topimage

2019-08

バブル世代とその後世代の狭間で思うこと。 - 2014.11.01 Sat

たまたま私は、バブル世代とその後世代の狭間の世代で。
40代真ん中辺りがその境界線になるんだと思う。
高度成長期の人たちと、バブル世代の人たちは、やれやれ!イケイケ!で、気が合うんだと思う。
私自身も、元々はそういう気質を持ってて、そんな中にいるとすごく心地良かった。

大きな転機を迎えた頃。全く価値観の違う世代と深く関わることになった。
たった10歳かそこらしか変わらないのに、全く違う。
11歳年下の相方と出会い、また時を同じくして、大学に勤めて多くの若者の生態を
間近に見て聞いて…の日々。
正直、はじめは、今時の若いモンは、勢いがない!とか思っちゃったよ。
何をクヨクヨ考えとるか、まず動けよ、みたいに。

でも、違うんよね。別にクヨクヨしてるんでも、勢いが無いのでも、なかった。
勢いと行動力があれば何とかなっていた時代は、とっくに終わってたんだ。
私達がとっくの昔に時代遅れな存在になってしまってた。そんなのをずっと引きずって、
若い世代に押し付けようとしてるから、上手く噛み合わない世の中を作ってしまってたんだ。
中学高校のときにはすでに携帯もネットもメールもあって、膨大な情報が否応なしに入ってくる。
それを上手く処理管理することを、中学高校の頃から強いられる。
会社がどんどん潰れたり、頑張っても上手くいかない事例をあまりに多く見てる。
彼らは、クヨクヨ考えすぎなのでは決してなくて、
「きちんと現実と向き合って、考えて行動している」だけなんです。

それは、人間として至極当然の行い。

きっと、強いカリスマ性を持った人がグイグイ引っ張って行ったり、勢いある人が
どんどん前に出て盛り上げていったり、そういう時代のほうが、逆に、
長い歴史という物差しで見れば、特異な時代だったんじゃないか、と思うようになった。

こないだブログにも書いた。草食系男子なんていう言葉は、さっさと死語になって
それが当たり前の価値観になるのが自然な流れだと思う、と。
ものすご大きなこと書きすぎかもしれんけど
今の日本が停滞してるのは、そういう事なんだろうと思う。

きちんと考えて、現実を見つめて、自分一人だけでなく、周囲のみんなと着実に歩んでいきたい。
そう考えている、20代30代の人たちのやり方を、バブル世代は馬鹿にしちゃいけない。
年長者なんだもん、まずは自分たちが謙虚になって、若者たちの姿勢に学ぼうよ。
とても、学ぶことは多いです。
そうしたら、若者たちも、勢いだけで酒ばっか飲んでるように見える上の世代にも
学ぶべきところが実はあるんだということ、気付いてくれると思う。

バブル世代とその後世代の狭間にいて、いつも、そんなことを考えています。



★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp
★GMT foto@KitaQ >> http://kitaq-gmtfoto.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

いちかわ製パン店の朝 «  | BLOG TOP |  » 妊娠8ヶ月目のつれづれ

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (199)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (12)
前向きな躁うつ病日記 (16)
学び/coursera (8)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links