topimage

2016-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bye-bye, Krispy Kreme Doughnuts バイバイ、クリスピークリーム - 2016.03.28 Mon

20160316_1.jpg

2016年3月21日で、北九州市のリバーウォーク小倉のクリスピークリームが閉店しました。
単なるいちドーナツショップの閉店ですが、我が家にとっては憩いの場所とのお別れです。

少し書くのをためらいますが……以前Hayatoも私も大好きだった某ミ⚪︎タードーナツは
数年前のレシピ変更後、私たちの憩いの場所ではなくなってしまいました。
原材料の価格高騰の影響もあって仕方ないのかもしれませんが
食べたあとに体調を崩してしまう時も出てきたし、Hayatoもドーナツ1個を食べきれず
残してしまうことが増えたので、利用するのをやめました。

クリスピークリームが良い原料を使ってるのかどうかは分かりません。
ドーナツはラードで揚げているというし、必ずしもヘルシーではないと思いますが
価格がそこそこ高めなことと、第一に食べた後にお腹も痛くならないので
安心して家族で利用していました。
そう、Hayatoはチョコレートドーナツが大好き!
私はミ⚪︎タードーナツ時代以来、ハニーグレーズのかかったドーナツが大好き!
コーヒーも専門店や家で淹れるものには敵いませんが、そこそこ美味しい。

20160316-3.jpg

20160316-2.jpg

この日は夫が午後から休みが取れたので、家族4人で出かけることができました。
1年前、まだYuiが生まれたばかりの頃に、はじめて家族4人で出かけたのも、この場所です。
(夫のブログ参照 >> コチラ
そして、夫が勤め人となり家にいる時間がぐっと減ってしまってからは
Hayatoと二人の休日(Yuiが生まれるまでは)の寂しさを埋めてくれる場所でした。

↓2014年5月頃のInstagram投稿

目当ての品、相方の帽子は手に入れた。人混み嫌いの私たち、ドーナツ食べたら帰りまーす。

mitsunaga chieさん(@chie_mitsuna)が投稿した写真 -



Hayatoに「このドーナツ屋さんは、もうなくなってしまうんだよ。バイバイだよ」と説明すると
理解したのかしないのか、分からないけど、「ドーナツ、バイバイ」と手を振りました。
とても切ない(T_T)
店員さんが子供たちに帽子を1つずつくれたり、サービスがとても丁寧だったり
一つ一つを噛みしめるように見て聴いて写真に撮って。

私たち家族の憩いの場所、思い出の場所、月日の流れとともに消えてゆくもの。
そして、これから新しく加わるであろう場所との出会いも、あるのでしょう。

20160304-4.jpg

現実的な問題として。
今後ドーナツをどこで食べればいいのか!!
クリスピークリームのあのフワフワドーナツを家で作ることができるのか。
出来るかもしれません。クックパッドにいくつかレシピが載っていました。
クリスピークリームのチョコレートスプリンクルとオリジナルグレーズドだけは
私が根性で再現してみせようではないですか!
ある意味、楽しみです。

本当はもっと早くに記憶や書きたいことが新鮮なうちに書くつもりだったのですが
お熱のHayatoに(そしてYuiのイタズラ対処w)かかりっきりで月日は流れ
いくつか書きたかったこと、忘れてしまっています。
今日もそろそろ子供たちの忍耐が限界です (^^;;
でも、ちゃんとブログに書くことができてよかった。

私たちが大好きだったクリスピークリーム。本当にありがとう!

20160304-1_20160328113800e58.jpg


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

体調不良兄妹、回復の兆し(*^^*) - 2016.03.21 Mon




よし、今日は小児救急に行こう!
そう決めた途端、Hayatoが回復の兆しを見せた。
2夜お熱で苦しんで、こういう時胃腸をやられて何も食べられなくて
お茶も飲めなくなるので、もう点滴打ってもらうしかないなぁ…と思ってたら。

ご飯一杯、そして温かいココア。笑顔。

ここ数日不調だったYuiも、青鼻たらしながらも元気だ。

よかった(*^^*)
今日はいいお天気!

凹みんぐな夜中の決意 - 2016.03.21 Mon

少し前に書いたブログ
「親のココロ~自由に羽ばたいてほしいから~」
http://hummingchie.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

こんなブログを書いていながら、全然はやとのココロを
自由にさせてやれていないなぁ~と、凹みングな夜です。
1日がんばって大変!それでいて余裕ぶっこいた笑顔でしなやかなお母さんでいるには
どうしたらいいんだろう?
一朝一夕にはいかない、何が根本的な取り組みが必要だ。

「みんな同じだよ~」「がんばってるから仕方ないよ~」というコメントは、お断りです。
そんな風に思考停止したくない。
本当に変わりたいと思えば変われる、それを過去数年かけて
実践したからこそ、今の幸せ家族を手に入れることができた。
幸せ家族の中にいて、ちょっと現状に甘えが出てきてる。
「いつ失ってもおかしくない」という危機感が薄れてる。
逆に言えば安心できてるって事なんだけどね。
私は厄介な性格でして、安心という壁に寄り掛かって生きたくはない。

もう10年くらい前から、竹のようにしなやかな女性を目指してる。
強風にあおられても、受け流して、しなる。
決して折れない。サラサラといつも涼しく笑ってる。

おおー、こう書いていて、あまりに私のキャラと違ってて笑えるんだけどww
でも、憧れているし、そこを目指してる。
1つ、人生における大きな夢が叶った今だから、
ここはひとつ「竹のようにしなやかな女性になる」という夢を
本気で実現しにかかろうではないか!
これは、家族円満に繋がるし、子どもたちが自由に
羽ばたくためにも必要なことだと思えるしね。

うん、今夜眠れる気がしてきた。
英語の勉強してから寝る。おやすみ。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

はじめてフォトブックを作ってます - 2016.03.13 Sun

20111001_1.jpg

Yuiが生まれてから1歳までの写真をフォトブックにしよう!
そう決めていました。
しかも、写真は夫が撮ったものではなく、私がiPhoneで撮ったもの限定で作ろう、と。
私も一眼レフやミラーレス一眼カメラを使って写真を撮りますが
あえてiPhoneで撮ったもの、しかもinstagram投稿した写真限定で!

そして、Yuiだけの写真集ができちゃったりしたらHayatoがヤキモチ妬いちゃう。
それに、Hayatoのフォトブックって作ったことがないから
今まで数年間の分を作ってしまおう!

と、今日から作成をはじめました。
本当は、1時間くらいでちょちょいのちょいっと作れるもんだと思ってました。
もう写真のセレクトは済んでるし、これをちょいちょいっとはめ込めばいいだけやん?

……そんな簡単ではありませんでした 笑。

冒頭の写真は、2011年10月1日に撮ったもの。
写真をどんどんセレクトしたはいいけれど、撮影日順にどうやって並べればいいのか
撮影日を1つ1つ確認するのって超めんどうくさいんですけど!とか
フォトブックのレイアウトだって、1ページずつ作成しなきゃいけないし
結構準備が大変なんです!

ぜーんぶ自分でやろうと思ってたけど、ここは日頃写真アルバム編集などをしている夫に
助けを求めてみました。助けを求めて正解!
セレクトした写真たちをLightroomで読み込んで、ファイル名を撮影日に一括自動変換すれば
日付順に並ぶだけでなく1枚1枚の撮影日がファイル名になってて一目瞭然!!
フォトブックのレイアウトだって、私が自分でやってたら80ページをぜーんぶ手動で
コツコツと何時間かけてやってただろうに、夫の助けにより、だーんと一括レイアウトが完了。

やっと、準備は完了しました。
1時間で2冊のフォトブックが作り終わると思っていましたが
1時間半くらいかかって、夫の助けがあったからこそ、準備だけ完了w
また明日か明後日にでも続きの作業をして、1週間のうちには発注までできるかな?

今日はYuiがとってもすんなり寝付いてくれたので
こんな作業ができて、気持ち充実(*^^*)
Yuiが生まれてから1年間は、本当にPCを開く時間すら持てなくて
すべての作業を左腕にYuiを抱っこしたまま、右手でiPhoneで済ませていたのに。
今では、2〜3日に1回はこうしてPCの前に座って、ブログを書いたり
写真の編集をしたり、そんな時間が持てています。

そして。
夫と二人でお仕事の話をする時間もボチボチと増えてきて。
やっぱり仕事をするって、気分がとても明るくなれます!
年末にあんなに育児うつで落ち込んでいた日々が、嘘のように元気はわたしですww


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

Hayatoが泣いた日 - 2016.03.09 Wed

20160304-5-2.jpg

昨日は夫が仕事休みの日で、Hayatoの学校が終わる15時すぎには、みんなでお迎えに行きました。

夫が勤め人になって2年ほど。
休みが少なく土日は基本的に出勤日。
夜はHayatoが寝るころにやっと帰宅する毎日なので
Hayatoは慢性的に父親飢餓状態です。この頃、少し溜まってきてるみたいで心配していた矢先。
夫の休みの日で、リラックスして気も緩んでいたんでしょう。
夜寝る前の時間、お調子者のYuiがHayatoにイタズラをしていて
Hayatoの中で堪忍袋の緒がプツンと切れた。

お兄ちゃんにつねられて泣き叫ぶYui。
顔を歪めて耐えかねた様子のHayato。

Hayatoに「ごめんね、痛かったよね」と私から謝りはしたけれど、治まらない様子で。
お布団に入るときになって、少しは落ち着いたかなー?と思ったら
シクシクと泣き始めました。
そして、蓋をして押し殺していた感情が噴出したかのように、嗚咽しながら涙を流し続けて
1時間くらい、ずっと泣き続けていました。

私はYuiを寝かしつけていたので、少し離れた場所にいたのですが
Yuiがぐっすり寝入ったのを確認してから、Hayatoのところへ行って抱きしめました。
そして、私もいつの間にか泣いていました。
私の心の中には、Yuiに手がかかるからと何でもHayatoに任せっきりで
Hayatoがお利口さんにしてくれるものだから、調子にのって何でも頼りっきりで
お風呂も一人で入れるようになったからと、放ったらかしで、
ごめんねごめんねごめんね……の気持ちがグルグル。
本当はまだ甘えたいし、一人でできるだろう事だって私にして欲しかっただろうに
ただでさえ意思表示の苦手なHayatoには、訴える手段がありません。
でも、思い返してみれば、いろんな形でHayatoはその心のサインを送って来てた。

突発的に窓を開けて、外に向かって「ワワワワワー!!」などと叫んだり
お気に入りの雑誌をビリビリに破いてみたり
壁をバンバンと叩いてみたり

最近は、学校が終わってからお世話になっている放課後ディサービスで
スタッフの方に変なテンションでちょっかいを掛けたり、飲んでいるお茶を
ダラーっとわざとに服にこぼしてみたり、突然どこかに走り去ってみたり
いわゆる「問題行動」などと呼ばれていることが増えていました。
でも、それは「問題行動」なんじゃなくて、「困ったよー助けてよーサイン」なんですね。

自閉症児さんの場合、とくにそんなことが顕著なのですが
これは一般のお子さんや、大人でもにたようなことがありますよね。
むかーしヤンキーになったりして問題行動を起こしていた同級生たちがいましたが
少なからず、彼らは家庭に何らかの問題を抱えていて、「困ったよー助けてよー」が
上手く言えなくて、どうしていいかわからなくて、問題行動と呼ばれる行為に
走っていたんだと思います。(単なる私の推測ですが)

話がそれましたが。
シクシクと嗚咽まじりに泣き続けているHayatoを、私と夫はサンドウィッチのように
両側から抱きしめて、Hayatoの気持ちを受け止めていました。
そして、同じことを心の中にぐるぐると思っていました。
Hayatoがお兄ちゃんだからって、頼りすぎてた。
いい子だから任せっきりだったけど、まだまだ小さい子供なんだ。
毎日毎日の小さなこと、私たちにとっては小さなことでも、Hayatoにとっては大きなこと。
それを毎日毎日積み重ねて、ちゃんと吐き出させることもせずに
一年間ずっと我慢をさせてしまったことへの反省と後悔。

Hayatoにも「毎日がんばってるのに、ごめんね」
「Hayatoはえらいよ。カッコイイよ。いつもありがとうね」
などと言葉をかけ続けました。
私たちの体温を感じながら、そんな言葉を聞きながら、Hayatoに少しずつ笑顔が出てきました。
気持ちをわかってもらって嬉しい、でも今までの辛かったことを思い出すと……
そんな感じに、少し笑顔になっては、また顔がグシャグシャになって泣いて……を
しばらく繰り返していました。
そうして、1時間ほどしてからスヤスヤと眠りにつきました(なんと私も同時に眠りましたw)。

今朝は、昨夜泣いたせいで腫れぼったい目で登校していきました。
毎朝の登校時は、家族4人そろって車でHayatoの学校へ送っていき「いってらっしゃい」をします。
一緒にいられる時間が少ないから、毎朝の貴重な片道30分ほどのドライブ。
昨日泣いて泣いてスッキリしたかと言うと、そんな簡単なことではありません。
まだ複雑な気持ちを抱えているようで、車の中でも少し荒れる場面もありましたが
これからはもっと丁寧に、小さなこと1つ1つ、受け止めてやりたい。
親であることって、本当に毎日が修行で毎日が学びですねーーー。

Hayato、本当にごめんね。ありがとう。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。NMphotography.+nicola cafeを夫と経営。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (162)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Latest post

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly archives

Comments

Search

RSS links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。