topimage

2013-06

言の葉の庭 - 2013.06.25 Tue

先日、新海誠の新作『言の葉の庭』を観に行きました。
5月の終わりに公開されたばかりだから…と、のーんびりしていたら、気がつけば上映終了予定の日が
予想外に近づいていて!何とか相方と予定を合わせて観に行けて、本当に良かったです。



主題歌を唄うのは秦基博、そしてその曲は大江千里の曲!この組み合わせ、良いですねぇ。
大江千里と言えば、私と同年代の方々には懐かしい響き。私は個人的に、彼のルックスと声が
あまり好みではなかったのですが、曲自体は好きでした。それを今、秦くんが唄う。
とても合っていると思いました。

さてさて、映画。
上映期間が異様に短いよなぁ…と思ったのですが、観終わってわかりました。
これ、梅雨時期にピッタリ合わせているんです。梅雨時期を舞台にしたストーリーを
同じ季節を感じながら観て欲しい、そういう作者の意図があったのでしょうね。

予定を合わせるのも大変だし、劇場に行くのは諦めて後でDVDかブルーレイを買おうかとも
一瞬考えたのですが、観に行って本当に良かった。
私は誰かと一緒に映画を観ると、どんなに感動しても泣けないんですが(恥ずかしさもあって)
これは、そんな理性を働かせる余裕もなく、泣いてしまいました。

早くDVDかブルーレイを買って、何度も何度も繰り返し観たいです。

新海誠は相方が昔から好きな作者さんとのことで、私は最近まで知りませんでした。
とにかく、絵が美しいんですよ!
今作『言の葉の庭』は、雨の描写が半端無く美しすぎます。

ちょうど今は梅雨。カメラ好きの私も、よく地面を観ながら水溜りや濡れた地面に反射する光を
追いかけてはシャッターを切っています。

20130625_rain1.jpg
20130625_rain2.jpg


雨ばかりで憂鬱なイメージもあるこの時期って、空からの光は降り注ぐことはないけれど
地面には光がふんだんに散りばめられているんですよ。


★Atelier choconëko HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

『仕事は楽しいかね?』読書感想ブログ - 2013.06.20 Thu

お久しぶりのブログ更新になってしまいました。
ここ1ヶ月くらい、シフォンケーキをたくさん焼いたり大学の仕事へ行ったりする合間に
Atelier choconëkoのホームページをチマチマと作っていました。
http://choconeko.com
写真をスライドショーでご覧いただけるギャラリーや、私たちのコンセプトを書いたページなど
以前は無かったページがいくつか増えています。どうぞご覧くださいね♪

さてさてさて。
これまた久しぶりに、本を1冊読み終わりました。
『仕事は楽しいかね?』デイル・ドーテン(著)
何年か前にTwitterかFacebookか、はたまたmixiか、どこかで見かけて興味を持った本です。
すぐに買う!というほどでもなく、でも絶対に読みたいな、と、長い事amazonのウィッシュリストに
入れたままの状態でした。ある日、職場で先生からドンと書籍の山をお預かりした、その山の中に
この本を見つけました。そして、いつもながら貸していただき読むことができました。

これはビジネス書の部類に入るんでしょうか。内容もよく知らないまま読みはじめました。
「イノベーションを起こす」とか「革新的になにかを変える」とかって
よく耳に目にするけれど、私とはまったく無縁の世界で生きてる人たちのことなんだろうなと思ってました。
この本を読むと、どんどんアイディアが湧いてくるんだと謳い文句がある。
でも、私はアイディアを出すのなんて苦手だし向いてないし、と。
読み始めは、マックスというオジさんが言ってること、あまりスッと頭に入ってこなくて
「何が言いたいの?」ってイライラすることもありました。それが、どう関係あるの?みたいな。
でも、途中でどんどん面白くなってきて、読み終わってみたら、
「なーんだ!それだったら私にもやれそうだ!」って思えてきました。

今日からさっそく、やり初めています。
要は、そこにある素晴らしいモノに気付くかどうかの差。
それに気付くには、常に心をOPENにしていないといけない。
閉じたままの心では、無感情なまま、ただ通り過ぎていくだけ。
この本が、私の固く閉ざされていた心を、ゆっくりゆっくりと開いてくれた。
そしてこれから楽しくなっていくのか、いかないのか、それは私次第。

ということで、読みながらTwitterで呟きつづけたものを、以下にコピペします。
もう、最初の方のツイートを自分で見てて、なんか違和感。
自分がもう変わり始めてる。ずっとそうありたいと思う。

- - - - - - - -
「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」。エジソンの言葉。あとがきから読む癖、すんません。
ずっと読みたかった『仕事は楽しいかね?』を山崎進先生に貸していただきました!
via ついっぷる/twipple 2013.05.10 12:40
- - - - - - - -
なんか、話の始まり方が『ドラッカーと会計の話をしよう』に似てるわ。。
ドラッカー…の著者が真似たのかしら?
via ついっぷる/twipple 2013.05.10 12:57
- - - - - - - -
「人々は、したくもない仕事をし、同時にそれを失うことを恐れているんだ」「退屈と不安という双子」
これは私の親しい友人の中にはあまりいないけど、聞かないこともないし多いのかも。
仕事の愚痴ばかり言いながら、いつまでもその仕事にしがみついてるの。
via ついっぷる/twipple 2013.05.10 13:04
- - - - - - - -
私はどうかというと。楽しくない仕事を愚痴りながら続けることはほとんどない。
仕事をいつ辞めるのか大抵決めてるので。(その期間が長くなると愚痴ることはあるけど)
でも、仕事を失うのを怖いとか一度も思ったことがない。私が気に入らんならクビにしろ、とは思うけどw
via ついっぷる/twipple 2013.05.10 13:07
- - - - - - - -
職業的スタグフレーション。責任が重くなり要求も増えるのに、給料は上がらないこと。
私はそういう状況に陥ったら、真っ先に退職を計画するんだけど…世の中の人はどうして
そうしないんだろう。生活水準落ちても気持ちが自由な方が豊かなのに。
via ついっぷる/twipple 2013.05.10 13:10
- - - - - - - -
「仕事上のあらゆる問題は情熱があれば解決する」「大好きなことをしろ!」のアドバイス。同感!
でも、自分が何をしたいのか、好きなことが見つからない人が多いとのこと。。。うん分かる。
私も人生の棚卸をするまで、自分が何が好きなのか間違えていたし。
via ついっぷる/twipple 2013.05.10 13:17
- - - - - - - -
38歳だっかか…不惑の40代に入る前に自分が本当にやりたかったことに気付けたのは、
とてもラッキーなことだったんだなぁ。しみじみ。
via ついっぷる/twipple 2013.05.10 13:18
- - - - - - - -
「目標の弊害」。計画立てることに依存しすぎる人々の落とし穴。私、計画立てることが大好きで、
それに依存しすぎて、この落とし穴によくハマってたと思う。。。そういう事だったのかぁ。。。
via ついっぷる/twipple 2013.05.14 13:10
- - - - - - - -
将来の目標を決めて、それに向けて計画を立てる。私、計画立てるの好きだから、実現はいつ、
一年後までにこれ、半年後には、来月までには…と細かく決めて。なぜか情熱が冷めつつある自分に
嘘をついて、決行することしか考えない。翻訳者で独立を計画してた4年前がそう。
via ついっぷる/twipple 2013.05.14 13:13
- - - - - - - -
「人生はそんなに規則正しいものじゃない」「規則から外れたところに教訓がある」「目標設定すると
自己管理できているような気がする」 明日の私は、今日の私とは確実にちがってるんだ。
それで柔軟になることを覚えた頃から、私は変われたと思う。
via ついっぷる/twipple 2013.05.14 13:17
- - - - - - - -
「とてつもなく大変で、とんでもなく疲れること。でもワクワクするし活気に満ちている」。
これは……私が進むことになる道のことですね(笑)。ワクワクo(^-^)o
そしてback to work...
via ついっぷる/twipple 2013.05.14 13:20
- - - - - - - -
「試すこと、を続けなければならない。試行錯誤しながら手当たり次第やってみること」
「チャンスの数が十分にあれば、チャンスはきみの友人になる」
失敗の数が多くても気にすることは無いのかな。この1~2年私の失敗っぷり凄いんだけど
チャンスも多いってこと?
via ついっぷる/twipple 2013.05.22 12:37
- - - - - - - -
もともと頭痛薬シロップだったコカコーラとか、刻んだチョコが溶けなくて偶然できたチョコチップクッキーとか。
まぐれかも知れないけど、それを生かすこと。かぁ。私はすぐ未来予想図を書いてその通り進めたくなる。
それでは「まぐれ」を生かせないままだなぁ。
via ついっぷる/twipple 2013.05.22 12:50
- - - - - - - -
「すべては偶然の連続だということ。なのに多くの人は計画を立てることを崇め奉っている」
おぉ、私のことを言われてるw 多分こういうこと。私は夏には良い物件を見つけてアトリエカフェを
OPENしたいと思ってた。偶然、物件が見つかった。(続く)
via ついっぷる/twipple 2013.05.22 13:00
- - - - - - - -
(続き)でも他からも問合せが来てて取られてしまいそう。立地条件は悪いけど、ウチが押さえてしまいたい。
悪条件については後から対策を考えればいい。。。という私のいつもの
「予定どおり進めたい願望」が登場する。実際、相方の客観的判断がなければ(続き)
via ついっぷる/twipple 2013.05.22 13:02
- - - - - - - -
(続き)契約してしまって後から後悔していたかも。本当にあまり良い立地じゃなかったから。
今回は縁が無かったんだ…と流して、次の出会いを待つこと。これも、まぐれを生かすという考え方と
似てるんじゃないかな。私はすべてを自分で操作したいという願望が強すぎる。
via ついっぷる/twipple 2013.05.22 13:04
- - - - - - - -
「どんなことを考えているのか」ではなくて、「何を試しているのか」ということ。
via ついっぷる/twipple 2013.05.22 13:10
- - - - - - - -
望むものを手に入れる、ではなく、手に入れたものを好きになること。そうか、iPhoneやMacみたいなもの?
相方が「買おう」と言うから、興味もないのにiPhoneを使いだしたら好きになっちゃって
MacBookも買っちゃった。これと似てる?
via ついっぷる/twipple 2013.05.22 13:12
- - - - - - - -
マイケルのThis is it を再度観ながら。今日出会った人々のプロとしての仕事ぶりを思い出しつつ、
自分のことを振り返る。私って怠け者で遊んで暮らすことばかり考えてて。でも、それを正すとかじゃなくて
上手く持ってって生かす方向しかないよねぇ。私はマイケルにはなれないんだし。
via ついっぷる for iPhone 2013.05.27 23:55
- - - - - - - -
うん、さっきの考え方は良い影響かも。この本のおかげで、地味ぃに考え方に柔軟性が出てきてる。
「〜させていただく」を許容しようと思い立ったのも、その影響かも。変わり続ける自分。
頭の柔軟体操になる本だね!
via ついっぷる for iPhone 2013.05.27 23:58
- - - - - - - -
「<適切な時>とか<完璧な機会>なんてものは無い。<この場で><ただちに>始めること。
試し続けないと、チャンスなんて1つも無い」ヤバイ、めっちゃ面白くなってきた。
via ついっぷる/twipple 2013.05.30 12:55
- - - - - - - -
「完璧にしようとすると、失敗する」 耳が痛い。
via ついっぷる/twipple 2013.05.30 12:56
- - - - - - - -
「完璧とは、ダメになる過程の第一段階」 ここがゴールだ、って決めちゃいけない、
そこで頭打ちになるから、ってことだね。常に変わり続けないと。
via ついっぷる/twipple 2013.05.30 12:59
- - - - - - - -
試してみて、それが失敗しても、フリダシになんて戻らない。失敗で、必ず何かを学ぶから。
失敗は誰だって怖いんだけどね。凹むし傷つくし。でも沢山失敗した人にしか分からない「何か」が
人生に厚みや重みを持たせてくれるんだよね。
via ついっぷる/twipple 2013.05.30 13:03
- - - - - - - -
「何か新しいことを始めよう!」がモットーか。新しいことって、自分にとって新しいことであって、
世の中において革新的なこと、じゃなくても、OKなのかな。革新的であるに越したことはないだろうけど。
via ついっぷる/twipple 2013.05.30 13:12
- - - - - - - -
資本主義の「見えざる手」って、懐かしいなぁ。中学か高校で習ったね。アダム・スミス。
via ついっぷる/twipple 2013.06.03 12:58
- - - - - - - -
「僕たちに必要なことは、マジックだ。仰天すること、びっくりすること、それをみんなが
生活の中に求めてる」なんか、鮎川誠の「言葉ってマジックあるやん」ていうセリフを思い出す。
全然違うようで、ちょっと似てる。
via ついっぷる/twipple 2013.06.03 13:06
- - - - - - - -
ウォルト・ディズニー曰く、成功の秘訣は、「ものごとを見事にやること。もう一回それを見るために
お金を払いたくなるくらいに」。マイケル・ジャクソンの"This Is It"を観てて感じることと、
よく似てる。基礎を徹底的に固めて、細部の表現に妥協しないこと。
via ついっぷる/twipple 2013.06.03 13:16
- - - - - - - -
「あらゆることをしろ。素晴らしいアイディアは、どこからやっめくるか分からないのだから」
via ついっぷる for iPhone 2013.06.18 17:09
- - - - - - - -
できることはどんどん変える。周囲が気付くくらい何でも。実験好きだと評判になったら、
アイディアが向こうからやって来る。
via ついっぷる for iPhone 2013.06.18 17:15
- - - - - - - -
仕事でやったミスを書き出すこと。仕事に関するイライラを残らず並べる。
仕事に関してやってること全て書き出す。〈あらゆること〉とは何かというリストを作る。
via ついっぷる for iPhone 2013.06.18 17:18
- - - - - - - -
問題を解決しようとして、解決できなくても、問題と仲良くなることで、別なイノベーションを
起こすことができる。なるほろ!
via ついっぷる for iPhone 2013.06.18 17:27
- - - - - - - -
川沿いに住もうもするなら、ワニと仲良くなれ。
via ついっぷる for iPhone 2013.06.18 17:28
- - - - - - - -
昨日読んだ本にも「失敗しないとイノベーションは生まれない」みたいなことが書いてあった。
私は失敗してばかりって思ってたけど、まだまだ足りない気がしてきたぞ。もっと試して
失敗して繰り返さないと、生み出せない。
本を読むっていいな。ヨガが気の流れを起こすように、読書は思考の流れを起こす。
via ついっぷる/twipple 2013.06.19 09:27
- - - - - - - -
うまくいってないのはどこか、うまくいっていないなら、どうすればいいか。
via ついっぷる/twipple 2013.06.19 14:21
- - - - - - - -
誰も立派なビジョンを持って、それに突き進んでいたわけじゃない。彼らは目標設定者でも
計画立案者でもなく、「冒険者」だった。
via ついっぷる/twipple 2013.06.19 14:23
- - - - - - - -
「困難は、実地演習を始める合図。旅の計画は人生に任せておいて、私たちはカメラを持って光を集めること」
うん、いい言葉!
via ついっぷる/twipple 2013.06.19 14:25
- - - - - - - -
「新しいアイディアの源泉は、古いアイディアなんだ」昨日読んだことと似てる。
新しいやり方とか革新的なことって、ゼロから作るんじゃなくて、存在している「それ」に気付くかどうか
なんじゃないか。ということ。
via ついっぷる/twipple 2013.06.19 14:35
- - - - - - - -
「新しいアイディアというのは、新しい場所に置かれた古いアイディアなんだ」
文字にできないんだけど、なんか頭にモヤモヤ~~っと来てる。うん、とにかく実践してみよう。
[via ついっぷる/twipple 2013.06.19 14:36
- - - - - - - -
新しく結びつけ直すこと。「報告書+ペンと紙」という組み合わせを、例えば、「報告書+録音テープ」に
してみるとか。
via ついっぷる/twipple 2013.06.19 14:42
- - - - - - - -
全然なにか求めて、とかじゃなくて、ただ読んでみたかった本だった。CDで言えばジャケ買いみたいな。
(今回、買ってないけどw) なのに、私が潜在的に抱えてた問題をグイッて持ち上げて、揉みほぐしてくれた。
よし、今からだぞ!
via ついっぷる for iPhone 2013.06.19 19:15
- - - - - - - -


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (166)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
前向きな躁うつ病日記 (10)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links