topimage

2018-10

『ちーちゃん、はやと、2』の日 - 2016.05.30 Mon

20160530003245ef8.jpeg

今日は久しぶりにHayatoと2人きりでデートしました!
前回はいつだっただろう……ひょっとして、今年はじめてだったり?
今年に入ってから、お店の物件を探しから急速にあれこれ進んで
毎日が目まぐるしく過ぎて、いつの間にかHayatoは6年生になって
日々あんまり向き合うことが出来てなかったね。

写真は夕飯のとき。
託児所に預けられてたのと、あんまり昼寝もできてなかったので
疲れ果てたYuiが、夕方からずーーっと起きて来ないままだったので
本当に久しぶりにHayatoと2人きりでの夕飯。
危なっかしいYuiが椅子から立ったり、テーブルの上の物を片っ端から落としたり
食べ物をボトボト落としたり、そんなのが一切ない静かな食卓で
ゆっくりと向かい合って、今日のデートを振り返りながら食べたね。
お出かけして疲れてたから、ツナオムレツと野菜とご飯だけの簡単メニューだけど
Yuiに邪魔されずにゆっくり食べれて、美味しかったね。

タイトルの『ちーちゃん、はやと、2』というのは、
ちーちゃん(私)とHayatoが2人でデートする、という意味です。
「ゆいちゃんバイバイして、ちーちゃん、はやと、2する!」と言って
何日も前から楽しみにしてくれてました。

自閉っ子はみんな同じだと思うのですが、Hayatoは毎日の予定をきちんと
カレンダーに書いて把握できていないと落ち着きません。
自閉っ子は臨機応変が苦手。予めスケジュールをインプットしておいて
それに沿って行動したり、心の準備をしておくと、心穏やかに過ごすことができます。
Hayatoは……母親の私がかなり臨機応変な人(要するに大雑把な人 笑)なので
その辺りは変に鍛えられてしまって、直前の予定変更にも
かなり柔軟に対応してくれるのですが、やはり予め決まっているスケジュールに
ある程度は基いていないと、不安になって情緒不安定になります。

それで、下記のInstagram投稿のように、ホワイトボードに1ヶ月の予定を
書き込んでおいて、毎日スケジュール確認をしています。

Hayatoのスケジュール確認用ホワイトボード。自閉っ子は1日の予定も細かく書いて確認する子も多いと思うけど、我が家はこれでざっくりと。「きのう」と「あさって」も覚えさせたくてマグネット作ろうと思いつつ1年過ぎた気がする。 「ちーちゃん はやと 2」というのは、ちーちゃん(私)とHayatoが2人でデート、という意味。何日も前からHayatoが「にじゅーきゅうにち、にちようび、ちーちゃんはやと、にぃ!」と言って楽しみにしてくれてるのを見て、まだまだ私は必要とされてるんだなぁ〜と嬉しくなる。可愛いやつめ。 #自閉っ子 #自閉症 #自閉くん #療育

mitsunaga chieさん(@chie_mitsuna)が投稿した写真 -



ある時にHayatoに『ちーちゃんと、2、したい?」と尋ねると「2、する!」と。
そうなると、いつ「2」できるのか決めないと落ち着きません。
「カレンダーする!」と言って、私にホワイトボードに予定を書くように要求してきます。
たまに、自分の希望を自分でカレンダーに書き込んでることもあって
なかなか可愛いのですよ(o^^o)
「それは、無理だねー」などと説明すると、ちゃんと理解して
残念そうに自ら書いた予定を消しています。
私がホワイトボードの前に立ってペンを取ると、Hayatoの視線は釘付けです。
どんな予定が書かれるのか、自分の好きなイベントが盛り込まれるのか、大注目です。



さて、Yuiを託児所に預けて、ドアを閉めて、Hayatoと2人きりになって。
こんなにゆっくりHayatoの顔を見るのは久しぶり!と、Hayatoのことが
愛しくて仕方がない気持ちが込み上げてきました。
でも普段はというと、何をするにも危なっかしくて甘えん坊で
私にぶら下がりっ放しのYuiちゃんがいますので
何でも一人でできるHayatoのことは、ほとんど放置状態……。
それどころか、Yuiの相手で溜めたストレスをHayatoにぶつけてしまう時も
あったりして、子供の頃に母から八つ当たりされていたことを思い出しつつ
母の気持ちも今なら分かるなぁ…と思いつつ、Hayatoは理不尽さと
寂しさを感じてるんだろうなぁ……あの頃の私みたいに、と、
頭では分かるんだけど、当たってしまう。

Hayatoは発達がゆっくりな子だけど、精神年齢は年相応の11歳なので
その辺りは私の気持ちを理解してくれてるところがまた、胸が痛い。
2人きりになった瞬間、私はYuiから解放されて優しい顔になる。
それを見て感じてHayatoの笑顔も弾ける。
こんな少しの時間を繋いで私の愛情を受け取ってくれているHayatoが
愛しくて仕方ありません。

デートはいつものタリーズ珈琲で。
Hayatoはホットココアとブラウニーを希望して、家で飲むのと違う
ホイップの乗ったココアに戸惑いながらも、とても嬉しそう。
私も暖かいドリンクをYuiに邪魔されず楽しめることが幸せ。
それを見ているHayatoも幸せ。
子どもって、幸せそうなリラックスしてる母を見るのが好きですからね。
私が子どもの頃に、本当にそうだったので。

また近々「ちーちゃん、はやと、2」しましょうね(*^^*)


★NMphotography >> http://choconeko.com
★光永典人ブログ >> http://norihitomitsunaga.blogspot.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

6年生になったHayatoのこと «  | BLOG TOP |  » 一眼レフを手に取る元気がでてきた

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (173)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (37)
子供たちのこと (18)
唄うたい活動 (8)
前向きな躁うつ病日記 (14)
学び/coursera (8)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links