topimage

2012-11

楽しく、誇り高く仕事する人たち! - 2012.11.11 Sun

20121110_1s.jpg

昨日は、息子を連れて、知的障害者によるロックバンド『サルサガムテープ』 (Click!) のライヴへ行って来ました!
このバンドは全国ツアーはもちろん、フランス・パリでもライブを行ったり、オノ・ヨーコさんを前にして演奏したりと
広範囲で活動しているそうです。ミュージシャンのかしわ哲さんがメインのギターボーカルを取っていてベーシストと
ドラマーも健常者(だと思います)ですが、知的障害や身体障害を持つ他のメンバーは大きな太鼓を抱えていたり
車椅子に座ってパーカッションを鳴らしたりして参加しています。笑顔でリズムをとりながら叩いている方もいれば
ちょっと苦しそうな表情を浮かべている方、無表情のような方もいますが、それぞれに「楽しい!」というオーラと
この演奏活動に対する誇りを感じ取ることができました。

20121110_2s.jpg

うちの息子・はやと、家ではマイケル・ジャクソンやヴァンヘイレンのライブDVDを観て
箒をギターに見たててプレイしたりと、なかなかにロックな子供だと思います。
が、生のロックな爆音を聞くのは初めてで、かなりビックリしていました。
最初、ドラムソロで始まるんですが、その段階から耳を押さえてしまい、1時間半ほどの
ライブの間、ずーーーっと耳をふさいだままでした。

大きな音が、結構苦手なんです(^^;;)
私が何度か行ったアコースティックのライブでは、楽しく聴いたり踊ったりできていたのですが
爆音のロック・ライブはまだ早かったかな~。だけど、時々笑顔を見せてくれていたので
それなりには楽しんでいたようです。

このバンド、プロとして活動しているんです。
みなさん、この演奏活動で生活しているんです。素敵ですよね。。。
ウチの息子も、こうやって好きな何かを見つけて、それで生活していけるならどんなに幸せか。

相方はカメラマンとして、誰かの幸せな今の瞬間を写真というタイムカプセルにギュっと詰めること
それが好きでそれを仕事として選んで、それで生活をしています。今はキツイことだらけですが
それでも「幸せだ」と毎日言っています。

私は、、、好きなことを仕事をするために、只今準備中。
でも、今の大学での仕事もとても好きで、誇りを持って取り組んでいます。

好きなこと仕事として選び、楽しく誇りを持って働くこと。
それこそ今朝、子供の頃からの夢を叶えたくてバス運転士になった友人の呟きをFacebookで見て
「とても素敵だなぁ」と感じたところ。他にも、いつもブログを読ませていただいてる美容師さん、
私達がお店をオープンする予定のビルに営業してる雑貨や洋品を扱うお店の店主さんたち、
ツイッターで熱い思いを日々語り続けている小学校の先生、50歳を過ぎてからUstream配信を覚え
Skypeでのレッスンなど色々な挑戦を続けるピアニスト&ピアノ講師の方などなど、他にもたくさんの
楽しく・誇り高く仕事をしている友人知人たち。

みんなに共通しているのは
「自分のステージに立って、輝いてる」ってことです。

そんな輝いてる彼らに、日々元気と勇気をもらっているし、こういう人たちの存在が
少しでも世界を良くしていく力になっていると確信しています。

サルサガムテープが演奏した曲で、会場みんなで覚えて合唱したりもしたのですが
「Bright Side」という曲があります。
明るい場所を見て進んで行こうという意味で、歌詞はこんな。

小さな空 見上げてる
キミと僕で見上げてる
明日はもっと良くなる
2人でそう決めた


楽しいこと好きなことだって、続けていくとなると大変なことがいっぱいある。
それでも好きなことだから、楽しいし誇りを持ってるから、諦めずに続けていく。
そうすることで、明日はもっと良くなるんだよ。と、受け取りました。

かしわ哲さんの「みんな、諦めちゃだめだよ」とのMCが、すごく心に来て、私は泣いていました。
障害を持っているからぶつかる困難、障害をもってなくても直面する困難、諦めちゃだめなんだよね。

20121110_4s.jpg

↑の写真は、ライブの終盤、観客のみんなが前に集まり、ステージに乱入して唄ったり踊ったりしているところ。

みんなピュアだから、ストレートに楽しさを爆発させてるの!障害者さんたちの笑顔は、まさに天使の笑顔です。
だけどこの時はねー、障害のあるなしを越えて、会場全員がそうなっていたと思います。

そんな今日、大学時代の同級生が亡くなったとの悲しいお知らせが入りました。
思い余って、メールをくれた友人に電話しました。その友人との4年前のメールのやり取りを今でも覚えています。
40歳までカウントダウン、なりたい自分にならなきゃいけない。教職の免許を取って先生になろうと思う。
そう彼女は言っていました。私はその頃、医薬翻訳者を目指して勉強を始めたところ。
大学時代も、彼女と私は就職活動をしないで留学を目指す組で、なんとなく同じような道を歩んでいる
同士みたいな感じ。

そして今、40歳。(私はあと2週間で!)
今では進路を変えて、カフェ開業の準備中な私。そして彼女も教職免許への大詰め段階。
そして、同級生の死を受けて。
私達は、生きてるんだから、色んなことを諦めちゃいけないんだと思いました。

色んな思いが交錯して、今日も長いブログになりました。いつも読んでくれて、ありがとうございます。

追伸:このブログを更新中、息子がチラっとPC画面を見てライブの写真を見つけて「太鼓!!」と言って
 満面の笑顔を見せてくれました。耳を塞いではいたけど、楽しかったと思ってくれていたようです(^-^)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (202)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (13)
前向きな躁うつ病日記 (16)
学び/coursera (9)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links