topimage

2019-04

Yuiの英語体験レッスン Vol. 2 - 2019.04.20 Sat

201904_chieyui2s.jpg

つい先日、無料の体験レッスンを受講した 3 trees kids School of English.
(その時のブログ記事 >> コチラ
そこでいただいたアドバイスにもとづいて、家から近い距離にある子ども向け英会話スクールをいくつかピックアップしてみて、サイトや口コミを参考にしながらさらに絞り込み、その中からあるスクールの体験レッスンを受講してみました。幸いYui本人は「英語レッスンに行くよ〜」と言うと「やったー!」と嬉しそうにしてくれたので、いつもより保育園に早めにお迎えに行ってから、スクールへと向かいました。
今回のスクールも、3 trees school と同様に1人の先生がすべてのレッスンを行なっています。

八幡東区にある 3 trees school に通うとなると、家 >> 保育園 >> スクール >> レッスン >> 家 のトータル所要時間が3時間くらい。今回体験してみたスクールは自宅や保育園と同じ若松区にあるので、トータル所要時間は2時間ちょっと。かなりの時間短縮になります。3 trees school はとても良いスクールなのだけど、やはり何年も毎週通い続けることになるので、1時間の短縮って大きいよね......。ということで、もし今回のスクールが良ければ決めよう、くらいの気持ちでした。

ところが。

実際にレッスンが行われているところに参加してみると、開始10分ほどで色々と気になるところが出てきます。最初は「大丈夫、大丈夫」と気持ちを前向きに立て直していたのですが、30分立ったところで「これはダメだ」と結論を出してしまいました。
それでも、このスクールは人気があるようですし、合う方もたくさんいらっしゃると思います。あくまで私の主観による感想ですが、スクールにとって悪いイメージになってしまいますので、学校名は伏せて書くことにします。

先生は英語圏出身のネイティブの方で、日本語も話すことができます。
レッスンはすべて英語で行われます。
すべてのレッスンをお一人で受け持たれています。
そして、日本人の助手の方が1人いらっしゃいました。


私が感じた、このスクールがダメだと思った5つの理由

1. 先生が子どもが好きではない

子ども好きかそうでないかって、何となく分かってしまいますよね?教室で待っている子どもたちに語りかける言葉、表情、またはじめて来たビジターであるYuiに対する言葉、表情、視線。表面上は取り繕っているけれど、なーんか子どもたちの視線に下りてきていない。
後日、偶然にもこの先生のことを知っているという知人から聞いた話によると「子どもが好きじゃないみたいよ」とのこと!私の感じたことは、間違ってはいなかったみたい。
大人向けのレッスンも行なっているみたいなので、そちらではひょっとしたら上手くいっているのかもしれません。でも、私たちが訪れたのは年少さん・年中さん向けのクラス。子どもの視線に下りてきてくれないのは、なかなか厳しいものがありますね。


2. 先生自身が楽しそうじゃない

終始ちょっとイライラしているような表情をしていました。子どもたちと話す時なんかに笑顔も出るのですが、私から見るとなんとなく貼り付けたような笑顔。私や子どもたちが英語のニュアンスが分からないから気が緩んでいたのか、時々言葉の端々にでてくるニュアンスがとてもキツくて、とても気になりました。


3. 英語が早口

レッスンをすべて英語で行なっていても、ポイントポイントでゆっくりはっきりと話したり、ジェスチャーを入れたり絵を示しながらだと子どもたちは理解できるものです。でも、こちらの先生は終始大人が話すスピードでした。そして、子どもたちが理解しているかどうか、一人一人の表情をチェックする様子がありませんでした。自然なスピードに慣れることはもちろん大事だと思います。でも、たまには子どもたちの顔を確認したり、大事なポイントはゆっくり伝わりやすいように顔を見ながら話すことが、特に幼児向けのクラスでは大切なのではないかな?と思うのです。


4. ついて来られない子は置き去り

子どもの視線に下りて来ず、英語も早口で進められるため、実際に取り残されている子が複数いました。何をしているのか分からず視線ももらえないので、席を立って私がいるところにお喋りに来たりしてました。小さい子って、見てもらえるだけで嬉しいんですよね。私がちょっと相手するだけで、それまでの無表情な顔がニッコリしていました。
取り残された子たちは、主に助手の方が補助をしているようでした。簡単な工作をする場面があったのですが、その子たちはよく分かっていないのでみんなが作り終えてもまだ要領を得ていません。それに対して先生は、助手の方に「さっさと終らせといて!」というようなキツいニュアンスで指示を出していました。
私が英語を理解すると知っていたら、取り繕っていたのかな?英語を話せないフリをしてて良かったです。


5. 単調なレッスン内容

こういったレッスンのプロではないので、何がどう.... とは言い難いのですが、大人の私でも30分過ぎだ頃から何度も時計を見てしまうくらい、単調なレッスン内容でした。子どもたちの半数くらい(その日は6人中3人)が見るからに集中力を途切れさせていたので、これは子どものせいではなく、先生の進め方に問題があるのだと思います。
子どもは正直です。よく、レッスンにちゃんと集中しない子を「ちゃんと聞かないとダメでしょ」みたいに責めたりしがちですが、それはその子のせいじゃなくて環境(先生の工夫が足りない)のせいであることが多いと思うんです。
Yuiも、35分経過した頃になって「ママー、これ長いよ。ぜんぜん終らんし!」と私に訴えに来ました。Yuiは普段はふざけて落ち着きがない子ですが、保育園の保育参観で見ている限り年少さんの頃から先生の前ではしっかり席に付いて、しっかりとクラスに参加していました。卒園式や入園式の1時間におよぶ長々とした進行中も、身動きせず座っていられる子です。それが、歌あり工作ありダンスありのレッスン中に退屈のあまり私にボヤキを入れにくるのは、よっぽどだったのでしょう。


他には、細かいことになりますが、事前にレベルチェックがなかったので、Yuiがある程度の英語を聞くことができたり、簡単な質問に答えることができるのを把握してもらえてなかったこと。正確に言うなら、私から自主的にメールでYuiのバックグラウンドを伝えていたにもかかわらず、全く英語がはじめての子として扱われてしまいました。
なので、お名前カードをもらって “My name is ****” と自己紹介をする場面で、Yuiは完全にスルーされました。あの時のYuiの「え?!私も言いたいのに!?」という顔! 簡単な質問をみんなに投げかける場面でも、Yuiはなかなか当ててもらえず、たまりかねて自分から発言していました。

そして、助手の日本人の方。先生がピリピリしているからか、なんとなく萎縮して先生の顔色を伺っている感じがしました。「スタッフが生き生きと笑顔で働いているかどうか」って、そこの経営者がどんな人なのかを表していると思います。

ネイティブの先生が教えるからと言って、必ずしも良いレッスンという訳ではないんですよね。ネイティブの先生で、内容も素晴らしいのなら、それは最高でしょう。そして、非ネイティブではないけれど、英語をある程度流暢にあやつれる日本人の先生が良い内容のレッスンをしてくれるなら、そちらを選ぶ方が良いのではないでしょうか。

それから余談になりますが....お子さんたちの中に、本当は来いワケではないのにイヤイヤ来させられてるんだろうなぁ....という子がいました。まぁ、それはスクールには何の責任もありません。ただ私は、この子は英語を嫌いになってしまうんじゃないかって、とても残念な気持ちになりました。
勉強することって、本来は新しい知識との遭遇を楽しめるワクワクすること。それをイヤイヤさせられてたら、勉強嫌いになってしまいますよね。嫌なことは無理強いしないで、それに触れる機会だけは維持しておいてあげて、いつか興味が向いたタイミングで提供してやればいいと思うんです。

例えばですが、私は子どもたちには食べ物の好き嫌いを許します。嫌いなものは食べなくてOKです!ただし、食べず嫌いはNGなので、少しだけ口に入れてもらいます。それでもダメなら、無理にそれを食べなくても生きていけるし、栄養は別なもので補えるんだから全然OK。そして、給食の時間には先生が見ている手前ちゃんと食べてるのだから、家で甘える分には問題なし!です。
世間のママたちが子どもの嫌いなものも頑張って食べさせようとしている中で、息子のHayatoに好きなものだけ食べさせることに罪悪感もありました。でも超偏食家だったHayatoも、成長期がきた11歳くらいから、急に何でも食べるようになりました。実は私自身も子どもの頃に超偏食家で、肉も野菜もほとんど食べれなかった。それが11歳から急にお腹が空いて食べれるようになった経験があるから、子どもたちだってそんなもんだと信じてた。

話した逸れました(- -;;

そんな感じで、このスクールは候補から削除されました。

Yuiにも 3 trees school とどっちが楽しかったかと尋ねたら、即答で 3 trees school でした。そして、3 trees school の体験レッスン後は、レッスン中に学んだことを何度も何度も繰り返して話したり、歌ったり、はじめて書いたアルファベットのA と a を何度も紙に書いたり、1週間すぎた今でもまだあの時のレッスン内容のことを口にしています。
勉強してるっていう意識がなくて、ただ楽しく遊んで過ぎた45分間の間に、たくさんの知識を吸収したんですね。

せっかく本題に戻したのにまだ少し脱線します。
去年春まで私が友人と一緒に月いち開催していた、英語の絵本とお歌の会。英語教室のレッスンを体験して客観的にプロのお仕事を目の当たりにすると、本当に反省することばかりで参加してくださった方々に申し訳ない気持ちになってしまいます。
私たちは、英語教育に関しては素人だったけど、家で自分たちが子どもにしてあげている英語あそびを、みんなで一緒に楽しくやれたら.... それが英語に興味を持ってくれる入り口になってくれたら.... という思いで、やっていました。自宅であそぶ延長、という感覚(とはいっても、興味を持ってもらえるように努力工夫はしたつもりです)でやっていた会ではありましたが、英語教室としての機能を求める方もいらっしゃったのではないかな?と思います。
素人の私たちが試行錯誤で1年半くらいかな?やってきた英語の絵本とお歌の会が、少しでも何らかの喜び・楽しさ・興味・発見などをお子さんたちに植え付けることが出来ていたら良いなぁと祈るような気持ちです。

これから、また別のスクールの体験レッスンを受けるのかどうか、まだ決めていません。
候補のスクールはあるのですが、正直、もしまた面白くないレッスンだったらYuiが英語に対してネガティブなイメージを持ってしまわないか、不安があります。

私が書いたブログ記事が、お子さんたちの英語を使った広い世界へ踏み出すお役に立てますように!!
英語はお勉強ではありません。小学校中学校の英語なんて、何とかなります。でも、英語が自由に操れるようになったら、すごーく楽しくて時には現実的で厳しい、でもとても自由で豊かな世界で羽ばたくことができます。日本語しか知らないなんてもったいいないですから。


★NMphotography. 光永典人写真スタジオ
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
open 11:00 - 18:30
★chie’s Instagram >> https://www.instagram.com/chie_nmphoto/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へにほんブログ村

昔の写真と痛いブログ - 2019.04.16 Tue

040528-chie-kurosaki2.jpg

私にとってはとても重要なブログなんだけど、なんか過去を振り返る系のブログって痛いかもwとかも思ったりしたので、私いつも振り返ってばかりだし。突っ込まれる前に「痛いブログ」と自分で言っときました 笑。
振り返ってはいますが、気持ちは至って前向きであります。


2004年5月。北九州市八幡西区 JR黒崎駅前。ギター1本かかえて地元・黒崎に帰ってきた。
私の実家もあるので、その意味での地元でもあるんだけど、私が一番精力的にバンド活動をしていた、その拠点ライブハウスが黒崎にあるので、そんな意味での地元でもある。

夕方の帰宅ラッシュ18時すぎ、勇気を振り絞ってギターを鳴らし、歌い始めると、足を止めて聴いてくれる人たちがポツリポツリ。あらかじめ連絡していた友達やネットで知り合って応援してくれている方も来てくれていた。
当時も約3年間うつ病にやられていて、いろいろ上手くいってなくて、低迷していた気持ちを奮い立たせるために、自然と路上で歌うことをはじめていた。

黒崎での路上ライブはこの1回きり。せっかく実家の近くに来ていたのに、母と私は冷戦状態にあったし父は家出中だったので、実家には一切連絡せずに駅前のビジネスホテルに一人泊まった。
この後、アコースティックDUOを組んだり、バンドをしたり、ちょこちょこあったものの、2009年に生活環境が激変したことで一時音楽恐怖症のようになってしまった。このギター、ハミングバードを触ると恐怖でガタガタ震えるようになってしまったので、当時勤務していた大学の学生さんに二束三文で売ってしまった。当時のバンド仲間にはとても悪い事をした。
当時、ギターの代わりに手にしたのがカメラ。リコーのAutohalf(フィルムハーフカメラ)、Canon IXY digital(コンデジ)、Nikon D40 と、カメラのことなど何も知らない私に次々とプレゼントしてくれたのが、後に私の恋人となり現在私の夫である人。写真を撮っていると、何もかも忘れることができた。ファインダーを覗くと、そこにあるのは辛い現実からは離れた別世界。何もかもがキラキラと輝いてみえる別世界だった。

彼がカメラの世界に誘ってくれたことと、当時の職場環境に恵まれたこともあって、私の心は少しずつ元気を取り戻していった。

そして10年の時を経て。何となく音楽への思いにフタをして、他に自分の居場所を見出そうと色々試してみたけれど、どこかで無理をしてた。そんな無理が重なって、2017年夏に躁うつ病を発病。この2年間躁うつ病で半ひきこもり生活をした中で、いろんなモノ・コトを手放して、身軽になった。そして、音楽が浮かび上がってきた。ギターからウクレレに持ち替えて。精神科クリニックでカウンセラーさんや先生に言われたこと「人からどう思われるとかじゃなくて、自分がこう!と思うことをしましょう」主体的に生きよう、ということ。


ふと、パソコンの古いフォルダの中を開いた。ずっと昔にネットでオリジナルの楽曲を発表した時に、何人もの方々からいただいたメッセージが、テキストファイルで保存されていた。その中に、もう数十年にわたり東京や大阪でもツアーをされているバンドのフロントマンからの、曲を作ること歌い続けることの大切さを熱く語ったメッセージが残されてた。正直、そんなメッセージをもらったことを忘れてた。ネットで販売したCDを購入してくれた人たちからのメッセージも、残っていて、一つ一つ読んでいると目頭が熱くなった。
過去のわたしよ、几帳面にHPの書き込みまでもコピペしてテキストファイルに残しておいてくれてありがとう。

10年もブランクがあるおかげで、曲ひとつ作るにも苦労していますw
不器用なので、楽器を演奏して、しかも歌を唄う……という二つを合体させた弾き語りというものを、久しぶりちゃんと人前に出られるような形に仕上げるには、まだ少し時間がかかります。
リハビリがんばる。


★NMphotography. 光永典人写真スタジオ
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
open 11:00 - 18:30
★chie’s Instagram >> https://www.instagram.com/chie_nmphoto/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へにほんブログ村

3 trees school キッズ英会話 体験レッスン - 2019.04.13 Sat

201904130134340db.jpeg

日付け変わったので昨日になりますが、お友達 浩代さんがこの春Openしたキッズ英会話スクール “3 trees kids School of English” の体験レッスンに行ってきました。

春から年中さんになったYui. 赤ちゃんの頃から2歳半くらいまで、YouTubeとディズニー英語のサンプルDVDで毎日欠かさず英語のシャワーを浴び続けて身に付けた天然の英語力。お喋りを覚える年齢になってから日本語ばかりで英語は全く話さなくなっていたのですが、4歳になって突然英語熱が復活!単語やフレーズはいくつも忘れてるけど、子供なのですぐ覚えるし、何よりネイティブ並みの発音は失われていない(Lの発音とか本当すごい)。

この能力をもっと伸ばしてやりたい!という時に、3 trees schoolのオープン。お友達と一緒に、親でない大人の先生から学ぶ(というより遊ぶ)ことが今は大事なことだと思ったので、やるなら今でしょ!とw 夫がすごく乗り気であることも、後押しになりました。

20190413013430f9f.jpeg

Hiroyoさんは子供英語教育の経験が豊富で、イギリスに留学数年間留学していた経験もある。そして何より子どもたちの英語教育への情熱がある。実際にレッスンを見てみて、私はHiroyo先生なら間違いないと感じました。飽きっぽいYui、すぐに「もう疲れた〜」発言をするんだけど、パパッと場面を切り替えて注意を引きつけてくれるので、ダレることがなく。レッスンは英語オンリーで行われていて、先生は一言も日本語を話さなかったけど、Yuiはちゃんと付いて行けてました。アルファベットを書いてみよう〜って、書き取りのプリントにちゃんと “A” と “a” を書いたのにはビックリ!Yuiも「ママー!書けたよ!」と嬉しそう。レッスンは英語オンリーで行われていて、先生は一言も日本語を話さなかったけど、Yuiはちゃんと付いて行けてました。(英語経験がない子でも大丈夫と思います)
いきなり外国人の先生にチャレンジするのはちょっとためらうけど、ネイティブ並みのきちんとした英語でレッスンしてほしい……という方のニーズに合ってると思います(^^)

20190413013433ad9.jpeg

Yuiも楽しんでいた様子だし、さあ入会しちゃいましょう!という気持ちだった私。でもHiroyoさんからは、こんなアドバイスが。
「Yuiちゃんにとって一番いいのは通いやすいスクールで同じ先生に継続的に教わること。お家の近くにもスクールがあるはずなので、ぜひ何ヶ所か体験レッスンに行ってみてほしい」と。
3 trees schoolはウチから車で30分ほど。保育園へのお迎えからレッスン終了して帰宅するまで、トータルで3時間弱。確かにもっと近くに良いスクールがあるなら選択肢に入れるべきなのかも、と思い直しました。

Yuiに習い事をさせるのは、初めてのこと。ここだ!と思うと周りや他の選択肢が見えなくなってしまう私に、本当に有用なアドバイスをもらいました。Hiroyoさん、本当にありがとうございました♡ 一緒にレッスン受けてくれたAcoちゃんもありがとう♡


✴︎3 trees kids School of English
tel:080-4287-0815
http://www.3treesschool.com
北九州市八幡東区春の町1丁目3-18

『堀江貴文講演会 in 北九州』を聴いて - 2019.04.09 Tue

2019_sakura.jpg

『堀江貴文講演会 in 北九州』をついさっき聴いて来た。講演会直後の熱い気持ちのままを書き残しておこうと今、家に帰る時間をすこしだけ遅らせて、駐車場に停めた車の中でこれを書いてる。

講演で堀江さんが語ったことから私なりに受け取ったメッセージは、以下のとおり。

現状に不満を言ってる暇はない
今すぐ、やれる事・やりたい事をやろう
そこから社会は変わる
未来は変えられる
教育はとても大事
既存の枠にとらわれない教育を子どもたちに与えよう


堀江さんは、歯に衣を着せない言い方でザクザクと語った。あまりに言葉がストレートで鋭いので、ツイッターで散々彼の毒舌に慣れているはずの私でさえも「そりゃ言い過ぎでしょ?」と思ってしまう瞬間もあった。細かいことは省略して核心だけを話すので、とても受け取り手を選ぶと思うし、多くの人が誤解したり悪意として受け取ってしまうと思う。
今日の講演会に能動的に参加した1200人の人たちは、どう感じたのかな。
私は、楽しかったし共感するところも多かったし、何よりとても励まされた。そして、この井の中の蛙がとても多い(言い方が悪くてゴメンナサイ)北九州において、堀江さんの言葉に耳を傾けようという人々が1200人もいるんだという事にとても驚いたし、嬉しかった。

私が本当にやりたい事は、お金の利益を生まないし、仕事にも直接は役に立たない。自己満足のためだけだと思われても仕方ない事だ。
堀江さんは、学校や親が子どもたちの可能性や個性の牙を1つずっと折ってしまっている……と言っていた。私にも子どもの頃から描くやりたい事、将来の夢があった。でも、親に大学の学費を出してもらった手前…とか、周囲がどんな進路に進んでるか…とかを考えて、本当の自分の気持ちにフタをしてきた。大人の事情で諦めざるを得ない夢も、あった。

その点、うちの夫は自分の本当にやりたい事、写真で生きていくという道を貫いている。夫に言わせれば、私が彼の背中を押さなければ普通の企業に就職して普通のサラリーマン人生を送っていたはずなのだそう。私は、自分が諦めてきたことを彼を通して実現したかったのかな?ともかく、本当に好きなことで生きて生計を立てている夫のことを、私はとても尊敬しているし、パートナーとして全力で支えていくつもりだ。

それとは別に、私にはやりたい事がある。私が「わたし」たるべき活動である。
大勢の人の前で歌を唄うこと。
そして
大学院で経営学を学びMBAを取得すること。

歌を唄うことは、6歳のときにいとこの結婚披露宴で歌を唄ったことにはじまり、大学生の頃からはじめたバンド活動、その後のアコースティックでのライブ活動に及ぶまで、私が一番自分でいられる活動である。11歳のときに「ピアニストになる」という夢を諦めなくてはいけなくなってから、実は歌手になりたいと思ってた。今は、とにかく自分のつくる曲を歌ってだれかに聴いてもらうことが、とても幸せ。
大学院でのMBA取得は、Yuiを妊娠していた時に生まれた夢というか、目標。これには、単にビジネスやマネジメントを学びたいという意図とは別に、何歳になっても大学へ行ったり勉強したりできるんだよ〜とYuiに教えたいという事や、年代や職業などバラバラな多種多様な人たちと出会って学び合いたいとか、他にも色んな意図がある。

私に夢についてはまた別のところで語る、かも。
さておき、今日の講演を聴いて、人の目とか世間の価値観を気にせず、自分の信じるようにやることにした。今は誰にも分かってもらえないかもだけど、私がやりたい事をやっていくことで、家族にも周囲にも必ずいい事が起きるっていう自信はあるのだ。
うん、恐れずに楽しいことで生きていこう。

「みんな、やりたくない仕事とかしないで、遊んで暮らしていけますよ。絶対にできます」と堀江さんは言ってた。誤解しちゃいけないのが、堀江さんの言う「遊ぶ」というのは、本当に好きなことを真剣にやる、っていうこと。
小学校や中学校では、1つのことに没頭して試験勉強をしないと、ダメな子どもとして叱られてしまう。みんなと同じことして、同じように同じタイミングで授業を受けて試験を受けて平均的な点数を取ること。で、義務教育期間にそうして画一的な過ごし方を強制されることで、子どもたちは好きなことをして遊ぶ、という事を忘れてしまう。社会に出るときになって急に「やりたい事はないのか?」とか言われても、やりたい事をしちゃいけないと教わってきたのだから、今更どうしていいかわからない。

学校教育を変えていくこと。
私も、今の感じだと日本で普通の小学校中学校に行く意味があるとは思えない。でも、積極的に学校に関わっていくことで、変えていく小さな力になること、やろうと思う!
Yuiはあと2年で小学生。幸い1学年1クラスという小規模な学校なので、やりやすい。私は女社会やママ社会がとても苦手なので、考えると本当に吐き気がしてくるほど嫌なんだけど、そんなことは言ってられないので、Yuiが小学校に入学したら手始めにPTA役員になって、先生たちとも仲良くなって、積極的に関わっていこう。

「やらない理由」じゃなくて「やる理由」を並べること。
まず、やろう。やらなかったことを後悔するより、やって後悔しよう。失敗したらそこから学ぶことができるのだから。

堀江さん、本当にありがとう。

- - 私のやること、まとめメモ - -
1. 写真家としての夫を全力サポート
2. 歌うたい活動
3. 大学院に入ってMBA取得
4. Yuiの小学校改革に切り込む
- - -


★NMphotography. 光永典人写真スタジオ
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
open 11:00 - 18:30
★chie’s Instagram >> https://www.instagram.com/chie_nmphoto/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へにほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (216)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (13)
前向きな躁うつ病日記 (16)
学び/coursera (9)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links