topimage

2014-12

臨月のつれづれ日記 - 2014.12.29 Mon

maternity_forblog.jpg

写真はご覧のとおり、大きくなっていく私のお腹を自撮りしたものです。
向いてる方向が一定じゃないから、ちょっと分かりづらいですねw
夫にも、月に1度ずつきちんとしたマタニティ・フォトを撮ってもらっているんですけど
Instagramで見つけた、この「** Weeks」っていうカードを持って写るやつを
どーしてもやってみたかったので、自撮りでコツコツやりました。

さて。ただいま妊娠38週目、臨月の後半に入っていよいよ出産を迎えるばかりになりました。
臨月に入ってすぐ、いろいろ思うことがあってブログを書こうと思ってたのに
動けるうちに会っておきたい人、行っておきたい場所など、欲張っていたら
あっという間に年末モード。息子の懇談会やらクリスマス、母の誕生日、大掃除、入院準備。
本当の本当に年の瀬、出産間近となってしまいました。

今日、出産する予定の産院は年内最後の診療日で、妊婦さんや新生児を抱えた新ママさんたちで
ごった返していました。座る場所どころか立って待つ場所にも困るくらい。
その間にも出産で席を外す先生がいたり、看護師さん助産師さんもたーいへん!
2時間待った末にやっと先生に診ていただけました。
私はいいんだけど……一緒に付いて来てくれた息子・はやと、よく辛抱してくれました!

お腹の赤ちゃんは推定体重が2700gほどに大きくなり、よく動くしとても元気(*^^*)
すでに、はやとが生まれた時の体重を超えてしまいました。
FB友達にいただいた言葉のおかげで、もう出産に対する恐怖や不安はほとんどないですが
やっぱり年齢のこともあるし、体への負担をなるべく軽減したいので、
このまま何も緊急のことがなければ、年明け診療開始日には入院し、計画的に無痛分娩予定です。
無痛とは言っても本当に痛みが無いわけではなくて、痛みを1/3程度に緩和してくれるもの。
陣痛開始すぐに麻酔を入れてしまうと、お産の進行を妨げてしまうので
最初はちゃーんと陣痛を経験するのです。はやとの時は、その初期の陣痛が25時間にも及んで
これのどこが無痛分娩?!という感じでしたけど(笑)。

36週目の妊婦健診の時だったと思います。待合室で名前が呼ばれるのを待っている間に
まさに陣痛に耐えながら旦那さんに支えられるようにして入って来られた妊婦さんがいました。
受付で手続きしながらも、時々寄せてくる陣痛の波に苦渋の表情を浮かべたり、しゃがみ込んだり。
それを見て、すごく怖くなって不安になって、密かに泣いてしまいました。
どんどん不安が押し寄せてきて、痛いのいやだ、私に耐えられるだろうか…と。
その気持ちを払拭したくて、わざと夫に「赤ちゃん産むのが怖くなった」と伝えてみたら
少し気持ちが軽くなって、また前向きな気持ちが戻ってきました。

37週目の健診では、もういつ陣痛が来てもおかしくないと言われ、また不安な気持ちに。
でも今度はすぐに不安は消え去って、覚悟に変わりました。
うん、私はこの子を産んで早くこの子に会いたいんだ!だから痛みを受け入れてみよう、と。
陣痛がどんな風に起こっていくのか、痛みとどう付き合えばいいのかなどなど
ネットで検索しては、様々な情報を読み漁りました。
出産した人の体験談とか、無痛分娩の予定だったのに自然分娩になっちゃった人の体験談、
ものすごく沢山読んだと思います。
何とか、前向きにやっていく気持ちは高まりましたが、まだ心のどこかで「痛いのイヤだ」と声がするw

38週目に入ったその日、これは陣痛だ…と思える痛みが下腹部に走りました。
何となく、20分間隔で痛みがあるような感じで、念のため時間をメモして、急いで食事を取ったり
ボストンバッグに支度してる荷物をチェックしたり、夫にも連絡したり。
でも、1時間ちょっと続いたあと、すっかり痛みが遠のいて消えてしまいました。
前駆陣痛と呼ばれるものか、または単にお腹が張って痛くなっただけかもしれません。
この日、痛いのが怖くてダメダメな私がはじめて「もっと痛くなれ。痛みよ来い!」と思いました。
お腹を壊しただけでトイレでボロボロ泣くのに、お腹が痛いのを喜んでるなんて。
私は強くなったんだな、大丈夫だな、と実感しました。
強くなったというよりは、優しくなれたのかな?自分が痛いのがイヤだということだけに注目せずに
お腹の中の赤ちゃんも生まれてくる時は苦しくて、二人で一緒にがんばるんだ!と思えた。
そのことがとても嬉しくて、大きな自信になりました。

今日の健診で「無痛分娩はどうしますか?」と訊かれて、「お願いします」と答えました。
「でもお正月の間に陣痛来ちゃうかもしれないからね」と言われたときは
「その時はその時でがんばります」と答えました。
予定どおりに進めば助かるけれど、早く陣痛が来たらそれはそれで早く会えるから嬉しいな……
というのが素直な気持ちです。

日本全国の妊婦さんの大多数が、こんなこと、至極当たり前にやってることなのに
弱っちヘナチョコな私はこんなんですよ(笑)。
でも、この妊娠中に色んなことを学んで、母としてより強く優しくなれたから、いいんです。

まだ年賀状も全く書いてないし、赤ちゃんの退院時に着せようと思って編んでるベビードレスも
半分も編めていません。でも、焦る気持ちは全くなくて、何事も良いようになるだろうと思ってます。

産後は実家の援助を受けないため、グリーンコープの介護福祉事業を利用して
複数のヘルパーさんに、赤ちゃんの沐浴や簡単な家事、そしてはやとのお迎え代行をお願いします。
臨月に入ってからすでに車の運転を控えていたので、はやとのお迎えについては
すでにヘルパーさんたちのお世話になっています。
ヘルパーさんたちは決まりで自分たちの車を使ってはいけないことになってるので
ウチの家からはやとの学校までの往復をタクシーを利用してもらってます。
タクシーを使うなら、私が自分で行けばいいんじゃない?とも考えましたけど
産後はそういうワケにもいかないので、慣らしのためと、あと、遠慮せずに頼れる人には
頼ってしまう方が私が心身ともに健全でいられると思うので、無理せず頼っちゃってます。
本当にありがたいです。

私自身の体重も妊娠前から8.5キロほど増加して、お腹もすごく大きく重いので
この頃は歩くスピードも遅くて、一緒に歩いてるはやとに置いてかれては「待って〜」と
必死について行ってます。お腹も時々張って少し痛くなるけど元気。
はやとは楽しい冬休みですし、夫も明日から冬休み。明日も明後日も出掛ける予定ですよ!

本当はまだまだ書きたいネタが溜まってるんだけど、これが今年最後のブログになるかもですね。
みなさん、よい年末年始をお過ごしください。
私は元気に赤ちゃん産んで来ます!



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (221)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (13)
前向きな躁うつ病日記 (16)
学び/coursera (9)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links