topimage

2015-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40代は、惑う。50代は、ご自由。 - 2015.02.27 Fri

2015-02-26_40dai.png

昨日、こんな記事がシェアされていて、コメントするとともに自分のタイムラインでもシェアしたら
色んなコメントをいただいた。おおむね50歳前後の方々から、とても前向きなコメント。
*リンクされてた記事 >> 「ゼロになる40代」から「何でもできる50代」へ。

「40にして惑わず」なんていう言葉に焦りを感じていた30代終盤。
自分なりに準備していたつもりなのに、ぜんぜん上手くいかなくて、ハチャメチャなまま迎えた40代。
まだ夢は叶いそうにない。いや、でもある意味いくつかある夢の中の2つくらいは、叶ってる。
「夢」という存在のハードルがどんどん高くなっているのかな。
じゃあ、それって自分もどんどん高く飛べるようになってるんだから、良いことなんかな。

「50代はご自由」という言葉をはじめて見たのは、去年9月に家族写真を撮ってくださった
名古屋の三澤武彦さんから送られて来た納品物の中。同封されていたカード。
「50代はご自由だい!」というキャッチコピーとともに、魔法の帚で空を飛んでる三澤さんの姿(*^^*)
その後、50代の方々が同じような意味の言葉を発しているのを何度か見かけるようになって。

20代の頃は、40歳にもなれば生活は安定して、辿り着くべき場所にとっくに辿り着いて
ガツガツせずにどっかり腰を下ろして楽しく生きてるものだと思ってた。
今、まだ夢へ向かう道の途中で、何度も脱線したりパンクしたりで、到着がいつになるのか分からない。
20代の頃に想像していた40代と、今のリアルな40代。
考えてみれば、今の状況の方が何倍も楽しい人生だね(*^^*)
だから、きっとこれでイイのだ。

42歳にもなって赤ちゃんを産めるとは思ってなかった。
20代だった私が想像することすらできなかった、とてつもない奇跡のようなこと。
しっかり叶えてるやん!

だから、50代には、今の私が想像できいないような世界が広がってるんだろうなぁ。

こんな事を書いてると、まだ30代に入ったばかりの夫とのギャップを感じてしまうけど
うーん、年齢はごまかせない、本当なんだから仕方ない 笑。

私が思い描く50代の私は、こんなふう。
>>
 夫と2人で「ここならば!」という土地を見つけて、そこで小さな写真屋を営んでいる。
 Hayatoは社会人になり、お菓子やパンを作る作業所で楽しく働いている。
 私は写真屋の片隅でカフェを開き、手作りの焼き菓子やケーキを作って、お客さんたちとお喋り。
 そのカフェでは、Hayatoが働く作業所で作られたパンも販売してる。
 Yuiは、小学校の高学年になり、友達と遊んだり自分の時間を楽しんでる。
 私は夜になると、Yuiと夫に家のことを任せて、夜間大学へ。
 夜間大学ではMBA取得にむけて、刺激的な仲間たちと学びの時間を共有してる。
 夫とペアで写真撮影の仕事ができればなぁ…と夢見たこともあったけど、無理だった。
 でも、ピアノ弾き語りのレパートリーも増えて、オリジナル曲も書いて、
 時々自分の店や友達の店でライブをしてる。
 家族で暮らしている家は、写真屋とカフェと住居が一緒になっていて
 海や山が近くにあって、カメラを持ってお散歩するのに最適な静かなところ。夕日も見える。



そして、今朝になって、ウチの母親が50代で叶えたアメリカンドリームを思い出した。

2015-02-27_mamaamerica.png

そういえば、ウチの母も40代50代になっても「私の将来の夢はね…」って
いつも夢を語っていたような気がする。
古希を迎えた今でも、まだ行きたいところや食べたいものがいっぱいあるみたい(*^^*)
夢は人を元気にするね。
夢を食べて、今日も元気に行きましょう。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

私は歌い手なんです - 2015.02.26 Thu

201502_carpenters1.jpg

カーペンターズのピアノ弾き語り本を衝動的にamazonで購入しました。

購入ボタンを押した数日前に、私たちの地元・北九州出身の女性ロック・ヴォーカリストが亡くなりました。
シーナ&ロケッツの、シーナさん。Facebook友達に音楽関係が多いのと、同じ地元の方のことなので
亡くなられた2月14日からしばらくは、Facebookを開くたび、タイムラインがシーナさんの写真で
埋め尽くされていました。末期ガンがわかってからも、ずっとステージで歌い続けていたこと。
3人の娘さんの子育て中もブランクなく歌い続けて来られたこと。

実は、シーナさんの歌をはじめて聞いたのは去年のことで、Facebookでシェアされていた
『レモンティー』をyoutube再生してみたとき。その存在は知っていても、それだけのことで
毎年地元で開催されている高塔山ジャムに出演してるってことで、一度観てみたいなぁ…と思うだけで。
シーナさんの写真を毎日画面で眺めながら、たまにリンク先の記事を読みながら
私の潜在意識が刺激されてたんだろうね。

ふと
今、子供を育てることに精一杯で。
継続的な音楽活動は、5年以上前にストップしてしまっている。
ライブ出演は、2011年に北九州ミュージックフェスタに出演して小倉のコレット前で歌ったのが最後。
もう3年半も、何もできてないんだなぁ……
このまま、死ぬまで人前で歌うことが出来なかったりして……できなかったりして?

それはイヤだ!!!
私は歌う人なのに。

美味しいお菓子を作る。いつも写真を撮ってる。
でも、私って歌い手なんだよ。

ついこの間、音楽を通して知り合った友達が遊びに来てくれた。
お互いに同じ時期に妊娠して、同い年の子供を出産して、同じく歌い手活動をしばらく休んでいる状態。
その友達と、シーナさんの話になって。
「ずっと歌い続けてきたって、すごいよね」
「私だって、歌い手なんだし、歌ってるときが一番本当の自分なのに
私が歌う人だってことを知らない人が増えていく。。。」
と、お互いに全く同じ気持ちを抱えていることを知った。

彼女の場合、細々とでもウクレレを弾きながら歌を唄ってる。

私は、去年、第一歩を踏み出すためにピアノを買ってもらった。
当初の予定、自分のオリジナル曲をピアノでアレンジできるように、コード弾きを身に付けて
アレンジして弾き語りをするんだ…と。
でも、これでは実現するのに時間がかかりすぎるし、難易度が高くてすでにテンション下がり気味w

それで、こないだカーペンターズのピアノ弾き語り本を衝動買いしたんだ。
"Yesterday Once More"のページを開いて、弾いてみる。
歌声を乗せてみる。
鳥肌が立った。
ああ、歌を唄ってる私がいちばん私だなぁって思って、とても嬉しかった。

201502_carpenters2.jpg

そこで早速問題発生。楽譜が読めないんです!
右手のパート、楽譜上段のト音記号の楽譜すら、「ド」の位置から一つ一つ数えないと音階が
取れない状態だというのに、左手のパートの下段、ヘ音記号の楽譜となると、全くサッパリ読めなくてww
30年のブランクを経て、ここまで落ちてしまいました 笑
たった今、ヘ音記号の楽譜の読み方…なんていうページを見付けたので、後でじっくり読まなきゃ!
楽譜が読めないのは、実は現役時代からのこと。
いつも先生に新しい楽譜をもらうと、耳コピしたほうが早いので、先生に一度弾いてもらってから
その音の記憶を頼りに楽譜を参照しながら弾いていた。

私のピアノ全盛期、小学3年生の頃、音楽の教科書にあるどの曲をリクエストされても
さっとその場で即興でピアノ伴奏をつけることができてた。
毎日朝の会で、みんなのリクエストに答えて弾いて、みんなの歌声が乗ってくることに幸せを感じてた。
あの頃のような自由なピアニストには戻れないかもしれないけど
ピアノの伴奏に歌声を乗せるという、この感動。
あの頃は、まだ「歌い手」ではなくて「小さなピアニスト」だった。
今は、「歌い手」として、ピアニストを志していた頃の名残の両手指を頼りにしながら
またみんなの前で歌を披露出来る日を夢見てる。

まだYuiに手がかかるし、Hayatoのビミョーな心模様にも気を配らなきゃいけなくて
なかなか時間は取れそうにないけれど。少しずつ、ピアノと仲良くなっていきたい♪
今年中に叶うのか、来年なのか、必ずやピアノ弾き語りの小さなライブを実現します。

*2011年cafe nonon でのチャリティーライブの様子がyoutubeで観れます >> コチラ


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

Hayatoのこと。 - 2015.02.19 Thu

20150214_hayatos.jpeg

少し前に「兄妹.」という記事を書きました。
あれからしばらく経った今、唯一抱えている悩みが、Hayatoのことです。
突然、お兄ちゃんになったHayato。当たり前ですが、かなりのストレスを抱えています。
Yuiが生まれる前は、周囲の友人知人などの体験談などと聞きながら
Hayatoの赤ちゃん返りの心配をしていたものですが、ちょっと、心配がズレていたみたい。
Hayatoはもうすぐ10歳になります。もう思春期にさしかかる年齢と言えるのかな?

赤ちゃん返りはありませんでした。でも、微妙な年齢に独特な、複雑な感情を抱えているようです。
性格だったり、多少は自閉症っていうこともあるのかな?
Hayatoは昔っから、感情を表に出すのがとても苦手。
乳幼児の頃は、手がかからなくて本当に育てるのがラクだと思っていました。
が、実は、心の中で色々なことを、上手く吐き出せないままに抱え込んでいたんです。
5歳くらいまでのHayatoは、あんまり笑っている写真がありません。
笑わないクールな子…なんて思ってたけど、色んなことを頭の中で抱えて笑えなかったんだね。
療育センターや色々な方からの勧めで、ひまわり学園(知的障害児の幼稚園みたいな施設)に
通い出してから、専門家の方々の助けを得ながらどんどん笑顔が増えていったHayato。

イヤイヤ期も、まったく無し。
何事にもイヤと言わないのは、言う方法を知らなかったから。
「イヤ!」と言い始めたときは、先生たちや私や夫、みんなで大喜びしました。

今のHayatoは、なんだか妙に良い子。
かと思えば、ものすごく荒れて暴力的な行動に出たり
また別のときには、1人で床に突っ伏してシクシク泣いていたり。
学校では、全校集会などの時に大声を出すのが止まらなかったりと、落ち着かない様子だそう。

あと、Hayatoが子供から大人への成長段階に入ろうとしていることもあり、ちょっと親離れを
し始めている様子もあり、親としては前みたいにベタベタできなくて寂しいというのもあったり。
親にとってもHayato自身にとっても、乗り越えなければならない時期のようです。

そうそう説明し忘れるところでしたが、冒頭の写真は先週の週末。
まだ生まれたばかりのYuiと、体調が回復しない私のせいで、週末になっても
外出できず家にとじこもりっきりだったのが、先週末は、久しぶりに軽いドライブへ。
本当にご近所をぐるっと回って、コンビニに寄ってお菓子を買って食べた程度なんですが
Hayatoにとっては久しぶりで、ものすごく嬉しそう。写真のような満面の笑顔にとどまらず
コンビニの前で飛んだり跳ねたり踊ったりしていました 笑。
こんな風に、少しずつ前みたいに一緒に出掛けたり遊んだりして触れ合っていくことで
ストレスが緩和されてくれるといいな〜。

2人3人と子育てされている友人知人のアドバイスや、学校の先生、助産師さん保健士さんなど
幸い相談できる相手には恵まれているので、普段の接し方などを含めイロイロと試行錯誤しながら
ちょっとずつ乗り越えていければなぁ。
悩みとはいっても、そんなに深刻に思い詰めているというワケでもなく。
またその後の経過なども書いていこうと思います(*^^*)


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

一ヶ月健診を終えて - 2015.02.15 Sun

IMG_2664.jpg

一昨日、Yuiを出産した産院で一ヶ月健診を終えました。
出産からおよそ一ヶ月経過後に、赤ちゃんが問題なく成長しているか、母親の体は順調に
回復しているか、先生にチェックしてもらうのが一ヶ月健診です。
一ヶ月健診で問題なければ、シャワーだけじゃなくお風呂にゆっくり浸かることができるし
外出もできるようになるので、待ちに待った一ヶ月健診。

Yuiは出生体重2668gから、3400gにまで成長。
私の体もほぼ元に戻りつつあるとのことで、お風呂・外出ともにOKいただきました。

↓の写真、上は退院した1月11日。下は2月12日。
大きさの違い、分かりづらいですねww でも、大きくなってます!
yui_050111_212.jpg

退院してから。
生まれて間もないYuiを連れて自宅での生活がスタートしてから、今までのことが
走馬灯のように頭をめぐりました。

普通にハードな仕事をこなしながらも、夫がスーパーワーキング主夫と化して
フラフラになりながらYuiの沐浴、夕飯の支度、片付け、掃除などをしてくれたこと。
夜中に何度も泣いて起きるYuiのお世話にバタバタして。
目を覚ましたHayatoが軽くパニックになったり、寝不足のせいで不安定になったり。

Yuiは体重の増え方がイマイチで、退院後は一週間まったく増えるどころか少し減っていて
何度も産院の育児サロンに通っては栄養指導を受けたこと。
寝不足で体調もよくないのに産院に何度も通うのがキツかったり、母乳が足りてないから
ミルクを足すようにと言われて、女として私は欠陥品なんだ…とショックで泣いたり。
(本当は、欠陥品なんかじゃなく、何ひとつ私のせいでは無いことは頭で分かってても)

古い慣習になんか惑わされないはずの私が、何故か「産後21日でお床上げ」の慣習に従おうとして
産後21日目から、さあ!普通の生活に戻す!と、家事を頑張りすぎて、崩れてしまったこと。
何一つ、体調なんて回復してないし、家事を再開するなんて無理だし、
久しぶりに外の空気を吸いたいけど、そんな元気なんか出ないし、眠くて仕方がなくて
Yuiを抱っこするのも、Hayatoの相手をするのも、精一杯で、涙が止まらなかったこと。

いっぱいいっぱいになってる私を見て、Hayatoも目を真っ赤にして泣いてたこと。

夫にSOSのメールをしたら、早くに帰って来てくれて、ホッと力が抜けて泣いたこと。

あーあ、こんな湿っぽい記事を書くつもりじゃなかったのに
今、産後のいちばん辛い時期を乗り越えた今だから、書けること。書いてしまったw
体力的にいちばんキツい時期は、乗り越えました。

数日前から、少しずつ外出する機会も増えた。
Hayatoのマラソン大会もあったしね!家族みんなで、マラソン大得意なHayatoの勇姿を見に
応援しに行きましたよ!
その帰りには、一ヶ月ちょいぶりの外食をしたり。
そのHayatoは、私がいつもテンパっているせいで、ストレスを溜めてた。
週末になっても、夫はいつもどおり仕事で不在だし、私は赤ちゃんのお世話で手一杯で
まだ外出なんてできないから、遊びたい盛りのHayatoを外に連れ出してやることもできず。

昨日、久しぶりにHayatoを連れてご近所ドライブ。
本当に近場をぐるぐるっと回って、コンビニに寄ってお菓子を買って食べて。
そんな簡単な外出に大喜びのHayato。
今日は、Hayato御用達のセロテープを買いに、コストコまで。
お買い物ついでにホットドッグを食べて、満面の笑顔にとどまらず、飛び跳ねて喜んでるHayato。

うん、なんだか日常が戻ってきてる(*^^*)
お利口さんのYuiは、昨日の夜中に一度も起きることなく、私はぐっすり眠れた。
まぁ、それは多分今日たまたまのことで、夜中の授乳はしばらく続くだろうけれど
それにも慣れて来て、寒い冬ももう少しで終わりが見えるでしょう。

さあ、Yuiがお昼寝から起きて泣き出しました 笑
今日のブログはこの辺りにて。
書きたいことも、写真も、いっぱい溜まってるけど、またボチボチ書いていきます。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

結婚記念日でした - 2015.02.06 Fri

IMG_1475.jpg

もう3日も過ぎてしまいましたが、3日の節分の日は、私たちの結婚記念日でした。
もう10年くらいは一緒にいるような感覚ですが、結婚3周年でした。
4年前の元旦にプロポーズを受けたとき、車を運転中で、どこの交差点に差し掛かるときで
何時くらいだったのか、その後どこに向かって、感激して泣いて……と、鮮明に覚えています。

子供を産むと、子供に愛情を持って行かれて夫は寂しい……なんて、よく聞きますけど
ウチの場合はそんなことは一切なく、逆に子供を産んでますます夫への愛情が高まったほど。
陣痛で苦しんでる時に、声をかけてくれたり、手を握っていてくれたこと、
産後もお互いに寝不足で大変な思いをしながら、彼は相変わらずハードな仕事をしてるのに
私のことを気遣っていつもより早めに帰って来てくれて、家事は俺の仕事!とばかりに
ヘトヘトになるまで家事に奮闘して。
夫のことは世界一の男だなーとは常々思っていましたが、その確信はより強く。

まだ娘が生まれて1ヶ月。昼夜逆転で夜には寝れず、昼間は軽い家事をしながら
雑用もありつつ、昼寝をして何とか体力を温存して…という、まだ大変な状態ですが
結婚記念日には夫への感謝を表わしたい〜!と思っていました。
私とはやとが、生クリームのケーキをあんまり食べないので、イチゴと生クリームのケーキが
大好きな夫は、なかなかそんなケーキを食べる機会に恵まれない。
結婚記念日には生クリームたっぷりのイチゴケーキを、メッセージ付きで、予約しよう!

……そういう想いだけはありましたが、思うように体調が回復せず、無理でした(T_T)

でも、ちょうど夫の仕事が休みの日。
はやとを学校に迎えに行ってから、みんなでケーキを買いに行きました♪♪

八幡西区北筑にある『ル・パティシエ マツオ』。
ここのケーキは添加物の匂いがしなくて、優しくて美味しい。
生クリームとスポンジが苦手な私だけど、ここのケーキならば食べられる!
予約はしていなかったけど、ショーケースにはホールケーキがいくつか並んでいました。
生クリームたっぷりのホールケーキを指差して、はやとが「こっち〜!!」とアピール。
うんうん、そのケーキにする予定だけれど、ちょっとサイズが大きすぎるかな?
食べきれるか心配……と、お店の方に小さめのものはありませんか?と尋ねると
その場で10分ほどで、小さめのスポンジにデコレーションをしれくれました。
記念日のメッセージも付けてくれて、嬉しかった(*^^*)

夕飯はご馳走を作りたいところですが、なんせまだ体調が万全じゃないワタシ。
食材配達のヨシケイのレシピどおりの、フツーの質素な晩ご飯。
でも、普段は夫の帰宅時間がまちまちで、なかなか全員揃うことってないから
みんなで一緒に食卓を囲むだけでもとても楽しかった。
優衣も、いただきま〜すのタイミングに合わせて泣き出して、食卓についた私に抱かれて
みんなと同じ場所でおっぱいを吸っていました。

IMG_1479-2.jpg

記念日といえば、写真撮影!
我が家のダイニングはあいにく照明環境がイマイチで…そのまま撮影するには難あり。
なので、夫がささっとライティングを組んでの撮影。
ケーキが目の前にあるのになかなか食べられなくて、イライラしていたはやと。
よく頑張ったね 笑。

IMG_1480.jpg

はやとには、誕生日とか記念日とかクリスマスとか、あまり区別がついていないので
ホールケーキがあると、それは自分がハッピーバースディを歌ってロウソクの火を消す日だ!と
思い込んでいます。なので、結婚記念日だけど、ハッピーバースディ。

ケーキは本当に美味しくて、かなり大きめにカットして取り分けたにもかかわらず
全員がおかわり!しました。翌日には1切れしか残らなくて、あっという間に売り切れました。
その日はまだ産後1ヶ月にもなっていなくて、私も思うように体調が戻らないこともあって
外出すること自体がものすごく久しぶりのこと。
ただ車に乗って近場を移動するだけのことなのに、何もかもがキラキラ輝いて見えて
はやとの学校にお迎えに行くのもウキウキ。担任の先生とも久しぶりにお話ができた。
チャイルドシートを設置して、優衣も一緒に4人で出掛けるのは初めてだったね。

また来年も、みんな元気で食卓を囲んでケーキが食べられますように。
次回は優衣も、ケーキ食べれるようになってるかな。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。NMphotography.+nicola cafeを夫と経営。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (162)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Latest post

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly archives

Comments

Search

RSS links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。