topimage

2019-09

私にとってのSNSとインターネット - 2015.12.04 Fri




写真は先日の私の誕生日に、自分で焼いたバースディタルト。
さつまいものタルトです。
(お味はまあまあ、後日焼いたタルトレットの方が美味しかった)

さて。
気分が沈みがちなこの頃。20代後半の頃に3年ほど、若年性更年期障害と家庭の事情で
ツライことが重なって、鬱に苦しんだ時期があります。30代に入って一旦克服してから
鬱になることは滅多になかったのですが、産後にホルモンバランスの影響で
鬱っぽくなってしまったり、今も、ちょっとバランスを崩していて、
理由もなく大泣きしてしまったり、知ってる人に顔を合わせるのが苦痛だったり、
声が出にくくて、声を発すると涙が出て来る……
なんて感じで、不安定です。とはいえ、私の鬱はごく軽いもので
通常の生活にはあまり支障がなく、少し休息すれば良くなります。
なので、しばらくは家事を休んだり、気分を紛らわすためにお茶に出掛けたり
ノンビリしてようと思います。

ノンビリしていると、思索に耽ったりモノを書きたくなるのが私の性分。
そういえば、思索に耽るなんて、Yuiを産んでから無かったなぁ。時間に追われて
考え事をするよりまず目の前の仕事を片付けるのに精一杯。夜になればコーヒーの一杯を
飲む気力もなく寝てしまうことも。
そんな24時間戦えますか状態に疲れたんかな?

で、最近よく考えているのは、SNSとインターネットの最近の使われ方について。
私のような主婦で30代40代の女性に最近よく見られる傾向について、気になっています。
ここ3年くらいかな?急速に主婦層にFacebookが普及していったのは。
彼女たちの多くは、パソコンじゃなくてスマホでFacebookをしているようです。
そして、特徴として、毎日の生活のキラキラした部分だけを切り抜いて投稿する。
私はこれを「キラキラ投稿」と呼んでいます。

楽しい投稿を読んで気分を上げたい!
自分の幸せなところだけ見せたい!
リアルでは大変なことが多いから、バーチャル空間くらいは
楽しいこと幸せなことで満たしたい!
こんな思いがあるのかな?多分。
とても前向きで良いことだと思います。

ただ、とても気になるのは。
そんな彼女たちにリアルで会ってみた時、同じように幸せな楽しいことが
口から出てくるのかと思いきや、そうではなくて、愚痴やネガティヴなことが
出て来ることが多いように思えます。そんな極端じゃないのかもしれないけど
いつものキラキラ投稿とのギャップに、驚いてしまうことがあります。

そして、SNSという不特定多数の方々と広く交流できる場所でありながら
なんかグループで固まってしまっていて、グループの中のメンバーの投稿にコメント付け合戦。
褒めちぎり合い、いいね!の押し合い、イベントやブログ記事のシェアし合い。

誤解しないでいただきたいのですが、こういった使い方、楽しんで使っているなら
良いことだし、否定する気はありません。
ただ、私には合わないちょっと苦手……なんです。
なので、そういう場所からは一定の距離を置くようにしています。
これを言うと、実は私も苦手…という方からメッセージが届いたりします。
苦手だけど無理して付き合ってる人が、潜在的に多いような気がする。
せっかくの開かれたSNSの空間でも、主婦の井戸端会議的な場所に捉われて
仲間意識の押し付けやいじめ的なことに悩むのは、すごく勿体無い気がします。

再度書きますけど、とても有意義にそういった使われ方をされてる方も多いです。
それは本当に良いことだと思っています。
私の個人的嗜好・志向・思考で書いてますから、悪しからず。

私は1999年からインターネットを使い始めて、2000年に自分のホームページを開設しました。
目的は
自分と趣味嗜好や価値観を共有できる人々を発掘して交流すること
です。

この目的は、16年経った今でも変わっていません。

大人になって気軽に友達を作れる環境が少なくなり、もともと、価値観や趣味嗜好が
人と違うことが多くて気軽に友達ができなかった私。
インターネットに入ってみて、ホームページで自分を発信してみると
驚くほど簡単に同じ趣味の友達ができた。
みんな、リアルでは少数派で寂しい思いをしていたのかな、そういった似た者同士の
コミュニティみたいなものが、ネット上にはたくさんありました。
その頃は仕事も、在宅で翻訳業……というマイナーな仕事だったのですが
これもニフティの電子会議室という場所にコミュニティがあって、
仕事上での悩み相談から雑談、ネット上でのセミナー的なものやワークショップがあったりと
かなり実践的に役立ちましたし、友達も見つけられました。

趣味の面では、私の大好きなグランジやハードロックなどの洋楽ファンの人々を
たくさん見つけて友達になりました。お互いのホームページを行き来して
お勧めのアーティストやアルバムの情報交換をしたり、ライブのレビューを書いて見せ合ったり、
時には一緒にライブに行くこともありました。
ライブオフ会的なものもあったけど……まあ、それは私は苦手でしたけどね(*^^*)
集団でつるむのが苦手なのですw

バンドのメンバーもネットで見つけました。
主婦をしていて夜の時間は自由が効かず
それでもバンド活動がしたい……なんて、ものすごく少数派。普段生活していて、
同じ境遇で同じ思いの方に出会えるなんて、ほとんどありません。
最近でも、Facebookで偶然知り合った方から誘っていただいて、ライブに出られることに。

私にとってのインターネットって、こんなこんな感じ。
リアルとかバーチャルの区切りはなくて、たまたま同じ趣味嗜好や価値観の方に
出会いやすい場所がバーチャル空間であって、そこからリアルに繋がることを前提としています。

キラキラ投稿の話に戻ります。
キラキラ投稿に囲まれていると、幸せで、日常の嫌なことを忘れられる…という面も
あるかもしれません。でも私の場合、日常の嫌なことは、日常の楽しいこと幸せなことを
創る大切なパーツであると思っているので、嫌なことから目を反らしたくないし、
嫌なことだって隠さず発信していたいです。
人生には良い時も悪い時もある。もっと言えば、人生は8割が嫌なことで構成されていて、
その嫌なことは、残り2割の楽しいことを創り出すための大切な要素なんです。
嫌なことをグチグチと書き連ねるだけの投稿は、見てて嫌な気分になってしまうかもしれない。
でも、たまにはそんな日もある。
Facebookなんかは、かなりリアルに近い場所なので、あまり嫌な雰囲気を出さないように
多少のTPOをわきまえながらも、今みたいな落ちてる日には落ちた投稿を。

16年間もネットを中心に交友関係を作ったりしている私なので、そうでない人から見れば
悪い時はSNSなんかに投稿しないで大人しく篭っていればいい…と思うかもしれません。
私にとってのSNSやインターネットは、もう日常生活の大きな部分を占めていて、
それによって快適な毎日を過ごせているので、もう、こんな感じなのです 笑。

でも、私とは違って、SNSを日常的に使うことで、気分を害されてしまったり、
バランスを崩してしまう方も多いと思います。
(実際、そんな悩みをよく耳や目にします)
そういう方は、上手くSNSと距離を置くか、キッパリ止めてしまう方が良いのかもしれません。

インターネットを使い始めてから、私にとって、Eメールやメッセージは電話の代わり。
ホームページや掲示板、今のSNSは、放課後にみんなでワイワイやる部室みたいなもんです。
それまで、学校や職場などの狭い範囲でしか交友が持てなくて、自分が少数派であることを
突き付けられて息苦しさを感じていたのが、インターネットという世界が開かれたことで
やっと多くの仲間を見つけることが出来て、やっとスー!ハー!と思い切り息が
出来るようになったのです。

インターネットって、昔は私と似たような人が多かったけど、今や誰もが使うようになって
実社会と同じになってしまったから、また最近私みたいなタイプが少数派に
なってきてしまったような感じが無くも無く 笑。
でも、私を自由にしてくれた世界。
今みたく鬱で笑えない日でも、汚いカッコしてイオンのベンチに座ってる日でも、
家族で楽しく過ごしてる日でも、変わらずそのまんまの自分を発信していたい。


★光永典人写真事務所/NM Photography HP >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

子どもの笑顔は本当に天使の祝福なんだと知った日 «  | BLOG TOP |  » 築上町築城に行ってきた

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (202)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (13)
前向きな躁うつ病日記 (16)
学び/coursera (9)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links