
心を動かされたのか、などなどを、お一人ずつ発表していただきました。
そして講師・光永典人からも一人一人にコメントいたしました。
みなさん、本当に良い写真が撮れていましたよ!
講座終了後、光永典人は、みなさんの写真がちゃんと「シーン」と「ディティール」を意識して撮影されていたことに
大変感動しておりました。彼が伝えたかったこと、ちゃーんと皆さんに伝わっていたのですね。
私もとても嬉しかったです!

20120921-7.jpg
一緒に参加した我が息子・はやと

講座から数日が過ぎましたが。。。講座終了直後から、Facebookでは受講生の皆さんやスタッフの皆さんから
メッセージがたくさん届きました!タイムライン上にもFacebookページ上にもたくさん!今回参加はされなかったものの
ネット上で温かく見守ってくださっていた方々からも、コメントをいただきました。

若松ひとまちキャンパスは、若松区ぜーんぶが教室になって、一般市民が時には先生になり、生徒になり、
講座では教えたり習ったりするだけでなく、そこから人と人との温かい繋がりが生まれて、広がって、
街が豊かに明るく楽しくなってゆく。人々が元気になってゆく。そういうコンセプトがあるんだそうです。
今回の講座で、私も相方・光永典人も、受講された方々やスタッフの方々から元気をいただきました。
参加された方々も、楽しかったと笑顔で言ってくださる。ということは、私達からも元気をプレゼントできたかな?

この機会がないと知り合うことのできなかった方々、この機会に出会えたこと、本当に感謝しています。
また、必ずお会いしたいですね!そして、もっと多くの方々を出会い、繋がってゆきたいです!
ありがとうございましたm(_ _)m

若松ひとまちキャンパス! - 2012.09.11 Tue

20120911.jpg

こんにちは。Atelier choconëko(ちょこねーこ)の店主・ちえです。

いよいよ今週末、9月15日(土)、光永典人が講師を務めます、若松ひとまちキャンパスの講座
『ひとまちDayLife Photo Class』が開催されます。ありがたいことに、定員いっぱいの
申し込みをいただきました。12人という少なめの定員ですが、その分、お一人お一人に行き届くような
丁寧な講座にしたいと思っています。参加予定の方がこれをご覧になっているかどうか分かりませんが、
どうぞお楽しみにされてください♪

写真に写っているのは、洞海湾に面する若松レトロ地区のシンボル、旧古河鉱業ビルです。
レンガ作りの趣のある建物が、今年開通50周年を向かえる深紅の若戸大橋を背負っています!
『ひとまちDayLife Photo Class』では、まずこの素敵な素敵なビルで講義を行い、
それからみんなで外にでて、地元の商店を巡りながら、この街に住む人々の写真を撮影してゆきます。
動物や花、風景などを撮影される方は多いと思うのですが、人物を撮影することって、あまり機会が
無いのではないでしょうか? Atelier choconëko(ちょこねーこ)の写真家・光永典人は
プライベートでも仕事でも、人物を撮影することが多く、私は彼の撮影する人物写真が大好き♪
そんな光永典人が、日常の「ひと」や「まち」をより印象的に撮影するための、ちょっとしたコツを
お伝えするのが講座の内容になっています。

講座の最後には『カフェねこのじ』にてお茶とおやつで寛ぎながら、講師と生徒の皆さんとで
お喋りタイムを設けています。私もちょっとばかり、手作りお菓子を用意する予定です^^
ちょっと心配なのは。。。ウチの息子はやとも一緒に参加予定。。。
みなさんにご迷惑をかけなければ良いのですが。。。きっと私は、みなさんとの交流を楽しむ暇もなく
息子の相手をして振り回される3時間になるのでしょう。。。(T_T)

若松ひとまちキャンパスや講座については、こちらをご覧ください >> (Click!)

さあ、皆さんに楽しんでもらえるような講座を準備してゆきますよ!
はい、まだ準備真っ最中 (>_<)
参加されるみなさんにお会いできるのが、ただただ楽しみな私です!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (169)
NMphotography. (22)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (18)
唄うたい活動 (7)
前向きな躁うつ病日記 (14)
学び/coursera (8)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links