topimage

2019-02

結婚7周年記念日のキロク・キオク - 2019.02.20 Wed

2019_myfamily01.jpg

2019年2月3日は、結婚7周年記念日でした。
もうずっと昔からブログを書いているので、さかのぼれば結婚した日の記事がUPされているに違いない!と思ってみたんだけど、何もUPされていない。。。前日に私の好きなアーティストのYouTubeがUPされてて、数日後に当時通っていた開業セミナーのことがUPされていて、肝心の結婚した日はなーんにもなし (笑)。
なんか寂しく感じたので、いつか振り返ってほんわかした気持ちになれるように、7周年の日を記事に残すことにしました。

今年の2月3日は日曜日。日曜日といえば写真屋はお仕事のことが多いのですが、なにせ真冬の閑散期....何もありませーんw そんな日は、スタジオは私たち家族のリビングルームと化します。

20190203_02.jpg

お客様との打ち合わせや待合いのスペースに折りたたみ机を投入して、兄妹パズル大会。かと思ったらYuiはちゃっかりYouTube鑑賞しているし....笑。
私と夫は、スタジオに下りるとまずコーヒー豆を挽いて、お湯を沸かして、夫が淹れてくれるコーヒーをいただきます。この日は記念日なので何かケーキを焼こう!ってことで、私はチーズケーキを作りながら。ケーキの丸型がどこに行ったかわからんくなったよーー!とアタフタしながら夫と話していて、なんかの流れでパウンドケーキ型で焼いてみよう!ってことになり、うんうん四角いチーズケーキにキャンドル刺すのも面白いかも、と焼いてみた結果がこんな惨状↓

20190203_01.jpg

ウギャー。
ベイクドチーズケーキなので、真ん中が沈むのは当たり前のこと。そのときに側面のペーパーが引っ張られてしまったために、こんなことに。もう笑うしかないっすw 味は美味しいはずなので、これで何とかしましょー。

7年前のこの日、私は39歳で夫は28歳だった。
夫は35歳になって、なんかやたらと自分の年齢を感じるようになってきたようで「年を取ったなぁ」なんてブツブツ言ってるのをよく聞くようになった。そして時々、私の顔を見ながら「お互いに年取ったよね」と言う。
年を取る、という言い方は好きじゃない。
でも、夫が言う「お互いに年取ったよね」は、とても耳に心地いい。
一緒に重ねてきた年月を愛おしく振り返る、大切な時間に発せられる言葉だから。

結婚5年目くらいまでは、本当に喧嘩が多かった。毎週毎週大爆発を起こしていたような気がする。そして、私はHayatoを助手席に乗せて当てもなく車を走らせて、時には悔し涙を流しながらハンドルを握ったりしてた。ま、私はそんな風にして自分をクールダウンさせて家に戻るので、必ず先に「ごめんなさい」と謝ることになる。ウチは、喧嘩したら絶対に私が折れる。夫が先に折れることは皆無。私はね、喧嘩してる間に流れる険悪なムードが長々と続くのが耐えられない。だから、私が悪いとか思ってなくても、とにかくこれを終わらせるために、謝ってしまうのだ。

そして、手紙をしたためる。

あなたのことがどんなに大事で、一緒にいてくれることがありがたくて、とても愛している……といった内容をひたすら綴ってから、最後にさらりと、喧嘩したときに何がイヤだったのか、夫にどんな風にして欲しかったのかを端的に書く。
こんな風な手紙を一体何通くらい書いたんだろう。夫は毎度この手紙を読み終わると、とても優しい目をして私のところに来て「ごめんね」と言ってくれる。

遡れば、夫が恋人だった頃のこと。付き合い始めの頃。
私と夫は性格や感じ方や価値観なにからなにまで真逆で、夫からしたら私と言う人間は理解の範疇を超えた異人種のような存在だったと思う。同様に私から見た夫も、今までに会ったことのないタイプの人間で、どうしてそういう言動になるのか、さっぱり理解できないことが多かった。だから、夫のことを理解したいと強く思ってた。
ある日、彼がとても落ち込んでいたとき。何とか元気づけたかったのだけど、彼と真逆の価値観をもった私が素直な心から何か言葉をかけたら、きっと間違った意味に伝わって神経を刺激してしまうかもしれないと思って、何も言えないでいた。そしてネットで「励ます 方法」みたいな検索をして、一冊の本に行き着いた。
その本に、喧嘩をしたときに相手に自分の気持ち(要望)を柔らかく伝えるための方法として、先述のような手紙を書く方法が紹介されていたのです。あくまでラブレターを書く気持ちで、というアドバイスが添えられてた。

20190203_03.jpg

あの本に出会わなかったら、この人と結婚することなんで出来なくて、私のことを「一番の理解者」だなんて言ってもらえる事もなかったんだと思う。私は私で彼を理解しようと必死に努力してきたけど、その努力も間違った方向性でやってしまうと悪い結果になりかねないからね。
本に頼る、ということを人生で初めて試みたあの頃。
我の強い私が、相手の言う事をぜんぶ飲み込んで、お腹に落とし混んで、体に取り込んでみるという前代未聞の試みを繰り返していたあの頃。本当に忍耐が必要で、うんうん悩む日々だったけど、私自身もそれで成長できた面もある。

そして結婚してから、幾度となく大げんかをして、そのたびに手紙をしたためて、夫の言うことばもしっかり反芻してみたりして、それを繰り返していくうちに、お互いがお互いの一番の理解者になれた。
6年目以降は私が突然の躁うつ病を発症してしまって大変なことになって....長年の積み重ねが崩れてしまいそうな時もあった。私は別人のようになってしまって、病気なので喧嘩することもできないし、本当に夫にとって辛い日々だったと思う。白髪も一気に増えてしまったし。
今、私の病状はやっと落ち着きつつあり、寛解する日が近いように感じられる。
大げんかを繰り返した5年の年月と、私の躁うつ病で苦しんだ2年間を経て、私たち最強のコンビになれたかな!
なれたと思う。

20190203_04.jpg

結婚記念日は節分の日。巷で流行っている恵方巻きは今年から取りやめて、でも巻き寿司は食べたいなーってことで、手巻き寿司!実は手巻き寿司をするのは初めてでした。どうして今までしなかったんだろう?

真ん中に大きな桶に入ったごはん。納豆に卵にお魚たちが並んで、一体何が始まるのかと子どもたちはワクワク!まず私が、こうして海苔を1枚取って、ごはんを乗せて、好きな具を乗せて巻き巻きして食べるんだよー!と見本を見せます。
Hayatoは大好きな納豆を。Yuiは卵焼き。
初めてなので、具を乗せる位置とか量の調整が上手くいかなくて食べるのが大変だったりこぼしたり。そんなのをワイワイ楽しみながらの食卓は、ほんっとに楽しかった(o^^o) 私の中では、我が家始まって以来いちばん楽しい食卓だった。

20190203_05.jpg

この家族でいられること、このメンバーでひとつの家族。今年の結婚記念日は「夫婦」よりも「家族」を感じる一日でした。
結婚って、家族のはじまり。
だから、結婚記念日は家族記念日なんだね。

さて、悲惨なことになってしまったチーズケーキは、こんな風になりました 笑。苦し紛れ感が半端ない↓

20190203_06.jpg

キャンドルに火を灯したら、Yuiがハッピーバースデーを歌ってくれました。ケーキにキャンセルと来たらお誕生日なんだよね、Yuiの中では。確かに、この日はこの家族が生まれたお誕生日だね。

見た目はアレですが味はとても美味しかったチーズケーキ!あっという間にみんなで一気食いしてしまいました 笑。

さあ、節分の日なのであのイベントを忘れちゃいけない。写真は載せませんが、豆まきもしましたよ。鬼役がかぶる鬼のお面は、なんと7年前から使っている年季モノ。あの頃は小さかったHayatoがふざけてお面をつける姿に「可愛い鬼さんだー♡」とキュンとしたものですが、今は私の背を追い抜いてゴツゴツした男になりましたw 代わりに今は、Yuiがかわいらしい鬼さんになって登場します。

長々と書きました。これが2019年の私たちの結婚記念日でしたとさ。7年目にしてやっとブログ記事に残すことができました。

私は、ちょっと大げさですが自伝を書くような気持ちでブログ記事を書いています。だから、その時々で何を感じてどんな私だったのか、できるだけリアルに詳しく書きたくて、長い記事になってしまいます。そして、ちゃんとバックアップを取っているので、少し余裕ができたら紙にプリントして本のようにして読み返してみるのが楽しみ。
さあ、やっと結婚記念日の記録が残ったぞ*\(^o^)/*
(おわり)


★NMphotography. >>
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
open 11:00 - 18:30
★chie’s Instagram >> https://www.instagram.com/chie_nmphoto/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へにほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (195)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (10)
前向きな躁うつ病日記 (15)
学び/coursera (8)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links