topimage

2019-08

ルクルーゼがやってきた! - 2012.11.28 Wed

20121128_recruise600.jpg

2012年11月24日、私ちえは、40歳になりました。
39歳までは、何歳になっても嬉しい♪の一色で、ワクワク・ウキウキしていたのですが
今年は様子が違います。母からの手紙に「ちえもオバさんの仲間入りね」と書いてあったことが
引き金になっているのか、いないのか。まだ自分をオバさんとは思えないんだけど
そういう感覚とは違って、ズシン!と重くのしかかる何かがあります。

ま、そういう重苦しいお話は置いといて。
お誕生日の1週間ほど前、相方から、ルクルーゼのお鍋をプレゼントしてもらっちゃいました♪♪
ココット・ロンドの22センチです。ご飯4合くらいが炊けてしまう、ちょっと大きめサイズ。
最初は、アガットという好きなブランドのピアスがいいな〜と思っていたのですが
相方から「ルクルーゼなんてどう?」と言われて。お鍋がプレゼントなんて、生活じみててイヤかも…と
一瞬思ったんですが……でも、ルクルーゼほどのお鍋だったら、きっと一生使えるよね……
それにあんな可愛いお鍋がキッチンにあったら、毎日お料理するのが楽しくなりそう♪
40歳という大きな節目の年なんだから、一生モノをプレゼントしてもらうのってイイかも?

買ってもらって大正解でした!

私はお菓子づくりが大好きで、まあ得意でもあるので、みんなからお料理上手だと思われる節があります。
でも実は、お料理はあまり得意ではありません。好きではあるけれど、お料理って義務感でしてるとこが大きくて
何がテンション下がるかって言えば、毎日必要に迫られてるから、失敗が許されない!
失敗しても、やっぱ家族はそれを食べるワケで。失敗したのを食べてもらうなんて、凹むし。
毎日毎日、絶対に作らなきゃいけない。お菓子は好きなときに作って、失敗してもだれも困らないし。

ルクルーゼ初日、やっぱり定番の肉じゃがを作りました。
いちお、ルクルーゼ用のレシピがあるみたいですが、気にせず自分のレシピで作りました。
1つ違ったのは、煮込み時間に今まで40分くらいかけていたのを、20分で切り上げ。火加減も極弱火で。
煮えてすぐに、食卓に並べました。
相方が1口食べて…美味しい!って何度も言いながらメッチャテンション上がってるしw
私も1口食べて…何これ?なんでこんなにお肉が柔らかくて、ジャガ芋は中まで味が染み染みで
ホクッと柔らかいのに煮崩れてないし、なんで???

ルクルーゼ2日目。息子の大好物のお赤飯を炊きました。
実はうちの実家には昔っから炊飯ジャーがなくて、ガスコンロとお鍋で炊いていました。
高校生くらいから、ご飯を炊くのは私の係みたいなもんだったので、水加減とか火加減は慣れてます。
が、ルクルーゼ用の炊飯レシピはちょっと水が少なめ?それに従って、炊いてみました。
炊きあがって……ツヤが全然違う!
小豆が…ちゃんと中まで柔らかいのに全然崩れてなくて形しっかり!!
どうやらルクルーゼは、煮炊きが得意のよーです。煮崩れなくて形しっかりなのに、中まで火が通る。

ルクルーゼが来て数日後。相方がウェディング撮影の日だったので、お決まりの朝からカレーライス。
前日の夜に、カレーを煮込んでおきました。煮込み時間が普通の鍋よりもずっと短くて済むことが
分かったので、20分間くらい極弱火で肉野菜を煮込みました。で、カレールーを加えていって、、、
何かおかしい。カレールーがいつもの量より少なくて済むみたいなんですけど??なんで?
そして翌朝、みんなでカレーをいただきまーす。!?!?美味しすぎるんですけど!?!?
野菜のだしがスープに濃厚にでてて、単なる市販のカレールーで作っただけのカレーが別物!

それから数日後には、揚げ物にチャレンジ。ルクルーゼのショップの方が「ごく少な〜い量の油で揚がるし
とてもカラッとして美味しいんですよ」と言ってたんだけど、そんなに期待してなかった。
でも、食べてみて。相方がやっぱり感嘆の声を上げる。あり得ないサクッとカリッと食感。
その日はトンカツだったのですが、なんか豚肉の味もすごく引き立ってる気がする。
相方は揚げ物がちょっぴり苦手。油っこいのが少し気持ち悪くなるんだそうです。でもこの日は全く
気持ち悪くならずに、最後まで美味しく食べれたみたい。

これは、魔法のお鍋なんですかね?
今まで「見た目が可愛いから」という理由でしかルクルーゼを欲しいと思わなかったのですが
こんなに美味しく料理ができるのなら、全部のお鍋をルクルーゼにしたいくらい!
よく、どんなジャンルであれ「プロなら道具を選べ」と聞きます。道具選びも実力のうち、と。
道具をよくすることで最高のパフォーマンスが得られるなら、それはエンドユーザーの満足に直結します。
いやー、本当に。我が家のエンドユーザーである相方や子供のために、お鍋も選ぶべきなんやね。

相方は密かに「ルクルーゼを買ってあげれば、もっともっと美味しい料理が食べれるかも」と期待していたとか。
その目論見は、見事に成功したという訳ですね(笑)。

40歳のお誕生日記念に、自分でもプレゼントを1つ買いました。
Facebookでフィード購読している藤巻百貨店から、銅製の卵焼き器。
ちょうど卵焼き器が壊れてしまって、次に買うなら一生使えるものを…と思っていたので。
1回だけ、卵焼きを焼きました。慣れるまではコツがいるようで、形は不格好になってしまったのですが
もう、あり得ない美味しさでした!
道具を選ぶだけで、こんなにも違うものなのですね。

40歳にもなれば、人生においてもプロフェッショナル度が上がってゆくもの。
でも主観的に見て、全然プロフェッショナルとはほど遠いような自分。。。
30代の特に終盤にかけて、ものすごいパラダイム転換を何度も何度も経験することができました。
このことは、人生のプロフェッショナルとしての基盤をしっかりと固めてくれたと思います。
なので、40代の10年間は、その上に、しっかりとした自分を形作ってゆきたい。
心して、重ねてゆきたいです。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

パン屋さんご家族の七五三 «  | BLOG TOP |  » 笑顔の花、咲かせよう

About chie.

chie

Author:chie
ちえです。唄うこと&お菓子を作ることが大好きです。夫と2人でNMphotography.という写真スタジオやってます。私の詳しいプロフィールはコチラをご覧ください。
Hi, I'm chie. You can see my profile HERE. Thank you!

Category

About chie. (1)
ちえ日記 (199)
NMphotography. (23)
nicola cafe (20)
自閉っ子Hayatoの成長キロク (38)
子供たちのこと (25)
唄うたい活動 (12)
前向きな躁うつ病日記 (16)
学び/coursera (8)
レシピ (4)

Links

このブログをリンクに追加する

Latest post

Monthly archives

Comments

Search

RSS links