topimage

2019-04

『堀江貴文講演会 in 北九州』を聴いて - 2019.04.09 Tue

2019_sakura.jpg

『堀江貴文講演会 in 北九州』をついさっき聴いて来た。講演会直後の熱い気持ちのままを書き残しておこうと今、家に帰る時間をすこしだけ遅らせて、駐車場に停めた車の中でこれを書いてる。

講演で堀江さんが語ったことから私なりに受け取ったメッセージは、以下のとおり。

現状に不満を言ってる暇はない
今すぐ、やれる事・やりたい事をやろう
そこから社会は変わる
未来は変えられる
教育はとても大事
既存の枠にとらわれない教育を子どもたちに与えよう


堀江さんは、歯に衣を着せない言い方でザクザクと語った。あまりに言葉がストレートで鋭いので、ツイッターで散々彼の毒舌に慣れているはずの私でさえも「そりゃ言い過ぎでしょ?」と思ってしまう瞬間もあった。細かいことは省略して核心だけを話すので、とても受け取り手を選ぶと思うし、多くの人が誤解したり悪意として受け取ってしまうと思う。
今日の講演会に能動的に参加した1200人の人たちは、どう感じたのかな。
私は、楽しかったし共感するところも多かったし、何よりとても励まされた。そして、この井の中の蛙がとても多い(言い方が悪くてゴメンナサイ)北九州において、堀江さんの言葉に耳を傾けようという人々が1200人もいるんだという事にとても驚いたし、嬉しかった。

私が本当にやりたい事は、お金の利益を生まないし、仕事にも直接は役に立たない。自己満足のためだけだと思われても仕方ない事だ。
堀江さんは、学校や親が子どもたちの可能性や個性の牙を1つずっと折ってしまっている……と言っていた。私にも子どもの頃から描くやりたい事、将来の夢があった。でも、親に大学の学費を出してもらった手前…とか、周囲がどんな進路に進んでるか…とかを考えて、本当の自分の気持ちにフタをしてきた。大人の事情で諦めざるを得ない夢も、あった。

その点、うちの夫は自分の本当にやりたい事、写真で生きていくという道を貫いている。夫に言わせれば、私が彼の背中を押さなければ普通の企業に就職して普通のサラリーマン人生を送っていたはずなのだそう。私は、自分が諦めてきたことを彼を通して実現したかったのかな?ともかく、本当に好きなことで生きて生計を立てている夫のことを、私はとても尊敬しているし、パートナーとして全力で支えていくつもりだ。

それとは別に、私にはやりたい事がある。私が「わたし」たるべき活動である。
大勢の人の前で歌を唄うこと。
そして
大学院で経営学を学びMBAを取得すること。

歌を唄うことは、6歳のときにいとこの結婚披露宴で歌を唄ったことにはじまり、大学生の頃からはじめたバンド活動、その後のアコースティックでのライブ活動に及ぶまで、私が一番自分でいられる活動である。11歳のときに「ピアニストになる」という夢を諦めなくてはいけなくなってから、実は歌手になりたいと思ってた。今は、とにかく自分のつくる曲を歌ってだれかに聴いてもらうことが、とても幸せ。
大学院でのMBA取得は、Yuiを妊娠していた時に生まれた夢というか、目標。これには、単にビジネスやマネジメントを学びたいという意図とは別に、何歳になっても大学へ行ったり勉強したりできるんだよ〜とYuiに教えたいという事や、年代や職業などバラバラな多種多様な人たちと出会って学び合いたいとか、他にも色んな意図がある。

私に夢についてはまた別のところで語る、かも。
さておき、今日の講演を聴いて、人の目とか世間の価値観を気にせず、自分の信じるようにやることにした。今は誰にも分かってもらえないかもだけど、私がやりたい事をやっていくことで、家族にも周囲にも必ずいい事が起きるっていう自信はあるのだ。
うん、恐れずに楽しいことで生きていこう。

「みんな、やりたくない仕事とかしないで、遊んで暮らしていけますよ。絶対にできます」と堀江さんは言ってた。誤解しちゃいけないのが、堀江さんの言う「遊ぶ」というのは、本当に好きなことを真剣にやる、っていうこと。
小学校や中学校では、1つのことに没頭して試験勉強をしないと、ダメな子どもとして叱られてしまう。みんなと同じことして、同じように同じタイミングで授業を受けて試験を受けて平均的な点数を取ること。で、義務教育期間にそうして画一的な過ごし方を強制されることで、子どもたちは好きなことをして遊ぶ、という事を忘れてしまう。社会に出るときになって急に「やりたい事はないのか?」とか言われても、やりたい事をしちゃいけないと教わってきたのだから、今更どうしていいかわからない。

学校教育を変えていくこと。
私も、今の感じだと日本で普通の小学校中学校に行く意味があるとは思えない。でも、積極的に学校に関わっていくことで、変えていく小さな力になること、やろうと思う!
Yuiはあと2年で小学生。幸い1学年1クラスという小規模な学校なので、やりやすい。私は女社会やママ社会がとても苦手なので、考えると本当に吐き気がしてくるほど嫌なんだけど、そんなことは言ってられないので、Yuiが小学校に入学したら手始めにPTA役員になって、先生たちとも仲良くなって、積極的に関わっていこう。

「やらない理由」じゃなくて「やる理由」を並べること。
まず、やろう。やらなかったことを後悔するより、やって後悔しよう。失敗したらそこから学ぶことができるのだから。

堀江さん、本当にありがとう。

- - 私のやること、まとめメモ - -
1. 写真家としての夫を全力サポート
2. 歌うたい活動
3. 大学院に入ってMBA取得
4. Yuiの小学校改革に切り込む
- - -


★NMphotography. 光永典人写真スタジオ
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
open 11:00 - 18:30
★chie’s Instagram >> https://www.instagram.com/chie_nmphoto/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へにほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (216)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (13)
前向きな躁うつ病日記 (16)
学び/coursera (9)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links