topimage

2015-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『母親の勝手な想い』 - 2015.09.23 Wed



泣かせたままで夕飯の支度をしていたら
ふと泣き止んで
おもむろにマグを抱えてお茶をゴクゴク
おっぱい飲む回数が新生児なみ!とか
離乳を進めたい、とか言ってたのに
いざ授乳回数が減ってくると
寂しい……とか言いだす、ワタシ。

オモチャにしかなってなかった
ストローマグが
いつの間にか実用品として活躍。

あんま食べてくれんー、とか
悩んでる、今は、幸せなのかも。
1年後には、もう立派に食べてるはずだもんね。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Yui, 生後8ヶ月になりました - 2015.09.07 Mon

201508_yui_nude.jpg

昨日、Yuiが生後8ヶ月になりました。
Hayatoが赤ちゃんの頃の経験から、生後6ヶ月を過ぎればお座りもできるし
ひとり遊びもするようになって、手がかからなくなって、私も自分の活動ができるはず……
……と予測して、アレコレと始動する計画をしていたのですが……計画倒れ。
Yuiは生後半年を過ぎて、さらにさらに、月を追うごとに手がかかるお嬢様に育っています。

四六時中わたしの抱っこを求め、ちょっと家事をするのに床に座らせただけで
世界で一番かわいそうなお姫様のように泣き崩れ、すぐ隣に座って何か作業をしようにも
私にすがり付いてきて、胸の中に顔をうずめてグフグフと笑い声を立てたり(可愛いw)
髪の毛を引っ張りながらつかまり立ちをして、フラフラと倒れそうになったりするので
全くといっていいほど、Yuiと一緒にいる間は何もできません 笑笑。
(トイレに行くのもYuiを抱っこしたままなんだぞーーー)

ここまで娘に好かれるものだとは。
この人生において、ここまで誰かに必要とされたことがあっただろうか。
ものすごーーーく大変ですが、それでも、娘可愛さは増すばかり、幸せなことなんだと思います。

Hayatoが赤ちゃんの頃は、6ヶ月を過ぎた頃からハイハイで移動をし始めて
ほどなくつかまり立ち、そしてひとり遊びを始めました。
人見知りはせず、後追いもなく、誰に抱っこされてもOKで、私が見えないところに行ってもOK。
それどころか、抱っこをされるのが嫌いで、夜は部屋に一人で置いておかないと不機嫌になり
誰もいない部屋でひとり、笑い声をあげて遊び、ひとりで眠っていました。
やー、今から思えば、これは紛れもない自閉症児そのものですね(笑)!
当時は、なんて手がかからない良い子なんだろう!なんて思っていたものです。
自閉っ子の特徴だったんだんてね。おかげで、今、Hayatoは大変手がかかっておりますが
まぁ、知能は低くコミュニケーションは困難なものの、Yuiに比べれば精神年齢も高く
ほぼ身の回りのことはひとりでできるので、お利口さんなものです。

そして、最近気付いたのです。
Hayatoは意思表示が苦手だから、ちゃんと表現はしないものの
私を後追いすることなく、私と離れて過ごしてもOKではあったものの
心の中では、Yuiが抱いているのと同じだけ、私のことを欲してくれていたんではないかということ。
彼は彼なりに、私のことを好きだーって思ってくれていた、今もきっとそうなんだと思うと
胸がキューンとなります。

話がHayatoのことに逸れましたが。
Yui、生後8ヶ月。
先日7ヶ月健診に行ってきたところ、身長63cmとチビチビちゃん。体重は7.5kgと標準ど真ん中。
離乳食もほとんど食べず、おっぱいだけ飲んで育っているのに、チビデブちゃんです。

半月ほど前につかまり立ちを覚え、すぐにズリバイで(本気を出せば)部屋の隅から隅へと移動し始め、
ハイハイの姿勢からひとりでお座りすることも出来るみたい。
毎日毎日異常なまでの執念で、あらゆる条件でのつかまり立ちにも果敢に挑戦をし続けており
ズリバイで本気を出せばかなり移動できるにもかかわらず、移動にはあまり興味がなく、
とにかく「立ちたい!」という欲求を燃やし続けています。
ハイハイで移動するなんて、きっと、プライドが許さないんでしょう。
移動っつったら、立って歩くことじゃん?という声が聞こえます。

足腰が丈夫になってほしいから、できれば歩く前にハイハイで数ヶ月間過ごしてほしいんだけど
この様子だと、ひとり立ち→ひとり歩きが割りと早い段階でできてしまうんじゃないかと懸念してますw
ものすっごい観察眼がするどく手が早く、抱っこされながらも360度ぐるり視界をめぐらせて
可能な限りのいたずらをし尽くす毎日なのに、歩いて軽々と移動したらどうなるのか、想像するだに恐ろしいです。
とか言いながら、楽しみでもあります(*^^*)

一番の悩みは……やっぱり離乳食かな。
これもHayatoとの比較になってしまうけど、Hayatoは手が汚れるのが嫌いで(自閉っ子によくある特徴)
離乳食は口をアーン!と開けて待っている子で、口に入れれば何でも与えるだけよく食べる子でした。
教科書のお手本かのように離乳が進み、どんどん食べて、おっぱいの回数は減って
11ヶ月で卒乳したくらい。
今振り返ると、Hayatoは本当はおっぱい大好きだったけど、自閉なので意思表示できなかったんじゃないかと
思ったり思わなかったり。真相はわからないけれど。

それに比べてYuiさま。最初の1ヶ月間はなんとなく物珍しくて面白かったのか
トントン拍子で離乳食を食べてくれてたんだけど。慣れてきた2ヶ月目くらいから、自我が芽生えて。
スプーン拒否が始まりました。そう、スプーンを受け付けてくれない。
というか、食べさせてもらうという行為がイヤみたい。スプーンを近づけると、むんずとスプーンを握って
私から取り上げて、自分で口に入れようとして、外して、顔にお粥をぬりたくったり、
床にお粥爆弾を投下したり、食事の時間が大戦争に。どうしてだか、頭のてっぺんからつま先まで米粒だらけ。

201508_yui_eating.jpg

最初の頃は、まだ固形のものが食べられなかったのだけど、ある日、私がバゲットを食べていたら
Yuiに奪い取られて、食べられてしまって。
バゲットって硬いから絶対に食べるなんて無理でしょー?と思ったのに、意地で食べてしまった。
小松菜なんかも、繊維があって食べれないはずなのに、手づかみして口に入れて
意地で根気よくハミハミして、食べてしまう。

とにかく、自分の手で自らつかんで口に入れたものでないと、食べたくないらしい。
ま、自分の手がそんなに器用ではないことも知ってるので、私が手につかんでいる食べ物を
あたかも自分で食べているかのように、私の腕ごとガシっとつかんで自分の口に持って行って食べる……
……みたいなことは、多々あります 笑。

もう離乳食をはじめてから3ヶ月とちょっと。
そろそろ硬いものでもナントカ咀嚼して食べれるよーな雰囲気になってきたので
ぐちゃぐちゃ大戦争に付き合う気力がないときは、パン食で済ませたり。

201508_yui_eating1.jpg

パン食は、床とかテーブル、Yuiの頭のてっぺんからつま先までがぐちゃぐちゃになったりしないので
とっても平和で気楽です(*^^*)
まぁ、ここ最近は、お粥というものは手づかみでは食べるのは無理だ、私はスプーンは無理だとの自覚が
出てきたので、お粥でぐちゃぐちゃにするという以前に、お粥の存在を無視するようになりましたけど(・∀・)

離乳食のキロクと事細かにブログ記事として書こうかしら…なんて、以前つぶやいた気がします。
事細かにキロクするのは私の趣味なので、本当に毎日事細かに日記はつけているけれど
もう記事にすることはないでしょう。
今時期だと離乳食中期と行って、モグモグすることを覚えて、食事回数は1日2回ということだけど
もはやあまりに規格外なYuiなので、離乳食をまじめに進めることに疲れてしまって、
余裕のない日は離乳食なしでおっぱいだけ飲ませて過ごし、はたまた気が向いたり気分が乗ってる日には
朝に昼に夜にと3回食になることもあり。しかし内容は赤ちゃんせんべいのみ、とか、パンを2〜3欠片とか、
とてもいい加減なことになっています。
ベビーフードも一通り買い揃えはしたのだけど、月齢に沿った硬さのドロドロ状のものばかりなので
もはやYuiには見向きもされないので、使用されないまま勿体ないことになっています。
つかみ食べのベビーフードも発売してくれればいいのにー、って、切に願います。

おっぱいを飲む回数も、新生児の頃とほとんど変わらず、1日に7〜9回ほど。
なかなか離乳が進まないことで悩んでる〜!みたいにたまにFBなどに書いてみると
よく食べる子なんかでも、スプーンをちゃんと受け付けて食べてくれる子なんかでも
みんなそれぞれに大なり小なり悩みはあるものらしく、それぞれに大変なんだなーと気づきます。
そして、その大変さが我が子への愛情を増していくんですよね。

日中はとにかくいつでも私にぶら下がったままで、ちょっと床に座らせただけでむせび泣く。
夜中は2度3度と授乳で起こされるし、目を離せばコケて泣くわ。
息が詰まりそうになることもあります。
ある朝、そんな重圧に耐えられなくなって、仕事に出掛けなきゃならない夫にすがって泣いてしまうことも。
こんな風に、赤ちゃんと一緒にお母ちゃんも泣きながら、親子になっていくんでしょう(*^^*)

この秋から、というか、この夏に、光永家には新しい風が吹きはじめています。
いやもっと遡れば、Yuiが私のお腹に宿った頃から、ちょっとずつ雲が晴れて光が差し込んで
今までに見られなかった世界が見えてきているような気がします。
相変わらず子供まみれの毎日で、子供まみれのブログになりそうではあるけれど
少しずつ、光永家の明るいニュースをお知らせできるようになるのかも。
そして私個人としても、ちょっと明るい動きをお知らせできるようになりそうな。乞うご期待。

★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。NMphotography.+nicola cafeを夫と経営。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (162)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Latest post

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly archives

Comments

Search

RSS links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。