topimage

2014-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨月のつれづれ日記 - 2014.12.29 Mon

maternity_forblog.jpg

写真はご覧のとおり、大きくなっていく私のお腹を自撮りしたものです。
向いてる方向が一定じゃないから、ちょっと分かりづらいですねw
夫にも、月に1度ずつきちんとしたマタニティ・フォトを撮ってもらっているんですけど
Instagramで見つけた、この「** Weeks」っていうカードを持って写るやつを
どーしてもやってみたかったので、自撮りでコツコツやりました。

さて。ただいま妊娠38週目、臨月の後半に入っていよいよ出産を迎えるばかりになりました。
臨月に入ってすぐ、いろいろ思うことがあってブログを書こうと思ってたのに
動けるうちに会っておきたい人、行っておきたい場所など、欲張っていたら
あっという間に年末モード。息子の懇談会やらクリスマス、母の誕生日、大掃除、入院準備。
本当の本当に年の瀬、出産間近となってしまいました。

今日、出産する予定の産院は年内最後の診療日で、妊婦さんや新生児を抱えた新ママさんたちで
ごった返していました。座る場所どころか立って待つ場所にも困るくらい。
その間にも出産で席を外す先生がいたり、看護師さん助産師さんもたーいへん!
2時間待った末にやっと先生に診ていただけました。
私はいいんだけど……一緒に付いて来てくれた息子・はやと、よく辛抱してくれました!

お腹の赤ちゃんは推定体重が2700gほどに大きくなり、よく動くしとても元気(*^^*)
すでに、はやとが生まれた時の体重を超えてしまいました。
FB友達にいただいた言葉のおかげで、もう出産に対する恐怖や不安はほとんどないですが
やっぱり年齢のこともあるし、体への負担をなるべく軽減したいので、
このまま何も緊急のことがなければ、年明け診療開始日には入院し、計画的に無痛分娩予定です。
無痛とは言っても本当に痛みが無いわけではなくて、痛みを1/3程度に緩和してくれるもの。
陣痛開始すぐに麻酔を入れてしまうと、お産の進行を妨げてしまうので
最初はちゃーんと陣痛を経験するのです。はやとの時は、その初期の陣痛が25時間にも及んで
これのどこが無痛分娩?!という感じでしたけど(笑)。

36週目の妊婦健診の時だったと思います。待合室で名前が呼ばれるのを待っている間に
まさに陣痛に耐えながら旦那さんに支えられるようにして入って来られた妊婦さんがいました。
受付で手続きしながらも、時々寄せてくる陣痛の波に苦渋の表情を浮かべたり、しゃがみ込んだり。
それを見て、すごく怖くなって不安になって、密かに泣いてしまいました。
どんどん不安が押し寄せてきて、痛いのいやだ、私に耐えられるだろうか…と。
その気持ちを払拭したくて、わざと夫に「赤ちゃん産むのが怖くなった」と伝えてみたら
少し気持ちが軽くなって、また前向きな気持ちが戻ってきました。

37週目の健診では、もういつ陣痛が来てもおかしくないと言われ、また不安な気持ちに。
でも今度はすぐに不安は消え去って、覚悟に変わりました。
うん、私はこの子を産んで早くこの子に会いたいんだ!だから痛みを受け入れてみよう、と。
陣痛がどんな風に起こっていくのか、痛みとどう付き合えばいいのかなどなど
ネットで検索しては、様々な情報を読み漁りました。
出産した人の体験談とか、無痛分娩の予定だったのに自然分娩になっちゃった人の体験談、
ものすごく沢山読んだと思います。
何とか、前向きにやっていく気持ちは高まりましたが、まだ心のどこかで「痛いのイヤだ」と声がするw

38週目に入ったその日、これは陣痛だ…と思える痛みが下腹部に走りました。
何となく、20分間隔で痛みがあるような感じで、念のため時間をメモして、急いで食事を取ったり
ボストンバッグに支度してる荷物をチェックしたり、夫にも連絡したり。
でも、1時間ちょっと続いたあと、すっかり痛みが遠のいて消えてしまいました。
前駆陣痛と呼ばれるものか、または単にお腹が張って痛くなっただけかもしれません。
この日、痛いのが怖くてダメダメな私がはじめて「もっと痛くなれ。痛みよ来い!」と思いました。
お腹を壊しただけでトイレでボロボロ泣くのに、お腹が痛いのを喜んでるなんて。
私は強くなったんだな、大丈夫だな、と実感しました。
強くなったというよりは、優しくなれたのかな?自分が痛いのがイヤだということだけに注目せずに
お腹の中の赤ちゃんも生まれてくる時は苦しくて、二人で一緒にがんばるんだ!と思えた。
そのことがとても嬉しくて、大きな自信になりました。

今日の健診で「無痛分娩はどうしますか?」と訊かれて、「お願いします」と答えました。
「でもお正月の間に陣痛来ちゃうかもしれないからね」と言われたときは
「その時はその時でがんばります」と答えました。
予定どおりに進めば助かるけれど、早く陣痛が来たらそれはそれで早く会えるから嬉しいな……
というのが素直な気持ちです。

日本全国の妊婦さんの大多数が、こんなこと、至極当たり前にやってることなのに
弱っちヘナチョコな私はこんなんですよ(笑)。
でも、この妊娠中に色んなことを学んで、母としてより強く優しくなれたから、いいんです。

まだ年賀状も全く書いてないし、赤ちゃんの退院時に着せようと思って編んでるベビードレスも
半分も編めていません。でも、焦る気持ちは全くなくて、何事も良いようになるだろうと思ってます。

産後は実家の援助を受けないため、グリーンコープの介護福祉事業を利用して
複数のヘルパーさんに、赤ちゃんの沐浴や簡単な家事、そしてはやとのお迎え代行をお願いします。
臨月に入ってからすでに車の運転を控えていたので、はやとのお迎えについては
すでにヘルパーさんたちのお世話になっています。
ヘルパーさんたちは決まりで自分たちの車を使ってはいけないことになってるので
ウチの家からはやとの学校までの往復をタクシーを利用してもらってます。
タクシーを使うなら、私が自分で行けばいいんじゃない?とも考えましたけど
産後はそういうワケにもいかないので、慣らしのためと、あと、遠慮せずに頼れる人には
頼ってしまう方が私が心身ともに健全でいられると思うので、無理せず頼っちゃってます。
本当にありがたいです。

私自身の体重も妊娠前から8.5キロほど増加して、お腹もすごく大きく重いので
この頃は歩くスピードも遅くて、一緒に歩いてるはやとに置いてかれては「待って〜」と
必死について行ってます。お腹も時々張って少し痛くなるけど元気。
はやとは楽しい冬休みですし、夫も明日から冬休み。明日も明後日も出掛ける予定ですよ!

本当はまだまだ書きたいネタが溜まってるんだけど、これが今年最後のブログになるかもですね。
みなさん、よい年末年始をお過ごしください。
私は元気に赤ちゃん産んで来ます!


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

思い出の写真、プリントして残してますか? - 2014.12.27 Sat




【写真をプリントで残してますか?】

去年の年末から今年夏までの思い出を、まとめてプリント注文しました。
半年に一度まとめてやるんだけど、今年はズボラーしてしまった。
ちなみに秋以降の写真は、まだ未現像のままデータとしてパソコンに
入ったままです…(>_<)

何かの時、災害の時とか、突然電気が使えなくなった時
パソコンやCDにデータのまま保存してたら、何も思い出が残らない。
家族で見返す機会もほとんど無い。
みんなでパソコンの画面で見る…というのもアリですが
わざわざそういう機会ってなかなか作れないものです。
そして、人間とは不思議。紙で残ってる写真となると、時々棚から
取り出して眺めたりして、そこに家族が自然と集まってきて
思い出話が咲いたりするんです。

我が家ではプリントした写真をアルバムに綴じて、よく写真を見返しています。
上に書いたように、わざわざ機会を作るのではなく
自然とそういう動きになってしまう結果で、とても豊かな時間です。
アルバムは、今流行りのデコレーションなんて一切しない
安売り店で売ってるA4のフツーのポケットアルバムに
ひたすら写真を日付順に入れていっただけのものです。
コメントやタイトルすら、無し。ズボラーな自分のことは理解しています 笑
ただ一つ、プリント注文する時に、日付を入れてもらってます。
作品としてプリントする写真なら日付は邪魔ですが、思い出写真には
日付が入っていると便利です。

大切な思い出は、プリントして残すことをお勧めしますよ!

カメラのキタ??ラは、どこにでも店舗があって便利ですが
プリントの仕上がり色があまり綺麗でなく、しかも高い!
ウチはvivipriというネットプリントサービスを利用しています。
今回、キャンペーンを利用して、100枚くらいプリントしてもらい
送料込みで、600円ほどでした。
写真屋の目から見ても、仕上がり色がとても綺麗!!
実店舗がない分、経費削減ができてて、品質向上にちゃんとお金が
使われているのだと推測します。

vivipri で検索したら、すぐ出てきますので、見てみてくださいね。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

衆議院選挙2014の翌朝 ~General Election 2014 in Japan~ - 2014.12.15 Mon

自民党が圧勝した翌朝の、私の呟き。

「日本の終焉を感じる朝。でも、もうとっくに沈んでいたのかもしれない。
平和ボケしてたのは私自身だったのかも。緒方氏の復活当選という一筋の光。
夫と子供たちとの生活を守るために、準備と情報収集と自己研鑽をさらにさらに……。
今日も雑事を片付けながらBBC放送に耳を傾けてみる」

I'm devastated. I feel like we're no longer living in a democratic country. I have to admit that
this result is my fault, we all are to blame on this situstion. We have mouth to speak but didn't use it: the lowest turnover of 52.2 percent in this election shows the truth.

However, I don't wanna believe this is where I was born and I'm living in right now.
Something's wrong. Invisible monsters are wriggling underground, and our present prime minister
has their control. I'm afraid he wouldl build up army and mislead us into the darkness.
I don't want it happen. I know most of us, at least most of the people around me, don't neither.

I am sorry to all the friends all over the world, esp. ones in Asian countries.

I wanna first protect my life with my loving family. I'll keep on doing what I can do.
I still have a mouth to speak, two eyes to watch, two ears to hear and listen to, two legs to move on,
and a brain to carefully think over and distinguish what is right.
Hope everyone to make full use of these to get through this.

英文、敢えて和訳しません。
気になる方は、辞書を引いて読んでくださいね。

沈んでしまった船の中でも、私たちは生きている。
明るい方向を見続けて、良心を失わず、家族との時間を大切に、シンプルに生きていこう。

Even in the ship which had already sunk, we are still alive.
Let's live our lives looking at the brighter side with honest and fair hearts with our families.
Be simple.


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

はやとが伝えたかったこと 〜自閉っ子の成長キロク〜 - 2014.12.11 Thu

201402_donuthaya.jpg

昨日の夕方、放課後ディサービスに迎えに行って帰る途中の車の中
はやとの様子が突然おかしくなりました。
涙で目をウルウルさせて後ろを指差して「オレンジ、バス」と言っています。
「オレンジ、バス」というのはスクールバスのことです。後ろを振り返って指差しているのは、
今向かっている方角と真逆の方角へ行きたいという意思表示です。でも、それが理解できても、
何を伝えようとしているのか私には分かりません。

分からないまま自宅に到着して、車から降りると、涙をポロポロこぼしながら
「チョコレート、アイス」と言っています。様子から、単にチョコレートアイスを食べたい…という
意味ではないことは分かりますが、やっぱり何を私に伝えようとしてるのか分かりません。
そこで、根気よく聞き出すことにしました。

「どこに行きたいの?」
「何が食べたいの?」
「学校で何かあったの?」

こういう単純な質問を、はやとは理解できません。
オウム返しに「どこにいきたいの?」と繰り返すだけです。
ああ…この単純な質問を理解して答える能力をつけさせる方法を、私は何となく知ってて
数ヶ月前から実行しようと「to do リスト」に書いたまま、未実行のまま(>_<)

「はやと、どうしたの?」
「ちーちゃん(私の呼び名)にお願いしてごらん」

と優しく言葉をかけて、何でも言っていいんだよ〜〜というオーラを精一杯発生させても
はやとは涙をぽろぽろ零しながら車を指差し続けるだけ。
とりあえず、車に乗りたいのかな?と思い、車に乗ってみました。
そして、「今からどこに行こうか?」と問いかけて、その回答例として「アイスクリーム屋さん」
「お店(カフェ等のこと)」「学校」などなどの言葉を並べてみました。
すると、蚊の鳴くような小さな声で「はいしゃさん……」と呟いて
エーンエーンと泣いてしまいました。

これで分かりました!
今日は放課後ディサービスの後、歯医者さんに行く予定なんだと、はやとは思い込んでいたんです。
この思い込みは、完全に私のせいです。。。前日、はやとに「明後日の予定」として
「歯医者に行く」ことを説明していたのですが、はやとには、まだ「明後日」という概念が薄くて
未来のことはすべて明日起こることだと認識してしまいがちです。
しかも、大抵の予定はホワイトボードのカレンダーに書き出してあるのに、歯医者さんの予定は
口頭で伝えただけで書いていませんでした。

「チョコレート、アイス」という言葉は、歯の治療を頑張った後にご褒美でチョコレートアイスを
食べに行ったことがあるから。車の中で進行方向と逆の方向を指差していましたが、その方角に
歯医者さんがあります。スクールバスのことを言及したことは、よく意味が分かりません。

「ごめんね、はやと。歯医者さんに行くのは明日なんだよ。今日は、歯医者さんには、行きません」と
説明すると、分かってくれた様子。はやとは「ごめんね」を言われる意味が分かっていないので
自分の口からも「ごめんね」をオウム返しして、そのまま車に常備している膝掛けを頭からかぶって
私に泣き顔を見られないようにして、しばらくシクシクと泣いていました。
私に言いたい事が伝わった嬉しさと、予定変更をなかなか受け入れられない心のモヤモヤと
色んな感情が入り交じってのことだと思います。

ここまで、帰宅してから30分かかりました。
以前は1時間以上かけてもなかなかはやとの気持ちを汲み取れないこともあったので
早くなった方だとは思うけど、これは、早くこういうやり取りを効率化して、はやとの気持ちを
楽にするためのツールを作らなきゃいけない…と痛感。
私の勉強ばかり優先してる場合じゃなかった。本当に反省した昨日の夜でした。

昨夜はその後、やはりチョコレート・アイスは食べたいらしいので、
もう夕飯の時間だったけど、サーティーワンに連れて行きましたよ(*^^*)
しばらくは悲しみの余韻でボーっとしてたけど、アイスを食べ終わる頃には笑顔が戻って
夕飯の時間が後ろ倒しになったせいで寝る時間は遅くなったけど、満足そうな笑顔を見せながら
スーっと眠りました。今朝も目覚めが良くご機嫌。

妹が生まれたら、そんなつもりはなくても、はやとを後回しにしてしまう場面が増えると思う。
その後のいろいろなこと、しっかり準備しないといけませんね〜〜(@_@)
娘の退院時のベビードレスも編み上がりが間に合うかどうか分からないのに(笑)。
かーちゃん、がんばる!


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

攻めの人生の始まりは穏やかに - 2014.12.10 Wed




写真は、昨日買い物に行ったIKEAでの食事。
ヨーロッパのジャガイモの調理法の豊富さが大好きです。
ソースの豊富さ美味しさも大好き。

引っ越しの買い物も、ほぼ終わりかな?
10代までに3回、20代で10回以上、30代でも5回以上引っ越しを経験してるけど
もう、この人生において、引っ越しはあと1回だけにしたいなーと思うこの頃。
だから、慎重に将来のことを設計しなくちゃなー。
こんな風に考えられるような、穏やかなフェーズを迎えられた事が、とても嬉しい。
穏やかなフェーズではあるけれど、今からが
本当の意味で攻めの人生の始まりなのです。

攻めるからって気を高ぶらせてばかりでなく、戦陣において
瞑想ができる余裕こそが大事なんだなぁ……と、今は分かる。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。NMphotography.+nicola cafeを夫と経営。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (162)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Latest post

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly archives

Comments

Search

RSS links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。