topimage

2014-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪ひき息子を寝かしつけながら思ったこと - 2014.11.18 Tue

041118_blog.jpg

土曜日の朝、いつもおにぎりを2つ食べる朝食の席で「たまご、たべたい」と
目玉焼きを求めるはやと。「ごはんは?おにぎりは?」と訊いても、「たまご、たべたい」と
繰り返すばかりで、ご飯の類いは食べたくないみたい。
目玉焼きだけ食べて、布団に戻ってぐったりこ。
風邪をひいて、どうやら胃腸をやられている様子。元気がなく食欲がない。
風邪をひくと毎回、胃腸をやられてしまって、症状が進むとお茶を飲んでも吐いてしまします。

結局はやとは土曜日、ほとんど1日を布団の上でグッタリと過ごしていました。
時々「おうどんたべる?」「みかんたべる?」などと尋ねると「食べたい」とは答えるものの
起き上がる元気もない様子。
うどんの麺は1口食べたけどあまり進まないようで、わかめだけ、
私が口まで運んであげると、モグモグと食べていました。

小学校に入った頃からかな?口に食べ物を運んで「アーン」して食べさせてあげようとすると
嫌がって、スプーンを私の手から奪い取って自分で食べるようになりました。
そんなん、自分でできるから!という感じで。
なので、食べ物を食べさせてあげる……という行為は、3年ぶりくらいだったでしょうか。
とても懐かしくて、愛おしい気持ちになりました。
大好きなみかんも、私が皮をむいて一粒ずつに分けて、口に運んであげました。

ひと通り食べ終わると、私の膝を枕にして子猫のように丸くなり、目を閉じました。
熱もあるので寝苦しくて、なかなか寝付けないけれど、頭を撫でてやると安心したのか寝息を立て始めて。
膝枕で腕を片方取られたままで、足はしびれてるけど身動きも取れず。
動こうとすると目を覚ますので、その状態のまま1時間くらい、唯一使える右手でiPadをいじりながら
息子の寝顔を見守っていました。

はやとは自閉っ子だからかどうか分からないけど、添い寝をしてあげるのを嫌がる子でした。
なので、1歳くらいから寝かしつけをすることなく、ただ1人で布団に転がして
少し距離を置いて見守るだけでした。小学生くらいになると、ちょうど2歳児のような感じに
なってきて、眠るときに1人だと寂しがるようになったけど、あまりピッタリくっ付くと
嫌がるので、やっぱり少し距離を置いて、はやとの視界に入る位置で自分のことをしながら
寝入るのを見守る程度です。

ちなみに……夫にだけはピッタリくっ付くことを許します。
寝る時間に夫が家にいる日は「のりくん、こっち!」と夫を呼んで、背中からピッタリくっ付いて
抱きしめることを要求します。私には、そんな事ぜったいにさせないのに…(ちょいジェラw)


なので、膝枕をして密着した状態で、頭を撫でて寝かしつけてあげるなんて……赤ちゃんの時以来。
赤ちゃんの頃、慣れない授乳を済ませて抱っこして、延々とゆらゆらしながら
「早く寝てくれないかな」「手がちぎれそう」「早くこの苦行が終わらないかな」と
とても辛かったのを思い出しながら、今思えばとても幸せな時間だったはずなのに
全然幸せを感じられる余裕が無かったんだなぁ…と。
今は、手を取られて動けなくて足がしびれたまま、息子を膝に寝かせて1時間を過ごすこと
本当に本当に幸せで愛おしい時間だと思える。

月曜日は大事を取って学校をお休みしたけれど、もうすっかり熱も下がって元気いっぱい。
今日から学校へ出掛けて行きました。
土曜日曜の夜は夜泣きする赤ちゃんみたいに大変だったけれど……
もうすぐお兄ちゃんになるはやと、これも赤ちゃん返りみたいなものなのかな?
お兄ちゃんになったら、付きっきりで構ってあげられなくなるけれど
たまには赤ちゃんに戻って甘えたり、してもいいからね。
ゆっくり、ゆっくり、優しいお兄ちゃんになってね。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

出産前の駆け込み受講 on coursera, Grow to Greatness: Smart Growth for Private Businesses part 1 - 2014.11.08 Sat

GTG_1_W1_650.png

今年の3月に、はじめてcourseraというオンライン大学の講義を受講しました。
アメリカのスタンフォード大学の教授が中心になって立ち上げたMOOKで、すべての講義が
無料で受講でき、試験にパスすれば修了証ももらえます。
その、受講第一発目に選んだのが、このクラスのpart 2でした。Professor Edとの出会い。
クラス名は「Grow to Greatness: Smart Growth for Private Businesses」と長いですが
要するにマネジメント講座です。企業が成長するには、経営者がスタッフと一緒になって
成長していかねばならない、その過程における心構え、Edがリサーチしてきた数々の企業の実際を
ケーススタディとして学んだり。そんな内容です。

12月初旬まで続く講義、もうお腹も大きくなって12月には臨月突入するし、大丈夫かなぁ?と
少しは不安もあったんですが、でも後悔したくないから。
やっぱり受講しといて良かった!!!Edの講義は元気がでるし、勇気が湧いてくる。
夢に向かって長い長い道のりを歩いていて、時々くじけそうになる。そんな私を勇気づけてくれる。

courseraでは、今までいくつかのクラスを受講してきたけれど、Edのクラスは授業の進め方や
プレゼン資料の分かり易さがピカイチです。初めて受講したアメリカの大学の講義がEdのクラスだったから
最初は、アメリカの大学教授ってすごいなー、みんなこんな授業の進め方をするのかぁ…さすが…
なんて思ってたんですが、他の先生たちの授業は、日本のそれと大して変わらない、
すなわち:
先生がガーーーっ!!っと喋るだけ喋って、講義資料はパッと見なにが言いたいのか伝わってこない、
授業はとにかく詰め込み式で進んでいくので、とにかくノートをひっきりなしに取らなきゃいけない
大変!忙しい!授業が終わったらヘトヘトで、全行程終わってみて……コンセプトが掴めたかどうか不安。
という感じ。

対してEdの授業はとても綿密に設計されている印象。
3月のクラスもそうだったけど、全行程が終わった頃には、大切なことを深く学ぶことができた!という
達成感があって、コンセプトもしっかり理解して、胸の深いところに根付かせてもらった感じ。

全6週間の行程の中、現在3週目のはずなんだけど、私はやっと1週目が終わったところ。
エンジンも暖まってきたことだし、週明けから2週、3週とリズミカルに進んでいきたいです。

以下、Facebookに投稿した講義の乾燥などをそのまま転載します。

ー ー ー ー ー
[2014.11.6]

Prof. Edによるマネジメント講座。今日はなかなか小刻みに予定がある中での予習+オンライン講義。
Edの講義のいいところは、講義を聞く前に自分で以下のことを済ませておかなければならないところ:

- 15ページほどの資料を読んでおく
- 資料に書かれた内容関するQuestionsに対して自分なりにAnswersを書く
- AnswersをDiscussion Forumに投稿して、他の人のAnswersを読んだり意見交換したり

これですっかり学ぶべきコンセプトが頭に入って準備OKなので、オンライン講義はじっくりと
聴くことに集中できる。そして、講義中にもEdはたびたび「ペンを取って、今すぐ書いて!考えて!」と
私達に促す。英語ネイティヴではない私でさえ、いちいちポーズボタンを押さなくても
聴きながら書くくらいの余裕があるほど、ゆっくりとしたペースで話してくれる。
字幕もほとんどいらないくらい、はっきり喋る。
Edが繰り返し言ってること
「成長は、ジグザグなんだよ。決して真っすぐじゃない、Try & Errorの繰り返し」
これを分かってるから、簡単なようで忘れがちな重要なことを、繰り返し強調してくれるんだと思う。
Edの講義には、出産後もできれば毎年毎年参加しつづけたい。
全部無料だなんて信じらんないほど、価値がある。

追記:こういう授業のやり方を「反転授業」というんだそうです。
何かとお世話になっている、北九州市立大学国際環境工学部の山崎進先生が取り入れているスタイル。
だから、山崎先生の授業やゼミって人気なんやねー(*^^*) 納得。

ー ー ー ー ー
[2014.11.5]

今週のGrow to Greatness: Smart Growth for Private Businesses part 1 のケーススタディは
アイオワ州の農家に生まれ育ち、金融関係の会社に10年勤め、アパレルの雇われ社長を経て、
このメガネ屋さん(というかメーカー?)を立ち上げた女性が主役。
ケーススタディ大好き。やっぱこのクラス取ってよかった。ものすごく勉強になる、ものすごく面白い。
http://www.eyebobs.com


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

いちかわ製パン店の朝 - 2014.11.03 Mon

041101_1kawa1.jpg

2012年5月にオープンした『いちかわ製パン店』。
小倉南区葛原、旧10号線から住宅地に入り、ゆるやかな坂道をぐんぐん上っていくと
右手に木製の可愛らしい看板が目に入ります。

このお店との出会いは、cafe causaの遠矢さんが講師を務められた飲食店開業講座でした。
開店を目前に控え、下の息子さんを大きなお腹の中に抱えていた奥さんが、先輩受講生として
体験談を語っていた会場に、私が受講生として座っていたのです。

それから約2ヶ月後、オープン直後のお店に伺うと、まだ午後の早い時間だったにもかかわらず、
パンはほぼ売り切れ状態。残りをほぼ買い占めるような形でお会計をしてもらいながら
奥さんとはほんの少しお喋りした程度。うちの夫が写真の仕事をしていて、いつかカフェを併設した
スタジオをオープンするのが夢なんです、と私がほんの一言発したことを覚えていてくださって
その年の秋には息子さんの七五三撮影をさせてもらうことに。
それからもご縁は続き、今年も夫が市川家の朝、家族が起き出してそれぞれ支度をし、
お店がオープンするまでをドキュメンタリーで撮影させていただきました。

041101_1kawa5.jpg

この記事に載せている写真は、そんな撮影に入っている夫を冷やかしがてら、
美味しいパンを買い求めるためにお邪魔した時にスナップしたものです。
開店時刻3分前には到着したのですが、すでに3組のお客さんが並んでいました。
私と息子も5組目くらいの順番でお店にIN!!

041101_1kawa3.jpg

よくある、入口にあるトレーとトングで自分たちでパンを取っていくスタイルとは違い
いちかわ製パン店では、お客さん1人1人との会話を大切にした対面販売です。
気さくでお話好きな奥さんとのお喋りを楽しみに来店される方も多いはず。

041101_1kawa4.jpg

テキパキとパンを包んだりレジを打ったりと手を動かしたまま
お客さん1人1人とのお喋りも止まりません。

041101_1kaw2.jpg

奥さんの手書きの説明、ついつい全部読んでしまいます。パンの材料にもとても拘っていて
お砂糖はすべて国産のてんさい糖やキビ砂糖、小麦粉も国産のものしか使っていません。
クリームパンのクリームも白ではなくて自然な茶色。
毎日毎食たべたくなるような優しい味で、しかも普通のパンと違ってとても腹持ちがいいんです。

もう11月も終わりに近づくと、クリスマスのシュトーレンの予約が始まります。
こちら、毎年大人気のため、すぐに予約殺到・予約終了になってしまいますから、
ホームページを要チェックです!
我が家は去年、1つだけ予約をしたのですが、家族で取り合いの喧嘩が勃発しそうな美味しさだったため
今年は2つ予約するつもりです。

いちかわ製パン店
北九州市小倉南区葛原高松1-1-24
TEL: 093-475-1255
朝9:00 OPEN
定休日:月・火


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

バブル世代とその後世代の狭間で思うこと。 - 2014.11.01 Sat

たまたま私は、バブル世代とその後世代の狭間の世代で。
40代真ん中辺りがその境界線になるんだと思う。
高度成長期の人たちと、バブル世代の人たちは、やれやれ!イケイケ!で、気が合うんだと思う。
私自身も、元々はそういう気質を持ってて、そんな中にいるとすごく心地良かった。

大きな転機を迎えた頃。全く価値観の違う世代と深く関わることになった。
たった10歳かそこらしか変わらないのに、全く違う。
11歳年下の相方と出会い、また時を同じくして、大学に勤めて多くの若者の生態を
間近に見て聞いて…の日々。
正直、はじめは、今時の若いモンは、勢いがない!とか思っちゃったよ。
何をクヨクヨ考えとるか、まず動けよ、みたいに。

でも、違うんよね。別にクヨクヨしてるんでも、勢いが無いのでも、なかった。
勢いと行動力があれば何とかなっていた時代は、とっくに終わってたんだ。
私達がとっくの昔に時代遅れな存在になってしまってた。そんなのをずっと引きずって、
若い世代に押し付けようとしてるから、上手く噛み合わない世の中を作ってしまってたんだ。
中学高校のときにはすでに携帯もネットもメールもあって、膨大な情報が否応なしに入ってくる。
それを上手く処理管理することを、中学高校の頃から強いられる。
会社がどんどん潰れたり、頑張っても上手くいかない事例をあまりに多く見てる。
彼らは、クヨクヨ考えすぎなのでは決してなくて、
「きちんと現実と向き合って、考えて行動している」だけなんです。

それは、人間として至極当然の行い。

きっと、強いカリスマ性を持った人がグイグイ引っ張って行ったり、勢いある人が
どんどん前に出て盛り上げていったり、そういう時代のほうが、逆に、
長い歴史という物差しで見れば、特異な時代だったんじゃないか、と思うようになった。

こないだブログにも書いた。草食系男子なんていう言葉は、さっさと死語になって
それが当たり前の価値観になるのが自然な流れだと思う、と。
ものすご大きなこと書きすぎかもしれんけど
今の日本が停滞してるのは、そういう事なんだろうと思う。

きちんと考えて、現実を見つめて、自分一人だけでなく、周囲のみんなと着実に歩んでいきたい。
そう考えている、20代30代の人たちのやり方を、バブル世代は馬鹿にしちゃいけない。
年長者なんだもん、まずは自分たちが謙虚になって、若者たちの姿勢に学ぼうよ。
とても、学ぶことは多いです。
そうしたら、若者たちも、勢いだけで酒ばっか飲んでるように見える上の世代にも
学ぶべきところが実はあるんだということ、気付いてくれると思う。

バブル世代とその後世代の狭間にいて、いつも、そんなことを考えています。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。NMphotography.+nicola cafeを夫と経営。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (162)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Latest post

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly archives

Comments

Search

RSS links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。