topimage

2012-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクルーゼがやってきた! - 2012.11.28 Wed

20121128_recruise600.jpg

2012年11月24日、私ちえは、40歳になりました。
39歳までは、何歳になっても嬉しい♪の一色で、ワクワク・ウキウキしていたのですが
今年は様子が違います。母からの手紙に「ちえもオバさんの仲間入りね」と書いてあったことが
引き金になっているのか、いないのか。まだ自分をオバさんとは思えないんだけど
そういう感覚とは違って、ズシン!と重くのしかかる何かがあります。

ま、そういう重苦しいお話は置いといて。
お誕生日の1週間ほど前、相方から、ルクルーゼのお鍋をプレゼントしてもらっちゃいました♪♪
ココット・ロンドの22センチです。ご飯4合くらいが炊けてしまう、ちょっと大きめサイズ。
最初は、アガットという好きなブランドのピアスがいいな〜と思っていたのですが
相方から「ルクルーゼなんてどう?」と言われて。お鍋がプレゼントなんて、生活じみててイヤかも…と
一瞬思ったんですが……でも、ルクルーゼほどのお鍋だったら、きっと一生使えるよね……
それにあんな可愛いお鍋がキッチンにあったら、毎日お料理するのが楽しくなりそう♪
40歳という大きな節目の年なんだから、一生モノをプレゼントしてもらうのってイイかも?

買ってもらって大正解でした!

私はお菓子づくりが大好きで、まあ得意でもあるので、みんなからお料理上手だと思われる節があります。
でも実は、お料理はあまり得意ではありません。好きではあるけれど、お料理って義務感でしてるとこが大きくて
何がテンション下がるかって言えば、毎日必要に迫られてるから、失敗が許されない!
失敗しても、やっぱ家族はそれを食べるワケで。失敗したのを食べてもらうなんて、凹むし。
毎日毎日、絶対に作らなきゃいけない。お菓子は好きなときに作って、失敗してもだれも困らないし。

ルクルーゼ初日、やっぱり定番の肉じゃがを作りました。
いちお、ルクルーゼ用のレシピがあるみたいですが、気にせず自分のレシピで作りました。
1つ違ったのは、煮込み時間に今まで40分くらいかけていたのを、20分で切り上げ。火加減も極弱火で。
煮えてすぐに、食卓に並べました。
相方が1口食べて…美味しい!って何度も言いながらメッチャテンション上がってるしw
私も1口食べて…何これ?なんでこんなにお肉が柔らかくて、ジャガ芋は中まで味が染み染みで
ホクッと柔らかいのに煮崩れてないし、なんで???

ルクルーゼ2日目。息子の大好物のお赤飯を炊きました。
実はうちの実家には昔っから炊飯ジャーがなくて、ガスコンロとお鍋で炊いていました。
高校生くらいから、ご飯を炊くのは私の係みたいなもんだったので、水加減とか火加減は慣れてます。
が、ルクルーゼ用の炊飯レシピはちょっと水が少なめ?それに従って、炊いてみました。
炊きあがって……ツヤが全然違う!
小豆が…ちゃんと中まで柔らかいのに全然崩れてなくて形しっかり!!
どうやらルクルーゼは、煮炊きが得意のよーです。煮崩れなくて形しっかりなのに、中まで火が通る。

ルクルーゼが来て数日後。相方がウェディング撮影の日だったので、お決まりの朝からカレーライス。
前日の夜に、カレーを煮込んでおきました。煮込み時間が普通の鍋よりもずっと短くて済むことが
分かったので、20分間くらい極弱火で肉野菜を煮込みました。で、カレールーを加えていって、、、
何かおかしい。カレールーがいつもの量より少なくて済むみたいなんですけど??なんで?
そして翌朝、みんなでカレーをいただきまーす。!?!?美味しすぎるんですけど!?!?
野菜のだしがスープに濃厚にでてて、単なる市販のカレールーで作っただけのカレーが別物!

それから数日後には、揚げ物にチャレンジ。ルクルーゼのショップの方が「ごく少な〜い量の油で揚がるし
とてもカラッとして美味しいんですよ」と言ってたんだけど、そんなに期待してなかった。
でも、食べてみて。相方がやっぱり感嘆の声を上げる。あり得ないサクッとカリッと食感。
その日はトンカツだったのですが、なんか豚肉の味もすごく引き立ってる気がする。
相方は揚げ物がちょっぴり苦手。油っこいのが少し気持ち悪くなるんだそうです。でもこの日は全く
気持ち悪くならずに、最後まで美味しく食べれたみたい。

これは、魔法のお鍋なんですかね?
今まで「見た目が可愛いから」という理由でしかルクルーゼを欲しいと思わなかったのですが
こんなに美味しく料理ができるのなら、全部のお鍋をルクルーゼにしたいくらい!
よく、どんなジャンルであれ「プロなら道具を選べ」と聞きます。道具選びも実力のうち、と。
道具をよくすることで最高のパフォーマンスが得られるなら、それはエンドユーザーの満足に直結します。
いやー、本当に。我が家のエンドユーザーである相方や子供のために、お鍋も選ぶべきなんやね。

相方は密かに「ルクルーゼを買ってあげれば、もっともっと美味しい料理が食べれるかも」と期待していたとか。
その目論見は、見事に成功したという訳ですね(笑)。

40歳のお誕生日記念に、自分でもプレゼントを1つ買いました。
Facebookでフィード購読している藤巻百貨店から、銅製の卵焼き器。
ちょうど卵焼き器が壊れてしまって、次に買うなら一生使えるものを…と思っていたので。
1回だけ、卵焼きを焼きました。慣れるまではコツがいるようで、形は不格好になってしまったのですが
もう、あり得ない美味しさでした!
道具を選ぶだけで、こんなにも違うものなのですね。

40歳にもなれば、人生においてもプロフェッショナル度が上がってゆくもの。
でも主観的に見て、全然プロフェッショナルとはほど遠いような自分。。。
30代の特に終盤にかけて、ものすごいパラダイム転換を何度も何度も経験することができました。
このことは、人生のプロフェッショナルとしての基盤をしっかりと固めてくれたと思います。
なので、40代の10年間は、その上に、しっかりとした自分を形作ってゆきたい。
心して、重ねてゆきたいです。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

笑顔の花、咲かせよう - 2012.11.18 Sun

昨日は、北九州市中小企業支援センター主催の起業ワンポイントセミナーに参加しました。
お店づくりで今まさに直面してる問題が主題となったセミナー。もう、頭にレンガを
立て続け10個くらい食らったほどに、ショックを受けました。自分の認識の甘さとか
計画性の無さとか、言われてみればごもっとも、なのですが……私は打たれ弱いのでしょうか
もっと強いと思ってたのに、案外ヤワなところあるみたいで、帰りにJRとバスに乗った
記憶がかなり曖昧なのです。真っ白なまま呆然と家路を辿り、気づいたら自宅の
ソファでぐったりしてました。弱いですね(>_<)

その事はさて置き。
セミナーの前半はグループワークになっていて、私を含め5人のグループで事業計画書を
作成するという作業をしました。なかなか意見をまとめたりするのは大変でしたし、最後は
リーダー役の方に押し付けてしまったような、何とも言えない結果でしたが、楽しかった!

私以外はみな男性でしたが、年齢はほぼ同じくらい。個人事業の方もいればお勤めの方もいて。
皆が共通して心に抱いていたのは、「40代、果たしてこのままで良いのか?」
という思いでした。職場でも地域でも、みんなお金のことばかり考えて殺伐としていたり
どこか冷めていたり、人と人との温もりある交流が失われている。世の中に、北九州に
元気がなくなっている。「ウチらが何とかせないけん!」という思い。

仕事って、商売って、お金の受け渡しだけで終わるものではない。
心のやり取りなんじゃないのか。
職人が技術者が何かを作って、サービスして、お客さん・ユーザーが喜んでくれて
嬉しくて笑顔になる。お互いに「ありがとう」の言葉を交わして、笑顔になる。
もちろん取引きにはお金が動くものだけど、残るのは人と人との温かい繋がり。
笑顔があれば一番幸せだよね。

こういう事を、リアルに会って話が出来る人達に出会えたこと、とても、胸が熱くなりました。
お昼ご飯の時間も惜しんで名刺交換に続く語り合い。
これからまた、新しいことが、ワクワクすることが、連鎖してゆきそうです。

私、ハコブネというユニットで唄っています。今はお店づくりや家のことに注力してるので
活動はお休み状態ですが、こんな曲を作って唄っています。
笑顔の花、もっと咲かせよう。
北九州市の花である、ひまわり、が、タイトルです。聴いてもらえると嬉しいです♪♪





にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

原初。 - 2012.11.16 Fri

私は海の底にいた。
太陽の光も届かない、深い、深い、海の底にいた。

魚を見つけた。

その魚を、キラキラ輝く海の上に連れ出すと決めた。
鳥になって、まだ見ぬ雲の上までも
連れて、高く飛ぶんだって決めた。

そんな、原初の想いが頭に蘇った夜。

楽しく、誇り高く仕事する人たち! - 2012.11.11 Sun

20121110_1s.jpg

昨日は、息子を連れて、知的障害者によるロックバンド『サルサガムテープ』 (Click!) のライヴへ行って来ました!
このバンドは全国ツアーはもちろん、フランス・パリでもライブを行ったり、オノ・ヨーコさんを前にして演奏したりと
広範囲で活動しているそうです。ミュージシャンのかしわ哲さんがメインのギターボーカルを取っていてベーシストと
ドラマーも健常者(だと思います)ですが、知的障害や身体障害を持つ他のメンバーは大きな太鼓を抱えていたり
車椅子に座ってパーカッションを鳴らしたりして参加しています。笑顔でリズムをとりながら叩いている方もいれば
ちょっと苦しそうな表情を浮かべている方、無表情のような方もいますが、それぞれに「楽しい!」というオーラと
この演奏活動に対する誇りを感じ取ることができました。

20121110_2s.jpg

うちの息子・はやと、家ではマイケル・ジャクソンやヴァンヘイレンのライブDVDを観て
箒をギターに見たててプレイしたりと、なかなかにロックな子供だと思います。
が、生のロックな爆音を聞くのは初めてで、かなりビックリしていました。
最初、ドラムソロで始まるんですが、その段階から耳を押さえてしまい、1時間半ほどの
ライブの間、ずーーーっと耳をふさいだままでした。

大きな音が、結構苦手なんです(^^;;)
私が何度か行ったアコースティックのライブでは、楽しく聴いたり踊ったりできていたのですが
爆音のロック・ライブはまだ早かったかな~。だけど、時々笑顔を見せてくれていたので
それなりには楽しんでいたようです。

このバンド、プロとして活動しているんです。
みなさん、この演奏活動で生活しているんです。素敵ですよね。。。
ウチの息子も、こうやって好きな何かを見つけて、それで生活していけるならどんなに幸せか。

相方はカメラマンとして、誰かの幸せな今の瞬間を写真というタイムカプセルにギュっと詰めること
それが好きでそれを仕事として選んで、それで生活をしています。今はキツイことだらけですが
それでも「幸せだ」と毎日言っています。

私は、、、好きなことを仕事をするために、只今準備中。
でも、今の大学での仕事もとても好きで、誇りを持って取り組んでいます。

好きなこと仕事として選び、楽しく誇りを持って働くこと。
それこそ今朝、子供の頃からの夢を叶えたくてバス運転士になった友人の呟きをFacebookで見て
「とても素敵だなぁ」と感じたところ。他にも、いつもブログを読ませていただいてる美容師さん、
私達がお店をオープンする予定のビルに営業してる雑貨や洋品を扱うお店の店主さんたち、
ツイッターで熱い思いを日々語り続けている小学校の先生、50歳を過ぎてからUstream配信を覚え
Skypeでのレッスンなど色々な挑戦を続けるピアニスト&ピアノ講師の方などなど、他にもたくさんの
楽しく・誇り高く仕事をしている友人知人たち。

みんなに共通しているのは
「自分のステージに立って、輝いてる」ってことです。

そんな輝いてる彼らに、日々元気と勇気をもらっているし、こういう人たちの存在が
少しでも世界を良くしていく力になっていると確信しています。

サルサガムテープが演奏した曲で、会場みんなで覚えて合唱したりもしたのですが
「Bright Side」という曲があります。
明るい場所を見て進んで行こうという意味で、歌詞はこんな。

小さな空 見上げてる
キミと僕で見上げてる
明日はもっと良くなる
2人でそう決めた


楽しいこと好きなことだって、続けていくとなると大変なことがいっぱいある。
それでも好きなことだから、楽しいし誇りを持ってるから、諦めずに続けていく。
そうすることで、明日はもっと良くなるんだよ。と、受け取りました。

かしわ哲さんの「みんな、諦めちゃだめだよ」とのMCが、すごく心に来て、私は泣いていました。
障害を持っているからぶつかる困難、障害をもってなくても直面する困難、諦めちゃだめなんだよね。

20121110_4s.jpg

↑の写真は、ライブの終盤、観客のみんなが前に集まり、ステージに乱入して唄ったり踊ったりしているところ。

みんなピュアだから、ストレートに楽しさを爆発させてるの!障害者さんたちの笑顔は、まさに天使の笑顔です。
だけどこの時はねー、障害のあるなしを越えて、会場全員がそうなっていたと思います。

そんな今日、大学時代の同級生が亡くなったとの悲しいお知らせが入りました。
思い余って、メールをくれた友人に電話しました。その友人との4年前のメールのやり取りを今でも覚えています。
40歳までカウントダウン、なりたい自分にならなきゃいけない。教職の免許を取って先生になろうと思う。
そう彼女は言っていました。私はその頃、医薬翻訳者を目指して勉強を始めたところ。
大学時代も、彼女と私は就職活動をしないで留学を目指す組で、なんとなく同じような道を歩んでいる
同士みたいな感じ。

そして今、40歳。(私はあと2週間で!)
今では進路を変えて、カフェ開業の準備中な私。そして彼女も教職免許への大詰め段階。
そして、同級生の死を受けて。
私達は、生きてるんだから、色んなことを諦めちゃいけないんだと思いました。

色んな思いが交錯して、今日も長いブログになりました。いつも読んでくれて、ありがとうございます。

追伸:このブログを更新中、息子がチラっとPC画面を見てライブの写真を見つけて「太鼓!!」と言って
 満面の笑顔を見せてくれました。耳を塞いではいたけど、楽しかったと思ってくれていたようです(^-^)

おもてなしの心 - 2012.11.08 Thu

こんばんは。今夜はiPhoneからお届けしています。
Atelier choconëko (ちょこねーこ)の店主・ちえです。

今朝、いつも読んでる善上さんのブログ (Click!) に、こう書いてありました。

『ヒトがヒトにお金を払うということは、
気持ちの救い合いなんだ。
気持ちの察し合いなんだ。』

私がアトリエカフェを始めるに当たって大事にしたいのは、お客さまと人間同士の
お付き合いをすること。単なるお金とサービスの物々交換で終わらない、血の通った、
温かい、気持ちの交流を大切にしたいと考えています。

今日、この事を再確認する出来事が3つありました。
相方が撮影して仕上げた写真アルバムの、発送作業をしていました。せっかくだから
家族のはじまりらしい白色の箱に梱包して送りたい。大切に、繊細なペーパーに包んで、
開けるときに、ペーパーを開ける音と手触りでワクワクしてほしい。
お二人がアルバムを開く瞬間までの時間を、できるだけ素敵に演出して差し上げたい。
そんな事を思いながら包装&梱包していたら、とても幸せな気分になりました。

そして夜になって。ネットで注文していた品物が届きました。箱に使ったクラフトテープは、
幸せの四つ葉のクローバーとてんとう虫の柄。柔らかい淡い色の緩衝ペーパーの下から
手書きのメッセージカードが出てきました。
ただ必要があって必要なものを、ネットショップという顔の見えない形態のお店で注文。
その結果がこんな満足感と幸福感♪

もう一つ、郵便受けに届け物がありました。数日前にヤフオクで落札した洋服です。
この方は、取り引きのメッセージのやり取りの段階から違ってました。ただ決まり文句と
事務的なやり取りに終わることが多いオークション取り引きですが、この出品者さんの
メッセージには、何か一言ふた言気持ちが添えてある。
届いた大きな封筒を開けると、部分的だけど手書きのメッセージがありました。
ほんの数百円の古着だけど、柔らかなペーパーに包んで、センスの良い色柄の
マスキングテープでおめかししています。それが、丁寧に透明フィルムにくるんでありました。
これなら、雨天でも中身の商品が濡れる心配もないし、受け取った私もなんか嬉しい!

相方は、何日か前に、そんな気持ちを『リスペクト』と書いていました。直訳すれば
『尊敬』の意味ですが、私はそこに『おもてなしの心』そして『心くばり』の意味を
感じ取りました。

日々、そんな気持ちを抱きながら、継続して、仕事をしていくこと。
私達は、それを目指します。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。NMphotography.+nicola cafeを夫と経営。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (162)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Latest post

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly archives

Comments

Search

RSS links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。