topimage

2016-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオ&カフェOpenします - 2016.04.27 Wed

私たち、"光永典人写真事務所/Atelier choconëko"から"MNphotography"に名称を変更して
この夏より再スタートいたします。
来月早々に移り住む新しいお家の1階に、スタジオ&カフェをOpenすべく
春から工事が始まっています。北九州市若松区、199号線沿い、奥洞海駅前。
設計は、今リノベーション・シーンで活躍中のタムタムデザインさん。
施工は、CRAFT WORKS.さんにお願いしています。
縁あってこんなすごいチームに私たちの店を作ってもらってるなんて
なんか実感が湧かなくて、まだフワフワしています。

✴︎タムタムデザイン
http://tamtamdesign.net
✴︎CRAFT WORKS.
http://www.cwt.co.jp

新しいお友達のみなさま、よかったら私たちを応援していただけると嬉しいです!
ずっと応援してくださってるみなさま、これからも温かく見守っていただけると嬉しいです!
もっとずっと前から見守ってくれてる友人たち、やっと叶うよー(T ^ T)

Our photo studio and cafe will open in this summer.
We will restart our business as NMphotography.


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おっぱいバイバイ、断乳日記 〜その4(完)〜 - 2016.04.14 Thu

★2016年1月7日 断乳5日目★

#断乳5日目 まだ、おっぱいを探してます。眠くなると胸元ゴソゴソ。三日三晩で忘れる…と書いてあったけど、Yuiはまだまだ覚えてます。おっぱいとバイバイした分、ものすごい甘えん坊になって、腕枕じゃないと寝ないので、体バキバキ母ちゃん。でも、腕枕だとニコニコしながら寝てるれるっぽいので良かった。 . もう朝まで水分補給もなしで寝続けるようにはなりました。基本わたしの上で寝るので、わたしはちょくちょく目が覚めるけどね 笑。断乳後は体調が不安定になるという例にならって風邪ひきです。明日から3学期、ファイトー!

mitsunaga chieさん(@chie_mitsunaga)が投稿した写真 -



断乳日記「その3」を書いてから3ヶ月以上経過してしまいました。
断乳日記を最後まで書いていないということすら、忘れかけていました 笑。

なので、細かいことは忘れてしまったけれど
(育児日記を見れば多分書いてあるけれど、敢えて見ないで書く)
おっぱいバイバイしてからは、思ったよりも短期間で夜通しグーーーーッスリ眠る子になって
驚くほど食欲魔人のよく食べる子になりました。
断乳して10日くらいまでは、夜の12時くらいにグスグス泣きながら目を覚ましてたけど
ギュっと抱いて枕に頭を置いてやると、そのままスーっと眠りに戻っていきました。
その後は、もうグズグズ泣いておきることもなく、何かの拍子に軽く覚醒しても
クマさんのぬいぐるみに抱きついたり、私が横にいれば私の上に乗っかってきて
グーグー寝てしまうように。
ただ、この寝ぼけた状態で私の上に乗ってくるときに、私の顔を枕のようにするものだから
しかも勢いよく自分の頭を私の顔に乗っけてくるものだから
私は毎晩夜中に頭突きを食らうような格好で、しばらく辛い日々でしたw
YuiはYuiで、私の頬骨とか顎の骨に自分の顔を無意識に激突させるものだから
ほっぺに青あざが出来てしまったりと、なかなかに生傷が絶えない日々 笑。

そんな頭突きを食らう夜も、1ヶ月くらいで気づいたら無くなっていました。
2ヶ月くらいは、私にベターーーっとくっ付いてないと眠っていられなかったのに
今では少し(と言っても30cmくらい?)離れた場所に大の字に寝てたりします。
そして、一旦寝てしまうと、多少雑に移動させても全く起きません!便利!



そうです、断乳したということは、もうお構いなしにお酒が飲めるようになりました。
でも私はお酒よりも、薬が飲めることの方が何倍も嬉しかった!
時々頭痛になってしまったり、とにかく風邪をひきやすかったり(月に1度は風邪ひきかける)
薬を服用したいことが多いので、そんな時に症状を我慢せずに薬で緩和できるのはありがたい。

↓そしてこれは、断乳から10日くらい経ってるのかな?



おっぱいをやめてからは、本当に食欲が爆発したように、とにかくよく食べる子になりました。
特に朝起きてからが顕著で、目が覚めたとたんに空腹で仕方がないようで、台所に立つ私の足元に
泣いてすがって食べ物を求めてきます。これは、今も同じですね。
1歳児って体は大きくないのに、本当に食欲旺盛な子が多いように感じます。
離乳食を卒業して、いろんな食べ物に出会って食べて、その体験が楽しいんでしょうね。
そうして、2歳くらいから好き嫌いが出てくるんですからねー(- -;;

断乳後は↑のInstagram投稿のように、とにかく米食わせろやー!状態でしたが
最近では、まずバナナを食べるようになりました。その後で、トーストかな。
バナナは離乳食時代、大嫌いだったのですが、1歳1ヶ月くらいの頃に
試しにバナナを一口サイズにカットしてお皿に置いてみたら、次々口に放り込んで
あっという間に完食!!
バナナは栄養価も高いし手軽で年中手に入るので、食べてくれると本当に助かります!!
あーよかった(*^^*)

おっぱいを卒業すると、他の方法でのスキンシップが必要になってくるから
それまで以上に甘えてくることが増える……と何かで読みましたが
Yuiの場合は、逆に一人立ちの第一歩を踏み出したような……
甘えてくるのは甘えてくるし、本当に日中は何もできやしない手の掛かりようではあるけれど
私がお菓子を作りたい時や、夕飯の支度をしないといけない時なんかに
DVDを観たりして待っててくれるようになりました。
それまでは、とにかくおんぶして抱っこして……じゃないとダメで
泣きじゃくって、夕飯が作れないことも多々あったのに、それが無くなりました。
これは、母である私の気持ちの持ちようなんかもしれません。
泣いて寄ってきても「ゴメンね〜今は抱っこできないから〜〜」と言って聞かせると
グズグズ言いながらもオモチャで遊んだり、お兄ちゃんの横にチョコンと座ったりしています。
私が「もう泣いても抱っこはできないぞ〜」と固く決めているのが伝わっているのかも。

さてさて、断乳といえば、おっぱいのケアも必要になります。
断乳後3日までは圧抜き程度に(痛みが引く程度に)絞って、4日目の朝に絞れるだけ絞りきって
それから1週間後、2週間後、1ヶ月後……と、おにぎり絞りで乳汁を出し切る。
この方法で、私は自分でケアしました。
絞って乳汁が白っぽいものから透明に変われば完了、なのだそうですが
最近絞ってみたとき、まだ白っぽかったので、まだしばらくは、思い出した時に絞らなきゃです。

そして、断乳から2ヶ月ほど経つと、悲しいほどにおっぱいがダルーンと垂れ下がってしまいました(T_T)
ブラがないと、ゴツゴツした骨の下に肉がぶら下がってるような情けなさ(T_T)
胸筋を鍛えてバストアップ、頑張っています!成果はいつ出るだろう!

こんな感じで、断乳日記はおしまいです。
もう、おっぱいを吸わせていたときの感覚はすっかり忘れてしまい
Yuiがおっぱいを飲んでいたときの表情も忘れてしまいそう……でもこれを書いて、思い出しました。

20160103_yuichiebreastfeed.jpg

思い出すと、やっぱり涙が出てきます。
母娘にとって初めての親離れ・子離れですからね。
Yuiが嫁に行く時は、やっぱり断乳の日のことを思い出してワンワン泣くんだろうなー。

最後におっぱいを飲んだとき、40分間にもおよぶ長時間授乳の末に、すごく真剣な顔をして
意を決したように自分からおっぱいを離して、その直後に撮った写真がこれです↓

20160103_yuichie.jpg

何度みても、泣けてしまう、思い出の1枚。

(完)


おっぱいバイバイ、断乳日記 〜その1〜
おっぱいバイバイ、断乳日記 〜その2〜
おっぱいバイバイ、断乳日記 〜その3〜
おっぱいバイバイ、断乳日記 〜その4(完)〜


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

半年後のワタシを作るための一歩! - 2016.04.10 Sun




Harvard Business Reciewが月々500円くらいで読み放題*\(^o^)/*

Amazon.co.jp(日本Amazon)とAmazon.com(アメリカAmazon)のアカウントを
結合する・しないの問題で
カスタマーサービスとメールやり取りしたり、ネットで調べたりと色々ありましたが
無事にiPhoneのKindleアプリで定期購読の手続き完了*\(^o^)/*

実は、前々から英語がどんどん錆び付いてきてるのが気になっていて、日常会話すら
出てこない有様にさすがに危機感を覚えて、一刻も早く何とかせにゃー!と思っていました。
もう英語専門の仕事することは無いけれど、せっかく身に付けてきた英語を
腐らせてしまうのは勿体ない。で、過去の経験と最近読んだ記事などから
『会話力を上げるなら多読だよ、読まなきゃだよ』と。
『それも毎日欠かさず筋トレのように積み重ねないと意味ないよ』と。

※20代の頃、とにかく毎日2時間英語で新聞を読もう!と決めて
続けて2ヶ月ほど経った頃、突然口から英語がスラスラ出てくるようになりました。
もともと喋れてはいたけれど、よりスムーズに頭で考えなくても喋れるように。


そこで、毎日英語で新聞や雑誌の記事を読むことを楽しく積み重ねてゆけるように
「1Day1Do」というアプリを使い始めたら、なかなか順調に続いてる!
同じ英語を読むなら好きなトピックの方が楽しく続けられると思い、Harvard Business Reviewを。
これが面白くてどんどん読んでしまう。
これだけ毎日読むなら、定期購読して最新のを読めるようにしよう!と。
良い具合に好循環が生まれております。

ほんの1ヶ月前までの私は、こんな風に考えていました↓
今はYuiに手が掛かって勉強なんかする時間ないよ。
家事をするにも大変なのに、そんなのムリムリ。

その後ふと、こう思ったんです↓
いやいや、毎日InstagramとかFacebookに投稿しとるやん?
その時間を勉強に充てようよ!
日に15分くらいなら勉強できるやろ!
そら、今日から始めるよー思い立ったが吉日!

ホント、何事も自分の意思次第。やるぞ!と思えばやれるもんです。
よく「〇〇したいんだけどねー、今は時間がなくて」と、できない理由を見つける天才の方々がいらっしゃいます。私を含め。
でも、まず「やるぞ!」と決めて、そのやる内容を「毎日続けられる適量」に設定してやります。
そして、とにかく意地でもなんでも1週間続けてみる。
1週間続けると何となく習慣化してきて、続けるのが苦ではなくなる(ランナーズハイみたいな?)
そうして半年から1年後経った頃には効果を実感できます。

失敗する人に多いのは、1回にやる量を詰め込みすぎてしまったり、
条件設定に無理があったりして出来ない日が続き、「ほら、やっぱ無理じゃん」と
「出来ない理由」を裏付ける「負の実績」を作ってしまうパターン。
今回の私の場所だと、例えばKindle版じゃなくて紙版の新聞雑誌などを読む設定にすると、
Yuiに邪魔される可能性が高いのと片手で隙間時間に実行することが難しいので、
簡単に「負の実績」を作って挫折してしまいます。

毎日続けられる無理のない量と無理のない条件で「成功・達成の実績」を作ってやると、
だんだんテンション上がってきて「私すごい!」と自信もついて楽しくなる。
今回、本当は紙版で読みたかったのを、仕方なくKindle版での購読にしたのだけど
それには大きなメリットもあった。
記事を読んでる途中に分からない単語があっても2クリック(タップ)で辞書が引ける!
辞書は英英と英和をダウンロードしておいた(無料です)ので、気分でスイッチ利用。

さあ、半年後のワタシはどんな風になっているやら!楽しみです。


さてさて。
どなたかの何かの助けになるかもしれないので書いておきますと
冒頭に書いたアメリカAmazonと日本Amazonのアカウント結合問題の解決法は、こんな感じ↓
まず、アメリカAmazonでHBR購読のボタンをタップしてみると
「あなたのKindleデバイスが認識できません」のようなエラーメッセージが出ました。
iPhoneにKindleアプリはインストール済みだし、おかしいなー?と思ってネットで調査。
すると、日本AmazonでKindle購入の実績がある場合、同じデバイスでさらに他国Amazonから
Kindle購入するには、日本Amazonと他国Amazonのアカウントを結合する必要があるとのこと。
そこで、日本Amazonのサイトからアカウント結合を試みてみるも、エラー。
カスタマーサービスにメールで結合をお願いしてみたところ、新聞や雑誌などの定期刊行物の購読は
日本Amazonでは取り扱っていないため、アカウントを結合してしまうと、アメリカAmazonからの
定期購読も不可能になってしまう……とのこと。
なので、日本AmazonとアメリカAmazonそれぞれ別アカウントのままで利用をお願いします、と。
アカウントの結合が無理ならどーすりゃいいのよ?と、また調べてみると、
どうやらKindleアプリでは日本AmazonかアメリカAmazonか、どちらか1つの
アカウントしか登録できないらしい。HBRを購読する予定のiPhoneのKindleは、
既に日本Amazonに登録済みだからアメリカAmazonでは使えない……。
そこで、iPhoneのKindleから日本Amazonのアカウントを一旦削除!
すると、アメリカAmazonのサイトですんなりHBRの定期購読が完了。

日本AmazonでのKindle購入は、もうこのiPhoneでは無理だけれど
幸いiPadも持っているので、日本AmazonでのKindle購入は今後iPadを使用することに。
もちろん、パソコンでのKindle購入もできると思うんだけど、パソコンではあまり本を読まないので。

★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

結局は「人」で決まるんだなぁ……という学び - 2016.04.08 Fri

先日Facebookにこんな投稿をした。

- - - - - - - - - - - - - - - -
Yuiの産前産後に、私と夫だけで乗り越えるため、夕飯食材配達のヨシケイを利用してました。
ネットで資料請求したら翌日に営業の女性がいらして
カタログを見ながらシステムについてとても丁寧に説明してくれた後、
「どうですか申し込みませんか?」など一言も言わないまま、爽やかに帰って行きました。
押し付けは一切なく、でもこちらの欲しかった情報はすべて提供してくれた。
サービスや商品内容にも惹かれてたんだけど、何よりあの営業の方が素晴らしい!
とても良い会社だ!と思って、すぐにネットから申し込みました。

産後1ヶ月くらいまで毎週利用して、自分で台所に立てるようになってからは
しばらく利用を止めていました。(産後1ヶ月は、夫やヘルパーさんに調理をお願いしてました)
半年くらいして、またあの営業さんが訪ねてきた。
「体調はどうですか?来週のメニューなかなかお勧めなんですよ」と、
短い挨拶を残して帰って行きました。
産後半年。育児疲れも溜まってきた頃で夕飯メニューを考えるのが
ツラくなってきた頃だったので、またすぐにネットで注文。
それからも、時折手書きのメッセージがポストに入ってたり、直接訪ねて来られたり。
その都度、月に一度くらい注文してました。

先月の終わり頃、それまでと違う営業の女性が来られました。
カタログをチラッと見せて、それから今日が締め切りだという次週カタログの
白黒コピー(見難い!)を見せて「どうですか?」と一言。
そして私がその場で決断するのをジッと伺ってる……。

あーーー、この人ダメだなあーーー。

でも、たまたま今日はあの営業の女性は来なかっただけで、注文したら、
また来てくれるかもしれない。と、ネットですぐに注文しました。
注文は1週間分単位でするようになってて、月曜日の配達の時に
1週間分のお支払いをする。
月曜日、ピンポーン!と、ドアを開けると、あのイマイチな営業の女性。
「ああ、このエリアの担当が変わってしまったんだなぁ。」
そして、なんか次に注文する気持ちが萎えていくのを感じてるんです。

モノやサービスを買うか買わないかって、結局最後は「人」で決まるんだなぁーと。
それがどんなに素晴らしい商品であっても、売る「人」がイマイチだと
なーんか買う気になれない。

という学び。
- - - - - - - - - - - - - - - -

サービス業やその他もろもろ、対人のお仕事をされてる方々などなどから
色んなコメントが付きました。
私もお客さんを相手にするお仕事なので、こういう客側としての体験は
そのまんまサービス提供側としての学びに繋がります。

というか、お仕事ってどんなことであれ、すべては「人」を相手にしていますよね。
機械とか薬品とか、人でないモノと向き合う仕事であったとしても
エンドユーザーは「人」であることがほとんどだし
一緒に仕事をする仲間もいれば、それを売ってくれる営業の人々や関係業者さんなど
「人」との関わりはついて回ります。
だから、ほとんどの人にとって、こういう経験って学びなんですよね。

客側としての体験。
最近また別のケースもありました。

春休みに入る少し前、Hayatoが高熱を出して、数日間なかなか下がらず
小児科を受診した時のこと。
自閉っ子のHayatoは、体を触られることに敏感で、特に病院で器具を使った診察や
お腹などの触診には過剰に反応してしまいます。
その日はリンパ腺が腫れていたので、先生は耳の下を触る必要があったのですが
いきなり顔を触られたHayatoは驚いて、大声を上げて先生の手を振りほどきました。
すると次の瞬間、「ちょっとベッドに寝かせて」と力づくでHayatoの両足をつかみ、
周囲にいた看護士さんたちも腕や足をつかんで、大人3人がかりで
Hayatoを無理やりベッドに寝かせて押さえつけて、さらに「ちょっと腕を押さえて」と
私にも加勢するように命令口調。

この小児科では、こんな事は初めてでした。
去年の夏に嘔吐下痢で点滴を打たなきゃならなかった時には
Hayatoがビックリしないように、丁寧に説明した上で、拘束して無理やりすることなく
Hayatoの様子を見ながらじっくりゆっくり、
褒めたりおだてたりしながら
時間をかけて針を刺してくださいました。
自閉っ子の腕に針を刺す!
触られるだけでもダメなのに、針を刺すなんて一大事です。その必要性もちゃんとは理解できるか
分からないのに、痛みに耐えて針を刺すなんて。
それを、Hayatoに最大限配慮しながら処置してくれた。
その小児科で、有無を言わせず突然の全身拘束。
私の頭の中はパニックで真っ白。大声で叫び涙を流すHayato。
腕を押さえつける加勢をさせられて、胸が潰れそうに辛かったし
Hayatoもショックだったはず。

こんなの人間扱いじゃない。
思春期にさしかさった、繊細な心を持った、ちゃんと意思のある
時間をかけて話せばちゃんとわかる子なのに
いきなり大人数人で全身拘束するなんてーー。
診察を終えた待合室で、Hayatoを抱きしめながら、涙が出てきました。

その小児科は、Hayatoが2歳の頃から通っている、Hayatoの障害についても
まだハッキリしなかった頃からお世話になっている、自閉症だと分かってきた頃や
色んな局面でアドバイスをくださったり、配慮をしてくださったりと、
8年間ずっと厚い信頼を置いてきた医院です。
長年の厚い信頼が、たった一度のことで、崩れました。

私の気持ち的にもうダメで、帰宅後は夫に報告しながら泣けてくるし
それから数日後まだ熱が下がらなかったのですが、別の小児科のドアを開けました。
小児科を変えるなんて、一度も考えたこともなかったのに。

その日、たまたま先生の体調が何かが悪くて、強引な診察をしてしまっただけなのかもしれない。
数年に一度の「たまたま」の不手際が、8年間の信頼を一気に崩した。

夫が「信頼って一瞬で崩れるものなんだね。気を付けないとな」と、呟きました。
そうです、私たちも、お客さんたちの信頼を損ねないように、一瞬も気を抜かないように。
特に、体調が悪いと言動が雑になってしまう私……気を付けねば。です。

他にも、接客や店内での客への配慮に欠けるお店に出会って「もう行かない」と、なったり。
加入している保険の代理店の営業さんがとてもいい加減で……もう別のところに
乗り換えようと決めたいきさつがあったり。

客側としての体験が、学びに繋がるケース、このごろ続いています。
肝に銘じよ、との、神様からのメッセージかもしれないです。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

海の中道海浜公園へ! - 2016.04.04 Mon

20160403_insta.jpg

昨日は、数年前に夫がご婚礼のスナップ撮影をさせていただいた方のお子さんが
1歳になられた記念も兼ねてのファミリー撮影に、海の中道海浜公園へ行きました。
夫の仕事とはいえ、家族総出で出かけるので、私たちはピクニック気分(*^^*)
雨の予報だったお天気も、1歳児コンビのHarutoくん&Yuiの二人ともが晴れ男・晴れ女ということで
見事に吹き飛ばしてくれました。

海の中道海浜公園には、遡れば中学の時に遠足で行った事がありました。
そして大学時代から20代にかけても何度か行った記憶があるのですが
こんなに子連れ天国な場所だなんて、知りませんでした!
広〜い敷地の中には綺麗なお花がたくさん、サイクリングロードもあるし
遊具のある遊び場があちこちに。Hayatoが大好きな大型トランポリンもあるし
お弁当を広げられる広い場所なんて、たーーっぷり。
多少人出が多くても、とても広いのでゴミゴミした感じにはならなそう。
もちろんオムツ替え場所もあるし、フードコートのような場所もシッカリと。
今回は半分お仕事だったのだけど、今度は完全プライベートで丸一日過ごしたい!と思いました。

Hayatoは遊具がたくさんあって楽しそうだったけど
やっぱり完全に自由に回れるワケではなかったので、若干消化不良のような 笑?
Yuiは、広い広い場所を自由に歩き回れるのがとにかく嬉しくて仕方ないようでした!
この場所なら、私も車の往来とかを気にせず自由に遊ばせられるので、安心(*^^*)
地面は土だから、1日100回近くコケる(不注意チャレンジャーなのでw)Yuiも痛くないしね!

さてさて、撮影のほうは。
満開の桜と一緒にご家族で記念撮影をしつつ、ほぼ私たち家族との
合同デートのような感じで、一緒に遊びながら夫がスナップ撮影をしていきました。
冒頭の写真は、単に家族でじゃれ合ってるように見えますが
夫は必死の撮影中でございます。
300mmの長いレンズを使って、向こうの桜並木に立つご家族を撮っています。
とても良い写真が撮れていましたよ!
そして、奥様のご好意で、私たちの家族写真も撮ってもらえることに。。。
夫がアングルや立ち位置などを決めて、シャッター押していただきました。
これがまた、良い写真!
本当に嬉しかったです(*^^*)

今回は半分お仕事、半分家族ぐるみのデートだったのですが
同じ年頃の子ども同士を連れて出掛けるのって、楽しい!
1歳児なので、子ども同士の絡みはまだ少ないですが、2人が並んでる姿は
やっぱりとても可愛かったです。
また、一緒に遊びに出掛けたいなぁ〜(*^^*)
とても楽しい1日でした!


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。NMphotography.+nicola cafeを夫と経営。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (162)
NMphotography. (21)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (36)
子供たちのこと (17)
唄うたい活動 (7)
学び/coursera (8)
レシピ (3)

Latest post

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly archives

Comments

Search

RSS links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。